ドイツ友

2008年5月12日

甘い香り

Filed under: ●自然の恵み der Segen der Natur — ドイツ友 @ 22:13
この時機、道を歩けば甘~い香りが! その香りの出所は der Fieder というお花です。
              ドイツ人は好んで庭に植えるそうな。 丘、森にも紫や白のFiederがいっぱい咲いています。
    Fieder     Flieder1     Flieder2      
で、この甘い香りは日本でも嗅いだことが ... ひょっとして金木犀?!
そうです、このFiederはモクセイ科で、紫色は ライラック Der Gemeine Flieder なのですね。 
 
        それと良く目にするのが トチノキ der Rosskastanienbaum 赤の木の実は食べられるのでは?とのこと。
                Kastanienbaum     Kastanien1    Kastanien2
 
広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.