ドイツ友

2011年3月28日

春の訪れ2011

Filed under: ●自然の恵み der Segen der Natur — ドイツ友 @ 23:19

本日、東京では 桜の開花宣言
        die Bekanntgabe, dass die Kirschen in Blüte stehen
が出ましたね。
これは久々に明るいニュースだぁ~ 爆笑
こちらでは昨日から 夏時間 die Sommerzeit になりました。 未だに慣れませぬ...
 冬時間 die Winterzeit夏時間 : 午前2時で1時間早める(3時にする)
そして 白樺(シラカンバ / シラカバ) die Birke 樹液 der Pflanzensaft の季節になりました!
 ※成分などは昨年書きました → 白樺樹液
日当たりがよく、ほどよく太い白樺の木を探して森の中へ。
一昨日仕込んで、昨日回収に行きました。 貴重な樹液は冷やしてそのまま頂きました!
  
                         ↑ ドリルで穴をあける          ↑ まさに自然の恵み!
    
  ↑ 2本の樹から250ccだけ           ↑ 蜜蝋を溶かして、木材と一緒に穴をふさぐ ↑

「東京 (= 日本)が危ない」 と思っている方は残念ながらまだいるようです。 
ドイツでは日本よりも遥かに多くの人が マスコミ die Massenkommunikation / das Massenmedium
                    信用していないのですが、それでも今回はかなりの影響をもたらしました。 恐ろしいです!
この記事を読むと、海外(特に米英)でどのように報道されていたかがわかりますよ。 → 外国メディアも混乱しまくった大惨事 

ラムサール / ラームサル Ramsarカスピ海 Kaspisches Meer 沿岸に位置するイランの一大温泉リゾート地として有名です。
世界で最も(温泉から発する)自然 放射線 radioaktive Strahlung が集中する場所で、
                    年間1人あたりの被照射線量は0.26Sv/yr(=260mSv=260000μSv/yr)。
1時間あたりになおすと約30μSv/hという非常に高い数値なのですが、ここで癌になる人が多いかって言うと、他の地域と全く変わらないそうですよ。
 → 何を言いたいかっていうと ”東京は安全だ!” ってことです。
 ※3月28日、新宿の放射能値は 0.113μSv/h (ラムサールの約1/265の値)
 ※都道府県別環境放射能水準調査結果  ※Tokyo Roppongi Radiation 六本木の放射線/放射能
 

毎日このような 記事 der Artikel が出てますね。 痛すぎます...
何とかこの スペシャリスト der Spezialist 達の環境を改善できないものか...
彼らの命と技術あってこその 復興 der Wiederaufbau だから。 早く家族の元に安全で帰れることを願ってます!
 - – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
  ● 1日「非常食2食」しか摂取できないという劣悪な環境下で事故の収束に向けて、命がけで作業を続けている原発作業員
  ● 「亡くなっていたとしても一人でも多く、ご家族のもとにお戻ししたい」と最悪な海中での捜索を続ける海上保安庁の「特殊救難隊」
  ● 両親不明も「被災者である前に原発職員」
  ● 「わが身は顧みず、何ごとも被災者第一」の自衛隊
 - – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

          ”今話題の九州新幹線CM” です。「日本はきっと大丈夫!」と思わせてくれますよ ↓

広告

3件のコメント »

  1. mixiでドイツのビザを調べていてこちらまでお邪魔してしまいました。

    『外国メディアも混乱しまくった大惨事』いい記事でした。
    私のもやもやしていた気分が晴れました。ご紹介頂きありがとうございます。

    原発の不安はありますが、おっしゃる通り東京の暮らしは11日以前と殆ど変わりません。
    (デパート等で節電等は行っていますが…)
    震災に遭われた方々の事を思うと、無事な自分はもっとしっかりせねばと思う毎日です。

    私が一生こころにとどめておきたいと思ったHPもご紹介させてください。

    卒業式を中止した高校で校長先生が送る言葉
    http://niiza.rikkyo.ac.jp/news/2011/03/8549/ 

    陸前高田に派遣された看護士の方の記録
    http://blog.goo.ne.jp/flower-wing 

    失礼しました。

    コメント by maru — 2011年4月5日 @ 15:37

  2. 校長先生の熱い言葉、胸に響きました。
    この看護士さんの記録は既に読んでました。
    実際に現場に行かれた方の話はテレビで流れているものとはかなり違っており、
    現地の方は更に想像を絶する状態なんだと痛感しました。
    一緒に頑張りましょう!!!

    コメント by ドイツ友 — 2011年4月6日 @ 09:08

  3. […] →白樺樹液&春の訪れ2011      ↑ ガチョウ Gans と 白鳥 Schwan […]

    ピンバック by 婦人の日 « ドイツ友 — 2012年3月8日 @ 11:52


RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。