ドイツ友

2011年4月8日

善意の行方

Filed under: ●生き物 das Lebewesen — ドイツ友 @ 19:17

春になったからか、車でちょっと走ると多くの 動物 das Tier を目撃するようになりました。
しかし 素人 der Amateur なので、目撃→カメラの電源on→ズーム 間に逃げられてしまい良い写真は撮れませ~ん。
      
  ↑ 畑の水溜りにいる 鶴 der Kranich白鳥 der Schwan ↑     ↑ キジder Fasan       ↑ 重そうな 鳩 die Taube
      
  ↑ ノロジカ das Reh        ↑ アナグマ der Dachs    ↑ ビーバー der Biber の巣   ↑ 親子 牛 die Kuh

ずっと気になって調べていたのが、福島の 避難勧告 die Evakuierungsempfehlung エリア内のペット達の状況。
これほど深刻にそして長期化すると聞かされずに、着の身着のままで mit nichts als den Kleidern am Leib 避難させられたわけだから
家に ペット das Haustier を置いてきている人は相当いるはず。 連れて来たくても簡単に戻れない!
飼い主さん der Tierhalter / Besitzer は本当に辛い思いをしているでしょう。 そして動物達も過酷な状況下のまま。
そんな動物達(主に犬猫)の救援活動を現在行っているのが → 【NPO法人 犬猫みなしご救援隊】や【一般社団法人UKC JAPAN】など。
ここからでは 支援金 Hilfsgelder を送るくらいしかhelp出来ません...ごめんなさい。
他にも個人で圏内に入って活動されている方や、あの山路徹氏も福島から犬猫達を救助していますよ。 yamajitoru
実際に被災地で活動されている方は素晴しい! 本当に頭がさがります。


               現在は大島の方が預かっていてくれてるそうです ↓ 預かり中被災犬リスト

                   社)日本獣医師会で構成 「緊急災害時動物救援本部

ドイツでは das Pferd もペット(Haustier)って認識だけど、今の日本で馬の救出はどうしようもないのでしょうね。
大津波で生き残った馬達が痩せ細ってしまっている映像を見てしまいました..... 同じ生き物なのに...

 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 ●義援金(義捐金)die Geldspende ・・・ 日本赤十字社と中央共同募金会に集められ、総額が被災者に平等に分配されることになっている。
           しかし各自治体の被災者数や被害状況をきちんと調査して分配されるため、最終的に被災者の手元に届くまでに時間がかかる。
            第1次分の義援金配分割合
 ●支援金 ・・・ 被災者支援のために活動するNPOやボランティア団体へ贈られるお金のこと。団体によって使い道が異なる。

 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

アメリカ赤十字社に対してJELA(Japanese English Language Association)という学生団体が署名活動をしています。 オンライン請願書
”9.11事件、ハイチ地震で集まった募金が今だに被災地には送られていません” って。
だから『東北地方太平洋沖地震』に対する多額の義援金もどうなるか?という大きな心配があるよう。

米国での義援金の現状、国を超えた支援の輪
 ↑ 義援金の9%は 運営費 Betriebsausgaben としてアメリカ赤十字社が受け取るって?今回はすごい額ですよね...
ドイツ赤十字社の義援金もどうなるか?  ドイツ赤十字社が現在日本を援助していないわけ
他の国の赤十字も同じようなものなのでしょうかぁ~?
世界中の 善意 gute Absicht / guter Wille が無駄にならないように、ちゃんと日本赤十字社に義援金は送ってくださーい!
               被害も犠牲者もこれ以上出ませんように!!!   


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
念のため、ドイツ赤十字社に問い合わせてみました。
   いまだになお、毎日日本への義援金が届いています。 
   ドイツ赤十字社はこれ(4/14)までに約15.6Millionユーロ(1,560万ユーロ≒18億7200万円)を日本のために受け取っています。
   その義援金の大部分は既に日本赤十字社へ振り込んでいます。
   Es gehen immer noch täglich Spenden für die Tsunamiopfer ein.
   Das DRK hat bisher ca. 15,6 Mio Euro Spenden für Japan erhalten.
   Der Großteil des Geldes wurde bereits an das Japanische Rote Kreuz überwiesen.

というお返事。 ドイツに疑いを持っているうちのドイツ人が日本赤十字社に”ドイツ赤十字社の回答が正しいか”確認した方が良い、というので
いちおう問い合わせてみましたが、予想通り
  各国赤十字社が集められた募金の処理状況、送付状況は当社が介入できないのが実情でございます。
というお返事でした。”大部分は”って所が少々気になりますが(10%は 管理費 Verwaltungskosten として引かれるっぽい)
まぁドイツ赤十字社を信用していいんでないぃ~?

広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.