ドイツ友

2011年2月27日

湖氷

Filed under: ●食べ物 / 料理 das Essen/die Speise — ドイツ友 @ 10:31

日が長くなり die Tage werden länger だいぶ春らしくなった” といろんな人にメールで書いた途端、
ドイツはまた der Winter に戻ってしまいましたぁ~ でも通常の暗い冬ではなくて明るく寒い冬。
ここ1週間、日中 am / bei Tage のお天気は珍しく良いのですが、気温はマイナス。夜はマイナス15度以下になったりしてます。
der Schnee はほとんど見当たらないのですが、der See は見事にカチコチです。

「きっと魚が捕れる!」 と張り切って、持ってきた ハンマー der Hammer で氷を割る旦那さん。
想像以上に厚く、手間取っていましたが...ようやく水が出てきた!
でもどうやって釣るんだ? 釣り道具 das Angelgerät のない私達は湖の上で穴を覗くのみ。
          その程度で魚が釣れるわけわなく、湖に穴を開けただけで帰ってきましたっ
    
   ↑ 氷の中に葉っぱ       ↑ 釣り人 der Angler が多くいた     ↑ 氷の厚さは20cm以上
          
      ↑ ハンマーで氷を割り、予想以上に深かったのでシャベルも登場 ↑      ↑ 釣り人が穴を開けた跡があちこちに有
 
 ↑ 釣り人(左に2人)と 湖畔の ヤドリギdie Mistel (右)      ↑ 収穫なしなので肩車してヤドリギ を装飾用に貰ってきた ↑

2011年2月25日

麺類

Filed under: ●食べ物 / 料理 das Essen/die Speise — ドイツ友 @ 21:14


一昨日(23日)、農林水産省 das japanische Ministerium
                    für Landwirtschaft, Forsten und Fischerei / MAFF

カナダの大雨、ロシアの干ばつ、オーストラリアの洪水などによる国際 小麦価格 der Weizenpreis の高騰を受けて
『輸入小麦の政府売渡価格(政府が製粉メーカーに売り渡す価格)を4月から5銘柄を平均で18%引き上げる』 と発表しました。
            ※1tあたり 47,860 → 56,710円(18%増)、2008年4月(30%増)以来の大幅な引き上げ
            ※5銘柄 : アメリカ産(ダーク)ノーザン・スプリング(主にパン・中華麺用)、カナダ産ウェスタン・レッド・スプリング(主にパン用)、
                   アメリカ産ハード・レッド・ウィンター(主にパン・中華麺用)、オーストラリア産スタンダード・ホワイト(主に日本めん用)、
                   アメリカ産ウェスタン・ホワイト(主に菓子用)

日本は約90%を輸入 小麦粉 das Weizenmehl に頼っているので、パンや 麺類 Nudeln がますます高くなるのは避けられませんね~  
輸入側(小麦自給率は100%以上)のドイツでも、昨夏の猛暑とロシアによる穀物輸出禁止の影響で高騰しているようです。 グラフをご参照
でも日本と比べちゃうからか、今もめっちゃ安く感じます。小麦粉は1kg50円くらいから売られているもん!
(あんまり安いのはちょっと心配(?)なので、もう少し高めの粉をいつも買いますがー)
パスタ Pasta 類も種類はかなり豊富。 イタリア Italien からの輸入物も多いですが、関税なし(同じEU)だから安いです。

小麦粉を使った麺類は...
  ・うどん (きしめん、ほうとう、稲庭うどん 等) Japanische Udon sind dickere bzw. breitere Nudeln aus Weizenmehl.
  ・ひやむぎ Japanische Hiyamugi sind mittelstarke Nudeln aus Weizenmehl.
  ・素麺 Japanische Somen sind dünne, lange und leicht süßlich schmeckende Fadennudeln aus Weizenmehl.
  ・沖縄そば
  ・中華麺 (ラーメン、焼きそば) Japanische Ramen sind dünne, lange Fadennudeln aus Weizenmehl, die in Brühe als Suppe gereicht werden.
  ・冷麺 ※そば粉を使う場合あり
  ・パスタ (スパゲッティ Spaghetti 、マカロニ Makkaroni、ペンネ Penne、フジッリ Fusilli、コンキリエ Conchiglie、ラザニア Lasagne 等)

などなどけっこうありますね~ これらは価格高騰の影響を受けるでしょう。
      
 ↑ アジアンショップで買った中国製うどん   ↑ 九州の知人が送ってくれたラーメン ↑         日本から持ってきた稲庭うどん ↑
                                        マルタイラーメンで作った冷やし中華 ↑  アジアンショップで買った日本製の蕎麦 ↑

     
           ↑ パスタ類は安くて種類が豊富で便利 ↑                      ↑ 日清のカップヌードルとインスタント麺 ↑
                                                           トマトやホットチリに五香鴨肉麺? 日本にはない味!

その他の麺類
 ●ソバを使うもの : 蕎麦 等 Japanische Soba-Nudeln bestehen aus Buchweizenmehl und sind oft mit grünem Teepulver gefärbt.
 ●ダッタンソバを使うもの : 韃靼蕎麦
 ●米を使うもの : ビーフン、ライスヌードル、フォー 等
 ●クズを使うもの : 葛切り ※本来は葛粉であるが、現在はジャガイモを使った物がほとんど
 ●緑豆を使うもの : 春雨

などなど。韃靼蕎麦と葛切りはまだ見かけてないけど(たぶん買えないだろう…)、その他はアジアンショップで購入可能です。
実家でよく食べていた韃靼蕎麦が食べたいなぁ~

2011年2月21日

水の違い

Filed under: ●日本とドイツ Japan und Deutschland — ドイツ友 @ 18:18


水の硬度 die Wasserhärte を表す方法は国により異なります。
日本やアメリカでは カルシウム das Kalzium / Calcium
               マグネシウム das Magnesium の量を炭酸カルシウム量(CaCO3)に換算、
ドイツではカルシウムやマグネシウムの量を全て酸化カルシウム量(CaO)に換算して表します。
 ※日本では戦前はドイツ硬度が広く用いられていたが、戦後はアメリカ硬度を用いることが多い


軟水 das Weichwasser : カルシウムやマグネシウムの 金属イオン das Metallion 含有量が少ない水
    日本のほとんどの地域は軟水であり、硬水が供給される沖縄本島では水道水の硬度を下げる処理を施している

      ※日本の水道水は硬度80前後
     ○赤ちゃんのミルクに適している
     ○お茶、コーヒー、ウィスキー等の香りを引き出す効果がある
     ○昆布やカツオのだしをとる際にグルタミン酸等の旨味成分を引き出し、和食に適している
     ○石鹸カスが出来にくく、泡立ちが良い ※硬度60の水と硬度1の水では、石けんを溶かす能力に2倍の差がある
     ○金属イオンが少ないので、染色に適している
     ○美味しくお米を炊ける (硬水での炊飯はパサつく)

硬水 das Hartwasser : カルシウムやマグネシウムの金属イオン含有量が多い水
    アメリカやヨーロッパの水に多く、日本でも関東地方の一部や沖縄で見られる
      ★硬水は含有するイオンによって二種類に分類される
        ◇一時硬水 : 石灰岩地形を流れる河川水、地下水などで炭酸水素カルシウムを多く含み、煮沸することにより軟化することができる
        ◇永久硬水 : カルシウムやマグネシウムの硫酸塩・塩化物が溶け込んでいるもので、煮沸しても軟化されない

     ○スポーツ後のミネラル補給、妊産婦のカルシウム補給、便秘解消やダイエットに役立つ
     ○灰汁を析出しやすい為、灰汁の出る煮込み料理などに適している(肉を軟らかくしたり、臭みを消したりすることができる)
     ●石鹸カスが生じやすく、泡立ちを抑えてしまう
     ●染色では色ムラが生じる
     ●自動車のエンジン冷却水として使用するとオーバヒート・水漏れなどの問題が生じる場合がある
     ●洗浄後すぐに拭き取らないと白い斑点が生じる
     ●日本人は硬度の高い水や炭酸水に体が馴染みにくく、一度に大量摂取すると下痢になってしまうことがある

ドイツ全土が硬水だと思っていましたが、実は軟水の地域もあるんです。羨ましい!
このサイト・ドイツの水硬度 の地図を見ると、うちの街は見事に超硬水(真っ赤)なのだぁ~ 

ドイツではなぜ高温で 洗濯する waschen かっていうと、石鹸 die Seife の効きが悪いから。
高温でもタオル類などはガバガバになるんだけど~
柔軟剤 der Weichspüler を多く使っても、粉から液体洗剤へ変えても好変化はありませ~ん。
入浴後も温泉のようなシットリ感は全くなく、肌は乾燥しやすいのでボディークリームはかかせません。
気候は乾燥していないのになっ 
シャンプー das Shampoo も泡立ち悪いし、毎日髪は洗えませ~ん。パサパサになってしまう!
髪を洗った後は硬水成分を除いた水(H2O)をかけるようにしています。硬水Onlyよりは良いだろう。
この水はスチームアイロンなどに使うようにスーパーなどで売られています。
不思議なことに、セルビア Serbien から来た女性は
 「セルビアでは毎日髪を洗う必要がなかったのに、ここドイツではすぐベタベタになるから毎日洗わないといけない」 と言ってます。
私と真逆! 同じ黒髪でも体質は当然ながら全然違いますね。

うちの化学者に解説してもらいました ↓

   ※一時硬水を煮沸すると炭酸カルシウムを沈降させ、純粋な(軟水に近い)水・H2Oが得られる

ドイツでは一般的に 電気(湯沸かし)ポット der Wasserkocher でお湯をわかしますが、
                    このポットの底部にはすぐ カルキ der Kalk (カルシウム) が溜まります。 
定期的に取り除かないと、飲み物に白い粉が浮いちゃいます!
一番手頃な除去方法は お酢 der Essig を使うこと。(匂いが気になる場合は クエン酸 die Zitronensäure が有効!)

    ※酢酸カルシウムは単体では固体だが、溶解度が高い(400 g/L)ので、この反応後は水に溶けている状態
    
 ↑ ドイツの洗濯機は“95℃”で洗う機能有   ↑ 硬水だと洗剤の量は多く必要                      ↑ 市販のカルキ除去剤 ↑
                                                     お酢の匂いが好きでない旦那はクエン酸を薦める!

日本の実家では30年以上も【麦飯水(ばくはんすい)】という水を料理や飲み物に使っています。
水道水(10L)を【麦飯石】の入った装置に入れて、3時間 ろ過 die Filtration (スイッチを入れると水が中でぐるぐる回る)。
どれだけ身体への影響が大きいのかは不明ですが、夏休みの自由実験で
水道水と麦飯水で 切り花 die Schnittblume の状態を観察したら、麦飯水の方が長くもったので明らかにマイナスではないでしょう。
ちなみにこの【麦飯石】は2カ月に一度業者さんに交換してもらう必要があり、その費用は約14,000円かかります。
 ※麦飯石 : 無数の微細な孔がある岩石。この孔が水道水のカルキや臭い、雑菌を吸着する。
         多孔質を利用して、粒状のものは濾過材としてミネラルウォーターの製造機器・装置に使用される。

ドイツも日本同様に ミネラルウォーター das Mineralwasser の種類は豊富にありますが、ほぼ硬水です。
そして気にせずに籠に入れる(レストランなどで注文する)と大抵は炭酸入りと思って良いでしょう!
ラベルに書かれている  mit Kohlensäure 【炭酸入り】、medium 【ミディアム】 、ohne Kohlensäure 【炭酸なし】
                                        の文字を探しましょう (私は時々ボトルを振って判断してます)。
『BIRKEN』 という名で ”Aus der Birken-Quelle 白樺源泉から(直訳)” って書かれたミネラルウォーターを見つけたので、
 「ひょっとして 白樺 die Birke 樹液 der Pflanzensaft ? 軟水なんじゃないのー」 と3種類購入! 
でも普通の硬水のミネラルウォーターのようですわ。 白樺樹液は来月末までお預けです。 ※昨年の 白樺樹液 をご参照
  
↑ ミネラルウォーターとトニックウォーター  ↑ BIRKEN        ↑ 箱根で採取した温泉水         ↑ お湯の中で温め洗髪後にかけている  
                                          これを超硬水風呂に入れて、時々温泉気分に!      

    

2011年2月17日

救援物資_1

Filed under: ●その他 und so weiter — ドイツ友 @ 10:43

海外生活で一番喜びを感じるのは 日本から 荷物 das Paket 【救援物資プレゼントが届いた時
高い 送料 das Porto かけて、はるばる日本から来た品々は輝いて見えます。マジで!
送ってくれる皆さま、ありがとうございます! Vielen Dank! / Herzlichen Dank!

友達(デンマーク&ルーマニア人)は ”自国の物が限られている(少ない)” 状況を 理解してくれますが、
私ほど不便な生活ではないはず。 (彼女たちの食している物は基本的にドイツでも購入出来るっしょ。 
                      もちろん自国でしか手に入らない調味料や材料はあるだろうけどさー)
義弟のパートナーが 「何でそんなにしょっちゅうベルリンに行くの?」 と聞いてきたので
     日本食材 japanische Zutaten を買うため」って答えたら ”えっ” って顔をしてました。 
”日本食材を買うためだけに、わざわざ遠出してる” っていう発想は全くなかったよう。
”そうかー、日本人がここで生活するってことはそういうことなのね” としばらくたってから納得してました。

年末年始にかけて実家からいくつか荷物が届きました。 リクエストした物は
旦那が 『アサヒビール ストラングオフ』。 何で見たのか知りませんが、飲みたいって。
そして私がワサビ味の物(旦那がワサビ好き)、抹茶関係の物、 ゆずポン系の物、おにぎり用の海苔 等など。
(親友Jちゃんにも頼んで送ってもらった桜エビが重複依頼してしまった... ためらわず使えるので有難い!)

    
                  ↑ 抹茶系の飲み物でこの冬はホカホカなのだぁ~ ↑
         
                                              ↑ 2人とも梅干し好き    ↑ ゆかりは海外でも万能品!
    
 ↑ ストロングオフ2本は即飲んでしまった!   ↑ 昆布イロイロ  
      
           ↑ 缶詰類は日持ちするので重宝するのだ~ ↑          ↑ 昨年帰国時にうちのドイツ人は日本のサツマイモ(紅あずま?)の虜に!
                                          従姉が実家に送ってくれた干し芋(中央)もおすそ分けで。Iちゃん、ご馳走さまです!

        
   ↑ 鍋にはやっぱポン酢が一番!

   ↓ 通っている矯正歯科のあるポツダムで見つけた寿司バー、HAPPY SUMO。 安易な名前だ...
                                こちらは我が家で座椅子を購入した日本家具販売店、Japanzimmer ↓
      
                ↑ スモーにゲイシャ。そして雪の中の鯉のぼり! これがNIPPON?! ↑

Older Posts »

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.