ドイツ友

2010年4月27日

庭園王国

Filed under: ●名所 die Sehenswürdigkeit — ドイツ友 @ 11:34
ヴィッテンベルク Wittenberg の次に向かったのは、同じく ザクセン=アンハルト州 Sachsen-Anhalt image3589
                                           ヴェルリッツ Wörlitz と デッサウ Dessau
ここには2000年に ユネスコ世界文化遺産 das Weltkulturerbe der UNESCO に認定された
ヴェルリッツ公園 Wörlitzer Park があります! ※ デッサウ・ヴェルリッツの庭園王国  『Dessau-Wörlitzer Gartenreich
18世紀後半に選帝侯 レオポルト3世 Leopold III Friedrich Franz of Anhalt-Dessau によって創設されたこの庭園王国は、
                                                  ヨーロッパにおける最初にして最大級の英国式庭園で 面積 die Fläche は約142 km²。
敷地内には das Schloss (主にデッサウの領主の狩猟為用別荘)、様々な様式で造られた公園施設や 庭園 der Garten がいっぱい。
ドイツ古典様式の 建造物 der Bau彫像 die Skulptur / Bildhauerei die Brücke などのモニュメントのデザインは、
                          中欧における代表的な 文化的景観 die Kulturlandschaf  に数えられています。
 IMG_5132 IMG_5173 IMG_5126 IMG_1725
↑ ドイツ初の 新古典主義建築 Revolutionsarchitektur ヴェルリッツ城 Schloss Wörlitz  エルベ川支流沿いに位置し水に恵まれている
 IMG_1708 IMG_1727 IMG_5139 IMG_5156 IMG_5169
 ↑ ガイド(船頭)さん付きの ゴンドラ die Gondel                                 ↑ 園内は自転車禁止なのだぁ~          ↑ 通常に戻った空の便
image4072  そしてデッサウの バウハウス Bauhaus 。これまたユネスコ世界文化遺産(1996年に認定)。
バウハウスとは1919年に ヴァイマール Weimar に誕生した造形芸術学校で、学校として存在し得たのはわずか14年間ですが、
                  今なお世界中のデザインや モダニズム建築 Moderne Architektur に大きな影響を与え続けています。
    ※1919~ ヴァイマール → 1925~ デッサウ → 1932~ ベルリン → 1933 ナチスにより閉校
  IMG_5179  IMG_5180  IMG_5186  IMG_1769
  ↑ 現代ではどーってことないけど、当時は超モダンな建物だったのでしょう   現在は 単科大学 die Hochschule として使われている ↑
 
  IMG_5206 IMG_1775 IMG_5197 IMG_5204
  ↑ 泊った ペンション die Pension  ↑ 庭の池には 鯉 der Karpfen             ホテルなどの朝食はいつもこんな感じ ↑ 
 
広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.