ドイツ友

2010年1月1日

お正月2010

Filed under: ●レシピ das Rezept — ドイツ友 @ 17:32
illust1310_thumb 新年明けましておめでとうございます!
illust1318_thumb
 
 ドイツ語でこの挨拶にあたるものは...
 ( Ich wuensche Ihnen / dir / euch )ein gesundes neues Jahr!
   ※ Ihnen : 2人称単数敬称 / 貴方 、dir : 2人称単数親称 / キミ 、euch : 2人称複数親称 / キミ達
 
 ドイツでは1月1日のみ祝日 【 新年 Neujahr 】。 明日からもう通常の生活に戻りま~す。
                といっても2010年は明日・明後日が土・日にあたるので、
 仕事始め die Arbeit, die man im neuen Jahr das erst Mal tut が4日からという人が多いでしょうね。
 
                    日本人にとってお正月は大事! 我が家も ”お節もどき” で新年を祝いました! 作ったのは...
IMG_3351
   お雑煮。鶏モモ肉、大根、ゴボウ、焼き餅、ほうれん草
                                 (実家では小松菜を使うのですが、売ってないぃ~)の醤油味。
   大量のかつおぶしを出汁に使ってしまうのはもったいないから、粉末出汁を使用。
   お餅はもち米を炊いて、ついて、少し乾燥させて、焼いてみました。
   それから 筑前煮。鶏肉、干椎茸、人参、茹で筍、高野豆腐、インゲンを煮てみました。
   ※ 高野豆腐と干椎茸は日本から送ってもらったもの。生椎茸とレンコンはうちの街では手に入らないぃー
     筍はスライスした水煮しかなかったのが残念!絹さやは量が多く高かったので青みはインゲンで我慢です。
   
  それと 伊達巻 に初挑戦。はんぺんを使うと簡単に作れるらしいけど、はんぺんは買えませぬ。
                             しょうがないから海老のすり身作りから始めました ↓
  ↑ 海老の甘煮&赤ワイン寒天、そして日本酒 【寒中梅】 付き!
 
★伊達巻★ 
   卵 das Ei 4個     海老 die Garnele  100g     砂糖 der Zucker  30g     
   酒 der Sake 大匙1+適量     ●醤油  die Sojasoße  小匙1  
 
 ① 海老は殻を剥いて背ワタを取り、日本酒をふりかけて臭みをとる。
 ② 細かくミンチ状にした海老を粘りが出るまで擂って裏ごしする。
 ③ ②に卵白(1個分)を加えてよく混ぜる。混ざったら残りの卵白(3個分)を、次いで卵黄(4個分)を加えて混ぜ合わせる。
  IMG_3335  →  IMG_3337  →  IMG_3339  
  ↑ 擂り鉢&磨りこぎが今はないのでひたすらまな板の上で格闘!             ↑ 卵白を加えた段階ではんぺんっぽくなる
 
 ④ ③に砂糖、酒、醤油を加えて、クッキングペーパーを敷いた型に流しいれる。
 ⑤ 200℃に余熱したオーブンに入れ、約15分程焼く。
 ⑥ 焼き色がついた面を下にして巻きすだれなどで熱いうちに巻く。  ※ 巻きすだれがないので、クッキングシート&タオルを使用
 ⑦ 巻き終わりが下になるようにして、輪ゴムなどで止める。   ⑧ 充分冷めたら1cm程度の厚さに切って、出来上がり ↓   
  IMG_3341  → IMG_3344   → IMG_3346
    ブラウンシュガーを使ったので茶色の伊達巻になってしまいました。見た目はイマイチだけど、お味はしっかり伊達巻っす ↑
 
広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.