ドイツ友

2011年5月18日

チャリティーマッチ

Filed under: ●日本とドイツ Japan und Deutschland — ドイツ友 @ 22:06

昨日、 デュイスブルク Duisburg
ボルシア・ドルトムント BV Borussia 09 Dortmund と欧州日本人 選抜 die Auswahl による
東日本大震災復興支援のためのチャリティーマッチ Benefizspiel für Erdbebenopfer が行われました。

Duisburg は日本人が8,000人以上も住む デュッセルドルフ Düsseldorf のお隣(北側)の街なので、
スタジアムは日本人とドルトムントファンOnlyだったのでは?
(ちょっと空席が目立っていたけど、1チームでの親善試合だとこんなものなのかも。それでも観客は1万人。)
それにしても Düsseldorf やその周りの街の日本人の多さと言ったら、凄いな~
   あまり多過ぎるのは面倒そうだけど、うちの街近郊にもう1人くらい日本人が居ても良い気がします、マジで がっかり

この試合、ドイツでは WDR(Westdeutsche Rundfunk Köln : 西部ドイツ放送協会) で放送されました。
試合前には(試合後にも?)何らかのセレモニーがあったと思われますが、それは放送されず。 見たかったなぁ~
放送開始前の番宣では思いっきり 「ジンジ(Jinji?) カガーワ」 と呼ばれていた ”シーズン優勝の立役者” 香川選手の紹介がまずあり、
やべっちFCの街かどインタビューや児童の8割が犠牲になった大川小学校など津波被害についての映像が流されました。
        
  ↑ 矢部っち、ドイツのTVに映ったよ~   ↑ 大川小に通う娘さんを亡くされたご両親
 
  ↑ Team Japan の選手たち              ↑ Dortmund の選手たち                ↑ Team Japanのユニフォームには
                                                                 頑張ろう日本!STAY STRONG JAPAN


   
香川真司(ドルトムント)、内田篤人(シャルケ)、長谷部誠(ヴォルフスブルク)、岡崎慎司(シュトゥットガルト)、槙野智章(ケルン)、
矢野貴章(フライブルク)、細貝萌(アウクスブルク)、相馬崇人(コットブス)のドイツ組に加え
安田理大(フィテッセ・オランダ)、森本貴幸(カターニア・イタリア)、赤星貴文(ポゴン・シチェシン・ポーランド)が出場。
 ※内田選手はチームが決勝戦を控えているため、試合開始からわずか1分のみプレー

後半になると ドイツ・日本リーグ 経験 die Erfahrung のオジサン軍団が投入!
日本人初のブンデスリーガー 奥寺康彦氏(元ケルン、ブレーメン)、ミヒャエル・ルンメニゲ Michael Rummenigge(元浦和)、
フランク・オルデネビッツ Frank Ordenewitz(元市原、仙台)も試合に参加。
私の大好きな ギド・ブッフバルト Guido Buchwald (プレー&監督 浦和)は良い動きをしてましたよ~ 
                              相変わらず素敵だなっ (他のオジサン達はちょっと笑えるシーン有りです)
あと名波浩西澤明訓城彰二といった海外経験組もプレーしたようです。 が、
この3人はドイツと関係ないので、テレビから名前が聞こえてきた時、「なぜナナミ?」 とメール中の目と手を休めませんでした...
最後になぜかドイツの喜劇俳優の ピート・クロッケ Piet Klocke も出場。この人、特に日本と関係ないようなんだけど。
そして キーパー はドイツ人の ヨハネス・フォッハー Johannes Focher(ドルトムント)。
こんな豪華なチームジャパン “Team Japan” を率いたのが ピエール・リトバルスキー Pierre Littbarski(プレー:市原、仙台 監督:横浜、福岡)。

結果は1-2でドルトムントの勝利。     
一度ベンチに下がっても再度出場したり変則的ルールがあったり、すごく和やかな試合でしたね。
試合の 収益金 der Erlös120万ユーロ 1,2 Millionen Euro で、
                    そのうち 100万ユーロ eine Million Euro (約1億2千万円)が義援金として寄付されます。
 ※義援金は ”一関の 保育所 / 養護施設 das Kinderheim 再建 der Wiederaufbau のために”
  ”子供病院 das Kinderkrankenhaus の再建のために” 使われるとドイツのサイトでは書かれている

  
  ↑ 日本の監督はリティ         ↑ 1分間だけ出場の内田選手     ↑ ドイツ人が日本国旗を!       ↑ クロップ監督も楽しそう  
   
    ↑ ルンメニゲ(47歳)      ↑ ブッフバルト(50歳)       ↑ オルデネビッツ(46歳)        ↑ ベンチの内田、香川両選手

FCバイエルン・ミュンヘン FC Bayern München が5月に日本でチャリティーマッチを行う” って3月に発表してたけど、
それはどうやら流れてしまったようですね... この時期に日本で試合してほしかったのに、残念です。

広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.