ドイツ友

2009年10月25日

秋の味覚2009_5

Filed under: ●自然の恵み der Segen der Natur — ドイツ友 @ 14:54
既に最低気温は 氷点下 unter dem Gefrierpunkt 、最高気温も一桁のドイツです。
しかし 草地 die Wiese の上が白くなる der Reif はまだ ”der Herbst ” だとか。
 
IMG_2192  氷点下の寒さ der Frost になったということで、
 「アイスワイン der Eiswein を造ってみるか?!」と最後の 収穫 die Ernte に。
  完熟して甘くなった プルーン die Pflaume をです。
  そう プルーンアイスワイン を製作中です。 ブドウ die Traube じゃないけどね~
  ※アイスワイン ・・・ 天然状態で凍ったブドウから生産されるワイン。水分は凍るが糖やそ
                          の他の固体成分は凍らないため果汁が濃縮され、非常に甘いワインとなる。
 まずは洗って種を取り除きます。完熟だとナイフを使わなくても実が綺麗に割れるので楽ちん。 g-wine-w-b
そして 袋にこのプラムを入れ、砂糖 der Zucker ビタミンC das Vitamin C を追加して密封。
一次発酵させた後、液体だけを取り出し、 他のワインと同様に 亜硫酸 die schweflige Säure (H2SO3 で殺菌した容器に移し、
ホップエキス der Hopfen-Extrakt を加えます。
IMG_2229
  まだ大量に残っているので、プルーン酒も。
  実自体が十分甘いので、お砂糖の量を ”普通、少なめ、無” の3パターンを実験中です。
  既に美味しそうな状態ですが、2ヶ月くらい置いた方が良いでしょう。
            クリスマスに zu Weihnachten プレゼント でも飲もうかなぁ~
 
ウォッカ der Wodka 【ABSOLUT VODKA】と氷砂糖 der Kandiszucker を使用
 
  そしてまだ余ってるので プルーンエキス der Pflaumen-Extrakt を作ってみることに。
     インターネットで検索してもレシピが見つからなかったので、梅肉エキスを参考に。
 
  IMG_2186 IMG_2187  IMG_2189   IMG_2196  IMG_2224
  ① ミキサーで粉々に → ② 熱湯消毒した布巾で絞る → ③ 液体だけを弱火にかける → ④ 根気よく交ぜる(900 → 170cc)
                                                          ビタミン・ミネラル豊富な濃縮エキスが完成 ↑
 
そして再び キノコ der Pilz です。 カラカサタケ der Parasol を会社帰りに見つけたと。siitake-ss
フライや天ぷら (panieren : 衣をつける)にすると美味しいようですよ。 とりあえずまた スープ die Suppe に入れました。
   IMG_2218     IMG_2221     IMG_2225  
  ↑ 若いうちは卵型、成長すると傘はややそりかえる ↑ 1ユーロコインと比較を!大きいっ   ↑ また乾燥キノコに!
 
今日から 冬時間 die Winterzeit になりました。日本との 時差 der Zeitunterschied は7時間から8時間に~ 時間
 
広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.