ドイツ友

2009年6月23日

船舶昇降機

Filed under: ●名所 die Sehenswürdigkeit — ドイツ友 @ 11:05
Blick ins Schiffshebewerk Niederfinow という街にある 船舶昇降機 das Schiffshebewerk を見てきました。 
 船舶昇降機とは、
 異なる標高にある水面間で船舶を移動する装置(ボートリフト、運河エレベータ)のこと。
 日本にはないようですね~
 
 この das Schiffshebewerk Niederfinow は1934年に操業を開始し、
         未だに作動している最古の船舶昇降機。75年間、現役で頑張っております びっくり 

 Oder オーデル川(オドラ川 / オーダー川)と Havel ハーフェル川の 運河 der Kanal にあり、
 高度差 der Höhenunterschied は36m!現在新しい船舶昇降機を建設中です。
 船を乗せて昇降する Trogwanne・水槽状のエレベーター の大きさは…
   

   現・昇降機 新・昇降機
 縦 Länge 82 m 115 m
 幅 Breite 9,50 m 11,45 m
 高さ Durchfahrtshöhe 4,00 m 5,25 m
 深さ Abladetiefe 2,00 m 2,80 m
 貨物/船 Ladung/Schiff 1.000 t まで 2.300 t まで
 コンテナ/船 Container/Schiff 27 TEU 104 TEU

  ※TEU (twenty-foot equivalent units) :コンテナ船の大きさを表す単位
    20フィートコンテナ1個の大きさを単位として、そのコンテナが何個まで詰めるかで表す

↑ エレベータが上昇している状態。下がコンクリートで上に水(運河の1部)がある不思議な光景!
 
       直径 der Durchmesser 5.2cmの鋼鉄ロープ256本、直径3.5mの滑車を利用して昇降、
                   通過所要時間(水門を閉鎖して、上下し、もう一つの水門を開くまで)は約20分です。
        利用する船は多く、何度も上下するのが見れました!
  IMG_8880   IMG_8897   IMG_8911
  この巨大な建物の左下と右上に運河あり!台風と地震の国・日本では無理? ↑
  
  IMG_8951   Blick von Schiffshebewerk 
   ↑ 昇降機に入っていくボート                ↑ 上からの眺め 虹 けっこう高いっ
  
  IMG_8929    IMG_8938       IMG_8948
 ↑ 下の運河から入ってきたボートが昇降機に乗って上昇 ↑ 上の運河へ向けて出航 ↑ 2014年完成予定の新しい昇降機
 
広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.