ドイツ友

2010年11月24日

ドイツで歯列矯正_1

Filed under: ●健康 die Gesundheit, ●歯列矯正 die Kieferorthopädie — ドイツ友 @ 09:20

現在、我が街は吹雪の中ですぅ~

ドイツで 歯列矯正 die Kieferorthopädie 始めました。
                    ”ドイツで?!” というより ”この歳で?!” という方が我ながら驚きっ(苦笑)

日本でもある 歯医者さん der Zahnarzt
「噛み合わせがズレテきて、将来的に 頭痛 Kopfschmerzen肩こり verspannte Schultern
腰痛 der Hexenschuss などに悩まされるかもしれないから”保険”と思って歯列矯正をしたらどう?」

     と言われたことはありましたが、別の歯医者さんは 「別に矯正する必要はないでしょう」って。
そんなわけであまり気にせずに過ごしていましたが、ドイツで定期健診のつもりで行った歯医者さんに
「あなたのような噛みあわせ(上の前歯が前に出ていて、下の前歯が引っ込んでいる)人は
             うまく 咀嚼 der Kauen ができず胃腸の der Krebs になる可能性があるから、
                     手術 die Operation をすべきか専門歯科で診てもらった方が良い」
と言われました。
前歯についていわれたのは初めてだよ~ あくびをしたり大口を開けると das Kinn / der Kiefer が鳴ったりするので、
             顎関節症 die Kraniomandibuläre Dysfunktion の心配はあったけど、”癌”や”手術”なんて想定外!

紹介されたポツダムの矯正歯科では「顎関節症の心配がなくなるから、お望みなら歯列矯正をしましょう」という診断。
右顎は顎関節症の初期段階になっているようだし、『たけしの本当は怖い家庭の医学 』によると、常に die Zunge
歯型がついている(顎が狭く全歯が入る程のスペースがない)場合は舌癌の危険があるっていうので、やるしかないっす!
既に意は決まっていたけど 「考えてから返事します」 ってことにして、翌日矯正する意を伝えて次の予約。
歯をじっくりを見て、大雑把なプランを説明してもらい、他の患者さんの矯正例を見せてもらって2回目の診察終了。
3回目の診察は レントゲン撮影 die Röntgenaufnahme と詳細な写真撮影。
具体的なプランを聞いて、ブラケット(矯正) Brackets を作るための歯型取りが4回目の診察。
ブラケットを舌側にする場合は、矯正前に歯が動かないようにマウスピースを装着しないといけないらしく、
                                              そのプラスチックのマウスピース作りが5回目の診察。
そして近所の歯医者さんで 抜歯 das Zahnziehen 。 健康な歯を抜きたくないがスペースがないからしょうがないのだぁ~ 
紹介されてから半年以上たった6回目の診察でやっとこブラケット装着!(ペース、遅くないぃ~?)
     
   ↑ 歯型をとっているところ                        ↑  処置室に展示されている歯型アート?  ↑

矯正することを決めてから我が家では ブラウン社の 回転式電動歯ブラシ elektrische Zahnbürste
                                        口腔洗浄器 die Munddusche を使い始めました。
  ※ ブラウン Braun GmbH : 1921年設立のドイツ・クロンベルクに本拠を置く小型電気器具メーカー
この口腔洗浄器は ”高圧水流が断続的に噴射され歯ブラシや歯間ブラシでも取りきれない食べかすを洗い流す”
                    というもので歯列矯正中には効果的とか。 今ではこれなくして食事が出来ませ~ん!
そして旦那が 「これ良いらしいよ!」 とネットで購入したSUNSTARの 『g・u・m 』 も欠かせません。 日本から持参したモンダミンを見せて
「これ( 洗口液 die Mundspülung )って日本では普通!モンダミン、ガム、リステリンって種類も多いし。」 と言うと、
”えー、また(日本に)先越された!” って感じに少々残念がっていました。ドイツでは一般的ではないようです。
ちなみにサンスターも日本の会社なんですよね。
  ※ サンスター Sunstar Inc.: 大阪府高槻市に本社を置く日本の日用品、トイレタリー用品メーカー
                       1989年米国歯科用歯ブラシメーカーJ.O.Butler社を買収し、1989年にGumシリーズを発売

        
   ↑ このセットはお勧めなのだぁ~    歯科衛生士さんがブラケット部には一番良いというパナソニック電動歯ブラシも併用で使用中! ↑

調べてわかっていたけど、マジで噛めない!噛むと痛いぃ~
右奥歯はほっぺを噛んでしまうし、右 犬歯 der Eckzahn (八重歯)は上唇をに突き刺さるっ
                              (歯並びが悪いのは右側なので、右側がとにかく痛い!)
しばらく 流動食 flüssige Nahrung のみでしょうかぁ~?
慣れてきたらそれなりに食せるようになるらしいけど...ホントに慣れるのか?! 今は全て潰して丸飲みですわ...

矯正中に食べてはいけない(出来れば食べない方が良い)物は、
   ガム der Kaugummiキャラメル das Karamellナッツ類 Nüss
ここまでは日本と同じ。他にお煎餅(固いから)とお餅(ひっつくから)も要注意と言われるとか。
← そして 熊グミ das Gummibärchen 。これはいかにもドイツ!

広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。