ドイツ友

2010年8月31日

皮 / 革

Filed under: ●自然の恵み der Segen der Natur — ドイツ友 @ 18:50
image4547晩夏はスモモ / プラム die Pflaume の季節です。
昨年は 品種 die Sorte について書きましたね ↓
 
今年の収穫はこの3種類。 いつものように ワイン der Wein リキュール der Likör 用!
   IMG_9038 IMG_9041 IMG_9042 IMG_9308
 
初めて青いプラムをドイツのスーパーで見つけました。Japanische Aprikose / Japanische Pflaume みたい!
梅酒のようになるのでは?!と期待満々でリキュールにしてみましたが...数日後このプラムは美味しくなさそうな状態に。残念困った
 IMG_9060 IMG_9063 IMG_9305   IMG_9062 
   ↑ 美味しそうに見えたのに、ウォッカを入れた数日後はちょっと劣化した感じに ↑    キウイ die Kiwi もリキュールにしてみた ↑
 
nezumi_is30
↓ 日本で普通に食べている ゴボウ は ドイツではこの写真の植物 die Klette(キク科ゴボウ属) の仲間の根っこです。
 プラム並木道 die Pflaumeallee 脇に立派に生えていたので写真を撮っておきました。
 一度この植物の根っこを引き抜き(旦那は手を怪我しましたぁ~)、キンピラゴボウにしてみました。
 食感は日本のゴボウに近いですが、食べれる部分はほんのちょっと。労力の割が合わん!
 今は スーパーで売られている die Schwarzwurzel (キク科フタナミソウ属)をゴボウとして使っています。
 ゴム樹液のような ベトベトとした klebrig 白い液が出てくるので、die Rinde を剥くときは注意が必要っす。
 
 日本語での”カワ(皮 / 革)”は、ドイツ語では下記のようになります ↓
    皮膚 die Haut、獣皮 das Fell、毛皮 der Pelz、なめし革 das Leder、木の皮 die Rinde / Borke、
        果物・野菜などの皮 die Schale(リンゴなどの厚い皮) / Pelle(じゃがいも・トマトなどの薄い皮)、パンの皮(耳) die Kuste
  IMG_9031  IMG_9036  IMG_9037
   ↑ これを無理やり引っこ抜いて、僅かにある根っこを食することは可能のようだけど(害はない:経験談!)...
 
 

2010年8月29日

血液型

Filed under: ●健康 die Gesundheit — ドイツ友 @ 20:20
先月お知らせしたライム病 die Lyme-Borreliose。 ライム病
 ”早期発見・早期治療で良かったね~”と思いきや、かなり侮れない病気でした。
 「1年仕事を休んだ」、「3ヶ月間寝たきりだった」、「末梢性顔面神経麻痺になった」
                                      など良からぬ話もチラホラ~
  ”感染初期であれば、抗菌薬の内服によって治療が行われ、
    2週間程度で紅斑はすぐに消失しますが頭痛や筋肉痛の回復には時間を要します”
  ”体調の悪さと疲労感は数週間続く” などの記述をインターネットで見つけたのですが、まさにこれ!
 紅斑は消えましたが、頭痛と倦怠感がしばらく続きました。というかまだ時々不快な頭痛があります。
 ↑ 「なんだ、この虫刺されは?」と思って、薬を塗って絆創膏を貼っていた跡がずっと残っていた(笑)
 
IMG_9190 時を同じくしてうちの旦那さんも 「冬頃から膝などの関節痛が時々あり、
 最近は脇の下などの リンパ節 der Lymphknoten が痛くてよく眠れない、
      これはライム病の 【播種期(stage II )】ではなかろうか?」 と言い出しました。
   血液検査 die Blutuntersuchung / Blutprobe の結果を待ちつつ、
                とりあえず彼も 抗生物質 das Antibiotikum を飲むことに。
 8月初旬に行った私の血液検査の結果は 陰性反応 negative Reaktion
 初期には抗体価が陰性のことが多いそうなので、発症から6週以降に再度検査することに。
illust2799_thumb 今は同じ抗生物質を更に10日間(今度は一日一錠)服用しています。
 ”患者からの2次感染はない”のですが、なぜか我が家は夫婦揃って~ 
 そんだけ仲が良いって?  でも2人ともまだライム病なのかどうかは不明です。
 
 ↑ 上:旦那の抗生物質 アモキシシリン(amoxicillin)、下:私の抗生物質 ドキシサイクリン(doxycycline
 
illust2822_thumb ↓ この紙は次回の血液検査用のもの。いろんな項目があるのにお医者さんは [ 女性の weiblich ] のみチェック。     
 (旦那の紙にはいろんな項目をチェックしてのにー ← リューマチ、癌など彼にはいろんな病気の疑いがあるからですが)
 たしかにライム病か否かがわかればOKだけど、せっかく血を採るんだから
                                 献血 die Blutspende で得られるくらいの情報は欲しい!   
 そこで次に旦那が受診した時に [Blutbild,klein(血液像?)]「Glucose i.S.(血糖値)」[Triglyceride(中世脂肪)]
          [HDL-Cholesterin(善玉コレステロール)][LDL-Cholesterin(悪玉コレステロール)]の項目にチェックを入れてきてもらいました。
                                  これで少しは今の健康状態がわかるでしょう! 
 IMG_9163 IMG_9164 IMG_9193 
 
血液型 die Blutgruppe の分類である ABO式血液型 AB0-System
                      ドイツでは【O(オー)型ではなく【0(ゼロ / ヌル)型 と言います。
うちの旦那と義母は RhマイナスO型 0-negativ です
びっくり えー、そんな珍しい血液型?!」と驚く私に 彼らは平然と「そんなに珍しくもないよ。」と言います。
RhマイナスO型の人は日本には0.13%(約750人に1人)しかいませんが、ドイツには6%(約17人に1人)いるとか。
そしてRhマイナスO型の人は全ての人に献血が出来るんですよね~
                          (逆に旦那や義母は同じ血液型の人からしか輸血をうけられない!)
 ※日本人のわずか0.5%(200人に1人)がRhであるのに対し、白人では約15%がRh 
 ※バスク人(イベリア半島のバスク地方に分布する系統不明の民族)の約85%はRhだと言われている
 
  爆笑 なかなか面白データだと思ったので表にまとめてみました ↓
  blut
 
日本では広く知られている【血液型性格分類】ですが、欧米諸国ではそのような血液型性格分類は支持されていません。
               Wikipedia上でも 【Japanische Blutgruppendeutung】と”日本の”というように書かれていますね。
ここでは 四体液説 die Humoralpathologie / Viersäftelehre の方が主流かも。
 ※四体液説 : 古代ギリシアのヒポクラテスが人間の身体の構成要素として四種類の体液を挙げ、
           この液体のバランスによって健康状態などが決まり(病気は4種類の体液の混合に変調が生じた時に起こる)、
           体液は人間の気質にも影響を与えるという説。
          人間は血液、粘液、黄胆汁、黒胆汁からできていると述べており、これが主流の分類である。
    ●血液が多い人 Sanguiniker ・・・楽天的 leichtblütig, heiter, lebhaft
    ●粘液が多い人 Phlegmatiker ・・・鈍重 langsam, schwerfällig, ruhig
    ●黒胆汁が多い人 Melancholiker ・・・憂鬱 jähzornig, unausgeglichen, schwermut
    ●黄胆汁が多い人 Choleriker ・・・気むずかしい willensstark, fruchtlos
 

2010年8月26日

ミス○○

Filed under: ●ドイツ文化 die deutsche Kultur — ドイツ友 @ 17:20
IMG_9227  ドイツはもう 秋の気配 音楽これ~があ~なたの好き~な場所~音楽
 ← 収穫の終わった das Feld / der Acker では既に冬支度が始まっているよう。
  今は タバコ der Tabak の葉っぱの収穫時期です。 
  旧東ドイツ時代、すぐ近くの村ではタバコ栽培が大々的に行わおり、
               今でもその名残で 煙草博物館 Tabakmuseum なるものもあります。
  先日そこで開催された 『 煙草の花祭り Tabakblätenfest 』、
  恒例の”ミスたばこ(タバコ娘?) Tabakkönigin”  コンテストもあったようです。
  ドイツの”ミス△▽ (△▽königin)”
  ちょっと おデブちゃん(太っちょ der Dickwanst が多いような気が...恥ずかしい
                                                        今年は右下写真のお二人がタバコ娘のよう。田舎の小さな村だからこんなもん?
tabakhandel          IMG_9124 IMG_9126             IMG_9090 tabak
                                                 こちらWikipediaドイツ語版に載っていたデータ ↑
      日本って相当タバコを輸入してますね~  そんだけ 喫煙者 der Raucher が多いってこと? そもそも人口も多いですが...
 
hu_011 illust1983_thumbちょっと面白いと思ったものをいくつか。 一番左の写真は洋服売り場でのもの。
Mädchen 女の子のこと。女児用の洋服は身長134~170cmが対象ってこと?と思ったのですが。
 ※女の子のことだが、女性名詞ではなく中性名詞 das Mädchen
                   134という中途半端な数字がよくわかりませんが、170cmの女の子もいっぱいいますから。
真ん中の二枚は 薬局 die Apotheke ショーウィンドー das Schaufenster に飾られていたフィギュア。
出産後のドイツ人女性の大半はこんな体型です。2人目を今年の2月に産んだお隣の奥さんの太ももは私のウエストくらいだ、
と偶然ベランダで見てしまった旦那が大うけで言ってました。
                           (ワンコがベランダに居て声をかけたら、パンツ一枚の奥さんが出てきたと:笑)
一番右は 銀行 die Bank から来た” 詐欺 der Betrug ”のお知らせ。
無作為の銀行口座に1セントを振り込み、それを返却してきた人の口座番号を利用して悪いことをしている人がいるそうですわ。
IMG_4693 IMG_7949 IMG_7950 IMG_9162 
国会議事堂 der Reichstag でもらった ドイツ連邦議会 Deutscher Bundestag の 冊子。                       cook1
メルケル首相 を始めとして、全議員さんの写真が載っています。その中で鼻ピー、口ピーの議員さん(緑の党 Die Grünen)発見!
そしてテレビに出ていた鶏冠(とさか)ヘアーの男性も議員さん(左翼党 Die Linke)!日本じゃちょっと考えられん?!
  IMG_9086 IMG_9089 IMG_9087  IMG_9146
illust3316_thumb 
おばあちゃん Oma が最近購入した 芝刈り機 der Rasenmäher
速度切り替え表示が ウサギ der Hase カメ die Schildkröte になっているのがナイス!
でもドイツではイソップ寓話 『ウサギとカメ』 ではなく グリム童話 『ウサギと ハリネズミ der Igel なのですが。
  IMG_9104 IMG_9108    IMG_9075 IMG_9219
      海外の エレベーター der Aufzug / Lift に【閉】ボタンがないのは一般的。
      しかしうちの街の病院のエレベーター(来客用)には【閉】ボタンがありました ↑
      ちょっと離れた街のショッピングセンターのエレベーターを呼ぶボタン。【上】に行きたいか【下】に行きたいか選べませ~ん! ↑
 

2010年8月21日

ハチミツ_2

Filed under: ●レシピ das Rezept, ●自然の恵み der Segen der Natur — ドイツ友 @ 13:14
image24”彼女のおじいちゃんが作った”という 蜂蜜 der Honig を知人からバケツ3杯分いただきました。バケツって...
菩提樹 die Linde向日葵 die Sonnenblume そして
                       果実の花 die Obstblüte (リンゴ、桃、サクランボなどの花) という3種類の蜂蜜。
昨年 ハチミツワイン(メート) der Met 用に大量に買った瓶があったので、そこに移してラベルを貼ってみました ↓
    IMG_9018    IMG_9049    IMG_9073
 
蜂蜜には ブドウ糖(グルコース) die Glukose / Dextrose果糖(フルクトース) die Dextrose のほか
良質な ビタミン das Vitamin (ビタミンB1、B2、B6、C、K、葉酸 die Folsäure、ニコチン酸、パントテン酸、ビオチンなど)、
27種類の ミネラル der Mineralstoff 、22種類の アミノ酸 die Aminosäure 、80種類の 酵素 das Enzym
ナトリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、亜鉛、鉄、銅、マンガンなど150を超える栄養素が豊富に含まれており、
 ●高血圧の予防 (カリウムが体内の余分な塩分を排出してくれる働きがある)
 ●便秘や下痢の改善 (整腸作用がある)
 ●強肝作用 (肝臓の機能向上をはかる栄養成分を豊富にふくんでいる) など様々な効用があります。
 そして お肌の保湿 にも良いって。
          蜂蜜を直接、あるいは少量のお湯で溶いて肌に塗る(数分後洗い流す)だけで、しっとりお肌になるとか。
← 風邪ひいた時のために、にんにくの蜂蜜漬けも作ってみた
                    お料理にもお菓子作りにも持って来い! お風呂場にも一便置いておかねば~image1465
 
★ハチミツチーズケーキ 
  バター die Butter 70g     蜂蜜 der Honig 100g     クリームチーズ der Frischkäse 50g
  卵 das Ei 2個     牛乳 die Milch 大匙1     薄力粉 das Weizenmehl Typ 405 100g
  ●ベーキングパウダー das Backpulver 5g     コーンスターチ die Maisstärke 40g
    IMG_9155       →       IMG_9156     →   
   ① 室温に戻したバター、蜂蜜、クリームチーズを混ぜ   ② 薄力粉、ベイキングパウダー、コーンスターチを
    合わせたら、卵と牛乳を加えてさらに混ぜる          濾して、少しずつ①に加えて混ぜ合わせる
   IMG_9157 IMG_9158     IMG_9159  
  ③ 型に流し、170度のオーブンで約45分焼く                     適当な大きさに切って
   ※お好みでフルーツなどを飾る(今回は桃缶とスグリの砂糖漬けを使用)       いただきま~す!ペロリ
image23
★ハチミツプリン  pudding02
  牛乳 die Milch 200ml     蜂蜜 der Honig 大匙1     卵 das Ei 2個
  砂糖 der Zucker 大匙1.5     水 das Wasser 大匙1
   ※黒砂糖だとまた別の風味になる(今回は 蔗糖 Rohrzucker を使用)
   IMG_9182   →    IMG_9186 →    IMG_9188
   ① 牛乳、蜂蜜、卵をよく混ぜる       ② 濾して器に入れてラップをかける   ③ 蒸し器に入れ、中火で5分、
                             ※ラップをピンと張ると、すが入らない!   弱火で3分、火をとめて10分蒸らす
     →    IMG_9189         IMG_9191
        ④ 電子レンジで砂糖を水で溶かし(約1分)    冷蔵庫で冷やして いただきま~す!ペロリ
          プリンの上にかける
 
made in Japan の物は 品質 die Qualität が良い!これは世界の常識でしょう。
超すごーい、と日々実感しているのは日本の ラップ die Cellophanfolie 類。
特にサランラップは品質良過ぎ! ここまで良くなくてもいいのでは?100均のラップでも十分満足できます、今は。
                            (日本に居た時は「サランラップじゃなきゃラップじゃない!」と思っていましたが~)
image4233ドイツのラップは4種類試してみましたが、どれもガマン なんじゃこりゃ!」とつっこみたくなるものばかり。
まず外箱がもろい。脇のストッパーはすぐに壊れるし、切れ味悪過ぎ。そしてすぐにグチャグチャになる。
短気な ungeduldig 人は イライラ nervös くること間違いなし!
”よくこんな物を使ってるな~” と思っていましたが、ドイツ人って基本的にラップを使わないようですね。
お皿を蓋代わりにするか、(使いまわし?)の袋に入れるかのようです。
                              無駄使いしない(人が多い)ドイツには不向きの品っぽい。
  消費者ニーズに合わせ、常に改良された素晴しい品物に囲まれて育った私には異国生活でも日本製品は欠かせませぬ。
    IMG_9183   IMG_9184  IMG_9185
   ↑ いざという時(?)は高品質のサランラップを使用!     ↑ 使いにくいが普段はドイツのラップを使用 ↑
 
Older Posts »

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.