ドイツ友

2011年3月17日

ドイツ人の暖かさ

日本では徐々に通常のテレビ番組に戻りつつありますが、ドイツでも日本のニュースを放送する時間は減ってきました。
しかし13日の午後からは福島 原子力発電所 das Atomkraftwerk / AKW の事故についての報道がほとんど。
Fukushima” は今 Hiroshima、Nagasaki、Tokio に次いで有名な地名になってる、絶対。

最初は 【Atom-GAU in Japan】【Super-GAU】 などというタイトルで ”チェルノブイリ並みの事故” と騒いでいましたが、
実際に 原子力発電所で働いたことのある専門家などが 「チェルノブイリ原子力発電所事故とは全く別です。GAUではないです。」
と説明すると 【Atomkatastrophe in Japan?】 などと番組タイトルも疑問符がつくように(少しトーンダウン)。
 ※GAU (großter anzunehmender Unfall) : 原子力発電に伴う想定される最大級の事故

しかしまた爆発時の映像が度々流され、「そんなオーバーな…」 という内容になってきました。
原発から20km圏の住民が 避難(疎開) die Evakuierung する際に受けていた、放射線検査の映像も何度も流しています。
日本の報道とはかなりの温度差がありますね... ドイツのスタジオから東京の記者へ中継をつないだ時にその温度差は明確に。
「なぜ日本(日本人)はそんなに 冷静 ruhig なのですか?」 という質問を何度も聞きました。
(ドイツを含め海外では最悪のシナリオを、日本では混乱を避けるため正確な情報だけ(あるいはそれ以下)を報道してる)
そしてそれらの記者さん達もどんどん南下しているような気が...

ドイツの 気象予報 der Wetterberichtdie / Wettervorhersage の前に日本の予報も伝えるようになりました。
日本の天気を気遣ってくれてる! と思っていましたが (もちろん雪降りで凍るような寒さは心配してくれてるでしょう)、
どうやら風向き(どの国まで放射能が飛んでくるか、ヨーロッパまでは来ないよねー)が心配のよう?

この日本の 危機 die Krise に乗じて盛んになった原発反対派の動き、
激しくなった市民のデモを含め、原発反対 政党 politische Partei の政治家達がここぞとばかり意気込んでいる姿は悲しいものがありました。
(日本を口実に使われた、っていうマイナスの気持ちになるので)
 ※ドイツ社会民主党 Sozialdemokratische Partei Deutschlands (SPD) と 同盟90/緑の党 Bündnis 90/Die Grünen が強く原発に反対、
   左翼党 Die Linke も反対派

ドイツでも エネルギー政策 die Energiepolitik は大きな転機をむかえました。

昨日の池上彰さんの 『学べるニュース』 ではわかりやすく今回の震災について解説していました。
この番組をどれだけの人が見れたのだろうか??? うちの実家では 停電のため wegen Stromunterbrechung 見れなかっただろう...
そこで取り上げられていたのが「被爆」と「被曝」について。 私もこの二つの言葉「ひばく」はごっちゃになっていました。
 ※●被爆 : 爆撃を受けること、核兵器による被害を受けること   ●被曝 : 放射線にさらされること


もちろん危機的な状況が続いているのはかわりありませんが、日本の高い技術力を信じて、安心して!って思いました。
もしmixiのアカウントをお持ちの方がいたら見てもらいたいのが、原子炉のお話
すごくわかりやすく解説されています。 不安が少しでも解消されれば。

ラインバッハで 折鶴募金 を始めた方がいます。 私もこれに賛同! 今鶴を折っていますよ~

そして昨日うちの街のショッピングセンターにある スーパー der Supermarkt の掲示板に 『義援金お願い』 の紙を貼ってきました。
ちゃんと 振込先の小さなメモは簡単に切り離せるようにして。あまり目立たない場所なので、どれだけの人が気付いてくれるか...
もうひとつ人の出入りが多いスーパーにも行ってみましたが、ここは勝手に貼れる掲示板がない!
そこはあきらめて、次は劇場 das Theater へ。 この劇場は年1回、毎年3月末に上演される 『ファウスト Faust』 が有名。
多くの人が来場することが見込まれます。 いちおう受付の女性預かりになりましたが、きっと貼ってくれるでしょう!

本日、近所の 歯医者さん der Zahnarzt に義援金のビラを置かせてもらいました。 快くOK!
病院 das Krankenhaus にも行き、少し置かせてもらいました。(これは旦那が大丈夫だよ、というので勝手に置いてきた)。
そして 市役所 das Stadtamt にも置かせてもらえないか聞いてきました。 
外国人局のWさんもとても日本のこと、家族のことを気にかけてくれており、同席していた別部署の女性が担当女性のところまで連れて行ってくれました。
「Für Japan? Na, klar! (日本のため? もちろんよ!)」 と市役所だけではなく市の施設や学校などにも張り出したり置いてくれるってー
既に市役所の皆さんは募金を集めてドイツ赤十字社に寄付してくれたそうです (涙;)
早くここから出たい(好きだけど、学校も仕事もなく家に居るだけなのでー)と思っていた街ですが...すごく良い街だよ... 
                                     ドイツ人は優しくて暖かいのだぁ~ 晴れ
      
  ↑ これをスーパーと劇場に貼りだし                 ↑ 折鶴募金用              ↑ 歯医者、病院、市役所に!

広告

1件のコメント »

  1. […] 早口でまくしたてられると怒っているようでマジ怖くって...  ※ドイツ人の暖かさ ご参照 ルーマニア人の友達は ドイツ 国籍 die Staatsangehörigkeit / Nationalität […]

    ピンバック by 無期限滞在許可 « ドイツ友 — 2012年1月6日 @ 09:51


RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。