ドイツ友

2011年5月29日

学門の長い夜

Filed under: ●ドイツ文化 die deutsche Kultur — ドイツ友 @ 21:37

昨日17時から本日午前1時まで ベルリンBerlinポツダム Potsdam で毎年恒例の
Lange Nacht der Wissenschaften (学門 / 科学の長い夜)』が開催されていました。

うちのドイツ人の母校(フンボルト大学、ベルリン自由大学)とベルリン工科大学の3総合大学を筆頭に
68の 学術機関 wissenschaftliche Einrichtungen で、一般の人にわかりやすく研究成果を公開。
医学、環境学、化学、天文学、地学、言語学...など様々な分野での 講演 der Vortrag
プレゼンテーション die Präsentation実験 das Experiment など
                                        2000以上のプログラムが用意されてました。

← 入場チケット、当日はSバーン(都市鉄道?)・Uバーン(地下鉄)・シャトルバスが乗り放題
  といっても私達は車で移動しましたので、お得感は全くなく~

まずはベルリン自由大学の 日本学科 Japanologie へ向かいました。     
建物内では 日本語 体験レッスン der Schnupperkurs、折り紙講座、(日本の)古本販売などが行われていました。
中でもマンガ講座は人気のようで、女の子達が一生懸命イラストを描いてました。
私達のお目当ては【Ich und mein GerMann: ein deutsch-japanischer Ehe-Manga-Blog DEMONSTRATION】
一番お気に入りのブログ ゲルマン日和 を書かれている日本人女性が発表される、ってことなので楽しみにしておりました!
うちのゲルマンさん(スラブさん?)もこのブログのファンになってしまったよう 爆笑
   
 ↑ 会場となった建物は住宅地の中    ↑ この暖簾、欲しいなぁ~      ↑ お目当ての発表があった部屋
    
 ↑ 学生さんが名前をカタカナで書いてあげてた ↑ ORIGAMI講座        ↑ 人気のMANGA講座

日本学科の教授と学生さんが 『絆 Projekt Kizuna』 という活動をしています。
この日も 募金活動 die Spendenaktion (日の丸エコバックなど販売)をしていました。
うちはチョーヤの梅酒ワインを買ってお釣りを募金させてもらいました。
その活動の一環として ”9月中旬に2週間被災地でボランティア活動を行う” 計画があるようです。
         
 ↑ 学生さんたちの募金活動、本当にありがとう!        ↑ ココロラーメンの屋台あり

続いて向かったのはポツダムの
アルベルト・アインシュタイン研究センター Wissenschaftspark Albert Einstein
地球科学 Geowissenschaften
          国立研究センター das nationale Forschungszentrum である、
ドイツ地球科学研究センター Deutsches GeoForschungsZentrum(GFZ)では
私達日本人では ”他人事ではない” とても興味深い実験や展示が多くありました。
防災 die Katastrophenvorsorge火山 der Vulkan
   地震ハザード die Erdbebengefährdung のオンラインサービス、
      津波早期警戒システム das Tsunami-Frühwarnsystem
                    洪水防護 der Schutz vor Hochwasser などなど。
 インド洋 Indischer Ozean の津波早期警戒システムはドイツが構築、トルコの地震予知システムはドイツとトルコ共同で開発

【Erdbebenrisiko 地震の危険率】の講演では7割は日本の地震について語られていました。
(地震エネルギーの大きさもHiroshima原爆と比率して紹介されたり... 日本に対する関心が高い証明か?)
あまり知られていませんが、実は ”ドイツでも地震の危険はある!” のです。 でも日本からしたらその程度じゃ危険とは言えんよー
 
                  ↑ プレゼンでは日本の事例が多々紹介されており、改めて 地震大国・日本 を実感 ↑
   
↑ ドイツの地震ハザードマップ    ↑ この地球をたたくことで、地震がどのように起こるかを体験(?) ↑        ↑ ミニ津波を起こすデモ

GFZの他にも アルフレッド・ヴェゲナー極地海洋研究所 Alfred-Wegener-Institut(AWI)
ポツダム気候影響研究所 Potsdamer Institut für Klimafolgenforschung (PIK) という研究機関がこの敷地内にあります。
    
      ↑ AWI の内部、実験室 Labor 内の見学可 ↑           ↑ 水色の部分は氷            ↑ Helmert-Turm     
   
            ↑ PIKの建物、中もかなり素敵 ↑                   ↑ Einsteinturm、太陽観測の案内中 ↑

ホビー天文学者のうちのドイツ人が楽しみにしていたのが、 ポツダム天体物理研究所 Astrophysikalisches Institut Potsdam(AIP)にある
80cm口径の 屈折望遠鏡 der Refraktor / das Linsenfernrohr。 1899年の設置当時は世界最大でした。
22時から一般の人も天体観測が出来る Star、ってことなので行ってみるとたくさんの人が。
「23時からで良いなら、この星型チケットを受け取ってください。長時間待たなくても済みますよ」という案内があったので
もう少し暗くなった23時から観測することに。 ※22時くらいでも今のドイツは暗くない
だんだん雲が多くなってきていたぞっ 心配は的中で 土星 der Saturn しか見れませんでした~それも小さかったよ。 
我が家の天体望遠鏡で見るのとそれほど変わらず、期待が大き過ぎた分ちょっと残念!
    
    ↑ AIPの建物                                ↑ 巨大な屈折望遠鏡 ↑
                         長い夜でしたが、いろいろ勉強になりましたっ         

広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。