ドイツ友

2010年8月31日

皮 / 革

Filed under: ●自然の恵み der Segen der Natur — ドイツ友 @ 18:50
image4547晩夏はスモモ / プラム die Pflaume の季節です。
昨年は 品種 die Sorte について書きましたね ↓
 
今年の収穫はこの3種類。 いつものように ワイン der Wein リキュール der Likör 用!
   IMG_9038 IMG_9041 IMG_9042 IMG_9308
 
初めて青いプラムをドイツのスーパーで見つけました。Japanische Aprikose / Japanische Pflaume みたい!
梅酒のようになるのでは?!と期待満々でリキュールにしてみましたが...数日後このプラムは美味しくなさそうな状態に。残念困った
 IMG_9060 IMG_9063 IMG_9305   IMG_9062 
   ↑ 美味しそうに見えたのに、ウォッカを入れた数日後はちょっと劣化した感じに ↑    キウイ die Kiwi もリキュールにしてみた ↑
 
nezumi_is30
↓ 日本で普通に食べている ゴボウ は ドイツではこの写真の植物 die Klette(キク科ゴボウ属) の仲間の根っこです。
 プラム並木道 die Pflaumeallee 脇に立派に生えていたので写真を撮っておきました。
 一度この植物の根っこを引き抜き(旦那は手を怪我しましたぁ~)、キンピラゴボウにしてみました。
 食感は日本のゴボウに近いですが、食べれる部分はほんのちょっと。労力の割が合わん!
 今は スーパーで売られている die Schwarzwurzel (キク科フタナミソウ属)をゴボウとして使っています。
 ゴム樹液のような ベトベトとした klebrig 白い液が出てくるので、die Rinde を剥くときは注意が必要っす。
 
 日本語での”カワ(皮 / 革)”は、ドイツ語では下記のようになります ↓
    皮膚 die Haut、獣皮 das Fell、毛皮 der Pelz、なめし革 das Leder、木の皮 die Rinde / Borke、
        果物・野菜などの皮 die Schale(リンゴなどの厚い皮) / Pelle(じゃがいも・トマトなどの薄い皮)、パンの皮(耳) die Kuste
  IMG_9031  IMG_9036  IMG_9037
   ↑ これを無理やり引っこ抜いて、僅かにある根っこを食することは可能のようだけど(害はない:経験談!)...
 
 
広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。