ドイツ友

2011年2月12日

日本のパズル

Filed under: ●日本文化 die japanische Kultur — ドイツ友 @ 20:16

『Sudoku』、ドイツでも広く知られており、新聞・雑誌などによく載っています。
日本出身の aus Japan パズル das Rätsel のひとつ、と紹介されていることがよくありますが
考案者はアメリカ人建築家・Howard Garns氏。
アメリカの出版社が 『Number Place』 として売っていたものをニコリが 『数独』 と名づけて日本に紹介し、
その後、イギリスで 『Sudoku』 として大ブームとなり、一気に 世界中に weltweit / überall in der Welt 広がりました。
今では本家のデル・マガジンズ社も 『Sudoku』 の名を用いてるって。
 ※「数独(「数字は独身に限る „Isolieren Sie die Zahlen“ „Eine Zahl bleibt immer allein“」の略)」はニコリの登録商標、
                 日本では一般に「ナンバープレース(ナンプレ)」と呼ばれることも多い

    
  ↑ SUDOKUは クロスワードパズル das Kreuzworträtsel とほぼセット ↑   ↑ 1EURで買ったSUDOKU本、カックロなど他のパズルのあり
                                                       下のナンクロなどの日本のパズル本と違って面白みに欠ける!
 
     
    ↑ 日本から持参したクロスワードパズルと お絵かき(イラスト)ロジック Nonogramm ↑          ↑ 実家から届いた最新号のナンクロ
                              このロジックも日本のパズルの1つ           この手のパズル本を毎月買って懸賞応募してたな~
 

最近はまっているのは 『賢くなるパズル』 、海外では 『Ken-ken』 と呼ばれています。
日本のTVで ”入塾は無試験先着順にもかかわらず、最終塾生の8割が難関中学に合格する” という個人塾 [宮本算数教室] について見たのですが、
この授業法が実に ユニーク einzigartig 。 黒板に書いて説明して...という普通の授業ではなく、子供達はひたすら無言で問題を解いているだけ。
そして先生は授業中に”正解(「マル」だったかな?)”と”不正解(「バツ」だったかな?)”しか言わないのです。
質問は一切答えない ”指導なき指導 The art of teaching without teaching” というスタイル。

その子供達が取り組んでいるのが 宮本哲也さん考案の 『賢くなるパズル』 です。 
計算力・思考力 das Denkvermögen集中力 die Konzentrationsfähigkeit が身に付くって。
私は 算数 die Arithmetik数学 die Mathematik が得意だったので(生意気な女子でしたっ)、
   数字系パズル das Zahlenrätsel は超大好物! 「こりゃ面白そう!」 とすぐにやってみました。 
7桁 sieben Stellen 以上になるとかなり やりがいあり der Mühe wert sein / sich lohnen 爆笑
一度お試しくださ~い! ※問題はこちら → ken-kenⓇ 
 
   [Ken-Kenのルール]
    ●枠内の縦横同じ列には同じ数字が重複しないよう1つずつ入る
    ●枠の行数と同じ数までの数字が縦横各列に入る
    ●あらかじめ記された数字と加減乗除の記号は、太線で区切られた空間内に入る
     数字の全てを加減乗除した結果を示している

広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。