ドイツ友

2008年10月6日

ゴボウ

Filed under: ●自然の恵み der Segen der Natur — ドイツ友 @ 17:36
日本ではスーパーで当たり前に売られている食材も海外にいると入手が困難。
売っていても超高値だったりします。海外組の皆さん他の食材で代用されているようですね。そのひとつがゴボウ。
アーティチョーク die Artischoke の茎がゴボウの代わりになるということなので、早速スーパーに。
この時期は売られてないのか、そのスーパーは置いていないのか不明ですが、今回は断念。
しかし先日雑草地に入り込んだ時、私の服に付いたイタズラ坊主は die Klette とのこと。
家で辞書を引いたらそれは ゴボウ(ゴボウの花・実) ではないですか!!! ってことはドイツにもゴボウがあるってこと?!
 
「日本ではこれの根っこを食べるんだよ。でもこっちでは売ってないからアーティチョークで代用するんだって。」と言ったら
「じゃあ試しに採ってみよう!」ということになり、翌日かなり苦労しながら(指を切ってまで...)数本根っこを引っこ抜いて来ました。
見た目は日本のゴボウに似ているけど、食べれそうな部分はほんの僅か! (根っこの中心部は木のよう)
実験ということできんぴらを作ってみました。 ちょっと硬いけどまあ食べれなくはない...?
少し違う種類で、更に季節は夏が良いらしいので、来年また試してみましょう!
 
       die Klette   kinpira
        ↑ 秋になるとゴボウの花はイタズラ坊主と化します
  
----------------------------------------------------
p.s. この die Kretteとは別の種類になるようですが、die Schwarzwurzel というゴボウがスーパーで売ってました。
    皮を剥くと手がベタベタになるので、日本のゴボウとはちと違いますが、食管と味は近いです。
    今は親友が日本から送ってくれた乾燥ごぼうを多用しております!
 
広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.