ドイツ友

2010年7月16日

緑茶

Filed under: ●日本文化 die japanische Kultur — ドイツ友 @ 14:24
usa4 【 着物を着ている = Geisha 】 と思い込んでいる人が多い、ということは以前も書きましたが ↓
昨年説明したのにも拘わらず、旦那の友達はまだ ”TVで見た 茶道 die Teezeremonie
                          「ゲイシャ(着物を着た人という意味)がするものね!」と言っていました。
maccha-pudding01 ホテルの朝食バイキングで飲んだ冷たい 抹茶 der Matcha / grüner Pulvertee が気に入った
      旦那の希望で、京都嵐山で粉末宇治抹茶を買ってきました。茶道用にも水で溶いただけでもイケる!という物を。
少々高価(観光地価格?)だったので、チビチビ使っております。こちらのお水は 硬い hart ので、日本で飲むようなまろやかさはないですが。
                   他にも抹茶使用の物は”日本を感じさせてくれる”ので、いろいろ購入してきましたよ~
 IMG_8681 IMG_8666 IMG_8665 IMG_8667
IMG_8692  ※日本茶 japanischer Tee の多くは、蒸すことで加熱処理をして酸化・発酵を止めたのち、
                                                                           揉んで乾燥させる製法をとる 【不発酵茶・蒸製】
  抹茶 : 直射日光を避けて育てた茶の新芽を採り蒸した後、そのまま乾燥して出来た茶葉を臼でひいて粉末にしたもの
  煎茶 : 日光を遮らずに栽培し、新芽を使い繊細に加工したもの
 ineko4c(1) 玉露 : 直射日光を避けて旨味を増し、苦みを抑え育てた高級茶
  番茶 : 製法は煎茶と同じ、夏・秋摘みの比較的大きく硬めの葉を主な原料としたもの
  ほうじ茶 : 番茶や煎茶を強火で炒り、こうばしい香りを出したもの
  玄米茶 : 番茶や煎茶に高圧で炒った米などを混ぜたもの
 
 ← 日本でお土産に頂いた新茶  軟水が欲しいのう~ 悲しい
 
tea-min   日本より遥かにバラエティーの少ないドイツ市場ですが、飲み物 das Getränk 類、特に お茶 der Tee 類は
  日本に負けないくらいの豊富さです。日本では専門店でしか手に入らないようなお茶
                      (ハーブティー der Kräutertee など)がスーパーに売られているのは嬉しいです。
     「日本では何を常に飲んでいるのか?」というのがよく聞かれる質問の一つ。
cafe-royale  「人それぞれで違います。コーヒー der Kaffee ばかり飲む人もいるし、
     紅茶 schwarzer Tee が好きな人もいるし、日本茶を好む人もいます。」、アルコールに関しても
  ビール das Bier がとても人気あるけど、ワイン der Wein 好きな人も多いです。」と答えるのですが
「えっ、コーヒーも飲むの?ビール好きなの?der Sake でしょ?」とかえってくることが少なくありません。
                      どうやら ”日本人は毎日寿司食べて、日本茶と酒しか飲まない” と思っているよう。 ガマン
日本は何につけココよりも遥かに選択肢が多いし、私達は異国文化を素直に受け入れる広い心(?)を持っているのですよ~ 
 ※ドイツ人、特に年配の人は異国の物(料理など)を受け入れようとしない傾向が強い → いつも同じものを飲食している!
 IMG_8669IMG_8670  IMG_8679  IMG_8672
 ↑ 生姜 der Ingwer 茶ストレート 生姜好きにはたまらん!↑    ↑ カカオ der Kakao の皮茶 香ばしく美味!  
          ネスレミロと同じような 麦芽コーヒー der Malzkaffee カロは薄めだと 麦茶 der Gerstentee のような味 ↑
 ↓ 緑茶と白茶(中央・マンゴー&レモン、右・ジャスミン)のティーパック
IMG_8690
 
  ドイツは世界中から 茶葉 das Teeblatt を輸入し、加工して再輸出しています。
  緑茶 Grüner Tee / der Grüntee もその1つ。
 ドイツ国内の緑茶の普及は北部地域に限られていて、
               日本産より中国産が好まれているそうです。 味がマイルドだからだそうで。
   ※2006年の緑茶の輸入は 中国から85.8%、日本からはわずか0.06%
  ”Sencha”や”Bancha”と日本名や、日の丸のようなマークがパッケージに書かれていたりしますが、
  この多くは中国茶ってこと? (日本茶だと思って購入している人が多いだろう!)
  日本茶は主に 茶専門店 der Teeladen
                     高級品 der Luxusartikel として販売されているようです。
IMG_8694  そして日本ではあまり馴染みのない  白茶 Weißer Tee も。
  goku2 ドイツ、あるいはヨーロッパ本来のお茶だと思っていましたが、これも中国茶。 お馴染み 福建省 Fujian から来るよう。
 日本の実家でも20年くらいずっと食後に福建省のプーアル茶を飲んでますよ。
 お陰で 脂肪太り die Fettleibigkeit は防げているよう。
                                                     でか腹にならないよう、ドイツでも中国茶を飲むぞ~ コーヒー
 ← アジアンショップで買ったジャスミンティー
 
 ※中国茶 chinesischer Tee は製法によって大きく6種類に分けられる(六大茶類)
  緑茶 Grüner Tee : 日本茶の緑茶とは対照的に加熱の際に茶葉を蒸さずに釜炒りする方法が主流 【不発酵茶・窯炒製】
  白茶 Weißer Tee : 茶葉の若葉、もしくは芽を選んで摘み、これらをわずかに発酵させたところで乾燥させたもの 【弱酵茶】
  黄茶 Gelber Tee : 茶葉の芽を摘み、緑茶とは異なるゆっくりとした加熱処理によって酵素による酸化発酵を行ってから、
                悶黄と呼ばれる熟成工程を経た六大茶類の中でも最も貴重品 【後発酵茶】
  青茶 / 烏龍茶 Oolong Tee : ある程度発酵を進ませてから加熱処理を行ったもの
                 よく揉みこまれているため、茶葉のひとつひとつが球状、もしくは曲がりくねった棒状になっている【半発酵茶】
  黒茶 / 普洱(プーアル)茶 Pu-Erh Tee : 緑茶と同じように加熱処理を行ってから、コウジカビによる後発酵を行わせたもの
                他の茶とは異なり、新鮮なものではなく長期にわたって発酵させたものが珍重される 【後発酵茶】
  紅茶 Schwarzer Tee / Roter Tee : 茶葉を乾燥させ、徹底的に揉みこむことによって酸化発酵を最後まで行わせた茶 【発酵茶】
  IMG_8693 IMG_8671 IMG_8674 IMG_8677 
   ↑ 日本から持ってきた中国茶            ↑ 粉末 リンゴ der Apfel茶(トルコ)、甘過ぎる!   ↑ KaDeWeオリジナルのアールグレー
    今は冷プーアル茶を飲んでいる!                          ↑ 乾燥リンゴ茶(トルコ)&リンゴ茶ブレンド(ドイツ)
 
広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.