ドイツ友

2009年11月30日

郷愁

Filed under: ●歴史 die Geschichte — ドイツ友 @ 20:56
ベルリンの壁崩壊 die Maueröffnung からドイツ再統一 deutsche Wiedervereinigung までの11ヶ月間、
                           ドイツでは、特に旧東ドイツではどのようなことが起こったのでしょうか? そして現在は?
私の近しい旧東ドイツ人は混乱に巻き込まれなかったようですが、周りには生活が一変、激動の日々を過ごした人も少なくないそうです。
 
------------------------------------------image4468
 1989年11月9日、ベルリンの壁崩壊
  ↓
 西ドイツの ヘルムート・コール Helmut Kohl 首相は実勢よりも東側に優位なレートでの通貨統合の実施を公約として東ドイツ国内を遊説。
 これが成功して1990年3月18日、東ドイツで行われた最初で最後の 人民議会選挙 die Volkskammerwahl で、
 ドイツキリスト教民主同盟 CDU(Christlich-Demokratische Union Deutschlands)が40.81%議席を取り
 ドイツ社会民主党 SPD(Sozialdemokratische Partei in der DDR) に勝利し、再統一への道が開かれた。
  ↓
 1990年7月1日に 東ドイツマルク die DDR-Mark から ドイツマルク die deutsche Mark への通貨交換が行なわれ、
 東ドイツマルクはその役割を終えた。【通貨統合 die Währungsunion
   ※ 公には東ドイツマルクとドイツマルクは等価とされていたが、、実際にはドイツマルクの方が東ドイツマルクよりも通貨価値が高く、
     闇市では1ドイツマルクに対して10東ドイツマルクという例もあったとか
   ※ユーロ der Euro(ドイツ語の発音は”オイロ”)は 男性名詞 das Maskulinum  
  ↓
 1990年10月3日、東西両ドイツの統一が実現。
 ドイツ民主共和国 Deutsche Demokratische Republik 東ドイツ・DDR ) は国家としては消滅し、
 ドイツ連邦共和国(西ドイツ)に編入される形で
 西ドイツの正式名称 ドイツ連邦共和国 Bundesrepublik Deutschland が統一ドイツの国名となった。
image4468------------------------------------------
 
壁崩壊後、 自由 die Freiheit や西の豊かな物資を手に入れられるようになった反面、
旧東ドイツでは 資本主義 der Kapitalismus に適応できなかった 国営企業 der Volkseigener Betrieb / der VEB
                                                 続々と倒産 →  失業者 der Arbeitsloser が急増!
 ※ 旧東ドイツ地域の 失業率 die Arbeitslosenquote は旧西ドイツ地域の2倍の約12%、
   平均所得 das Durchschnittseinkommen は3割も少なく、東西の格差は依然埋まっていないのが現実
当然ながら仕事を求めて西へ引っ越した人も多く、人口 die Bevölkerung 税収 das Steueraufkommen が激減。
  悲しい 私の住むところは典型的なDDRの街で、旧東ドイツの主要工業都市として栄えていたそうです。(1960年~90年)
     壁崩壊後は企業の倒産が相次ぎ、当時24校あった 学校 die Schule は現在6校、
     27あった 幼稚園 der Kindegärten 託児所 die Kinderkippe は約6か所 などなど施設が減りまくり~
開業医 praktischer Arzt の友達(旧東ドイツ人)から聞いた話ですが、                                                   o
 ”旧西地域に比べて旧東地域は医者の 給与 der Lohn も約15%少ないため、若い医者は西で働きたがる。
  そのため東では 医者不足 der Ärztemangel が深刻で、特に 目医者 der Augenarzt
  整形外科医 der Orthopäde では患者が数カ月も待たされてしまう” とのこと。
そして旧西ドイツでは旧東ドイツ支援のための税金・連帯税 der Solidaritätsbeitrag などの負担が続き、
                                      市民の不満が高まり、今でも旧東ドイツに住む人を蔑視する人もいます。
 
また 「オスタルジー Ostalgie der Osten / Ost… 郷愁 die Nostalgie する(なつかしむ)」という造語も存在します。
再統一後は キリスト教民主同盟 CDU を支持する旧東ドイツ市民が多かったのですが、
最近の選挙では旧東ドイツの流れをくむ 左派党 Die Linke が議席を増やしていますね。
                            ”こんなはずではなかったのに...昔(旧東独時代)は良かったなぁ~ ” ということのようです。
  02_b_dオスタルギーの代表格
 IMG_2928  IMG_2927   Ampelfrau1  Ampelfrau2   IMG_2988
 アンペルマン Ampelmann 旧東ドイツの信号機で使われていた小さな男の子がモチーフのマーク。市民の要望により現在も使用中。
 アンペルフラウ Ampelfrau : 2004年に登場したアンペルマンの女の子バージョン。三つ編みの女の子がモチーフ。
 トラバント Trabant : 東ドイツのVEB Sachsenring Automobilwerke Zwickau社が生産していた小型乗用車。 ”トラビ Trabi” ↓
  IMG_2989  IMG_2987   DSCF4538  trabi
シュタージ die Stasi Ministerium für Staatssicherheit 国家保安庁・ 旧東ドイツの秘密警察)で働いていた人は、
         壁崩壊とともに即効西側に逃げたとか。徹底的に旧東ドイツ国民を監視し、最も嫌われ恐れられた機関だから無理もないですが。
 
広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.