ドイツ友

2010年8月15日

終戦の日

Filed under: ●歴史 die Geschichte — ドイツ友 @ 08:19
本日8月15日は 第二次世界大戦 der Zweiter Weltkrieg (大東亜戦争 / 太平洋戦争)が終わった日、
終戦の日 der Jahrestag m des Kriegsendes 終戦記念日
”戦歿者を追悼し平和を祈念する日”ですね。
悲惨な大戦の重みは年々無くなりつつあるけど、甲子園で正午に行われる 黙祷 stilles Gebet 
                                   ”あぁ~今日は終戦の日か…”と毎年認識していました。 
 ひらめき日本以外の国では
   ●イタリア : 4月25日 【イタリア解放記念日】 
          イタリアが敗戦を宣言した日、イタリアがムッソリーニ政権から開放された日
   ●ドイツ : 5月8日 【第二次大戦終戦の日 Ende des Zweiten Weltkrieges】
         ドイツが無条件降伏文書に調印し、第二次世界大戦(ヨーロッパ戦線)が終結した日
   ●フランスなど : 5月8日 【ヨーロッパ戦勝記念日 Victory in Europe Day (V-E Day / VE Day)
             
 第二次世界大戦において連合国がナチスドイツを降伏させ、ヨーロッパにおける勝利を記念する日
   ●ロシア : 5月9日 【大祖国戦争終結記念日】 独ソ戦の終結日
          ドイツとソ連との間で降伏文書の調印式が行われた日
   ●大韓民国 : 8月15日 【光復節】 日本による朝鮮半島統治からの「解放」を祝う日
   ●北朝鮮 : 8月15日 【祖国解放記念日】
   ●アメリカ合衆国、イギリス、フランス、カナダ : 9月2日 【対日勝戦記念日 Victory-over-Japan Day(V-J Day)】
                               当時のアメリカ合衆国大統領トルーマンがポツダム宣言に調印した日
                               日本政府全権の重光葵と大本営(日本軍)全権の梅津美治郎がポツダム宣言に
                               調印した日を、アメリカ合衆国大統領トルーマンが「V-J Day」として宣言した
   ●ロシア : 9月2日 【第二次世界大戦終結記念日】
   ●中華民国(現台湾)、中華人民共和国 : 9月3日 【軍人節】 / 【抗日戦争勝利の日】
 
今年5月9日、ロシア Russland では第二次大戦の対ドイツ勝利から65周年を記念する一大イベントが行われ、
ドイツのメルケル 首相 die Kanzlerin も出席してました。 
 ※ドイツ首相 der deutsche Bundeskanzler(男性) / die deutsche Bundeskanzlerin(女性)
                  中国の対日勝利65周年を祝う式典に日本の総理大臣が参加するようなこと?... 考えられん!
a_k-15 池上彰さんが解説していましたが (Mr. ニュース、毎回勉強になります!)
                                  ロシアはいきなり「9月2日が終戦記念日だ」と決めたそうですよ。
日本が ポツダム宣言 die Potsdamer Erklärung を受諾した(8月14日)後、つまり日本のいう”戦後”ではなく
”戦争中”に”ソ連軍が北方領土に上陸し占領した”→”北方領土 Nördliche Gebiete はロシアの物だ”と言いたいから、って。
                   う~む、またしても日本はこんな理不尽な主張に負けてしまうのだろうか...
 
IMG_3031 そして毎年 外交問題 die diplomatische Frage として取り上げられる靖国参拝。
 私は個人的に 戦犯 das Kriegsverbrechen であっても
 ある意味 ”時代の犠牲者” だと思っているので
 「国に殉じた先人に、国民の代表者が感謝し、平和を誓うのは当然のこと(Wikipediaより)
 という意見に賛成。 だから
  「公的とか私的とか私はこだわりません。総理大臣である小泉純一郎が
                         心を込めて参拝した」と8月15日に靖国参拝をした小泉さんに感動したし、支持していました。
                              管総理は在任中は靖国参拝しないそうですね。それはそれで良いと思います。
しかーし、”国のために尊い命を捧げた人たちに対し哀悼の意を表すことは人として当たり前”のことなのでは?
                         国家の最高指導者がそれをするかしないかで大問題になる日本って...困った
 
靖国神社 der Yasukuni-Schrein の前身である東京招魂社は、大村益次郎の発案のもと明治天皇の命により、
戊辰戦争の 戦死者 der Gefallener を祀るために明治2年(1869年)に創建されました。
明治10年(1877年)西南戦争後は日本国を守護するために亡くなった戦没者を慰霊追悼・顕彰するための施設となっています。
  ※大村益次郎(1824-1869) : 長州征討と戊辰戦争で長州藩兵を指揮し、勝利の立役者となった医師、西洋学者、兵学者

icon_anisakura01 東京都の  桜の開花宣言 die Bekanntgabe, dass die Kirschen in Blüte stehen
 ここの境内にある3本のソメイヨシノが咲いた時に行われているのは有名ですね。
 
               今年5月に訪れた時、珍しく東側を向いている大鳥居の上に”平和の象徴”の白鳩がとまってました ↓
 IMG_3003 IMG_3032 IMG_3023 IMG_3045
 ↑ 遊就館特別展の看板「神風」が目をひく!                       ↑ 大村益次郎の銅像
   
illust491_thumb遊就館(ゆうしゅうかん)には復元された特攻機など特攻隊に関する展示もあるようです。
そこには日本国の為・家族の為に自らの命を犠牲にした特攻隊員達の 遺書 das Testament
共に御遺族が捧げた花嫁人形が並んでいるそうです。 これは辛くて見れないな...重すぎる...
学生時代、鹿児島県出身の友達の実家に遊びに行った時、
                           『知覧特効平和会館に連れていってもらいました。
お茶の美味しい長閑な知覧には、太平洋戦争中に 陸軍 die Armee / der Heer
                   特攻基地が置かれ、 ここから多くの特攻隊員が出撃し、戦死しました。
この平和会館には写真、遺書などの遺品約4,500点、特攻隊員の遺影1,036柱などが展示されており、
                二度と悲劇が繰り返されぬよう、戦争の悲惨さ、平和・命の尊さ を教えてくれます。
見た後、どーっと疲れたのを覚えています。 涙なしでは見れませ~ん。 酷い時代だ...
 
               終戦の日、世界平和 der Frieden in der Welt  を考えましょう!
 
広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。