ドイツ友

2011年6月28日

お魚事情_4

Filed under: ●食べ物 / 料理 das Essen/die Speise — ドイツ友 @ 08:26

私の住んでいる街では 生魚 roher Fisch は簡単に手に入りませ~ん。   
そしてベルリンで購入するものも、釣り das Angeln 好きの知人から釣れたてを頂いても、それを生で食する勇気はなく...
残念ながら 魚介類 Fische und Muscheln と言えば、冷凍か缶詰めか燻製なんですよね、普段買えるのは。
今日本でせっせとお刺身を食べてます!
(うちのドイツ人は日本食は何でも美味しく食べますが、お刺身は「出来ればご飯と一緒(=寿司)の方が良いなぁ~」と言います)
    
  ↑ ポーランドの知人から頂いた   ↑ とある日の我が家の夕飯    ↑ サーモンは日本の鮭より   ↑ 魚屋 Fischladen の看板
   サーモン Lacks 、鰻、枝豆        うな丼と天ぷら          脂分が多い

よく買うのが ツナ der Thunfisch のもの。こちら ↓ が最近の我が家のヒット商品。けっこう美味しい!
        
   ↑ ツナ缶、ホットチリ風味     ↑ ツナのオイル漬け          ↑ パン用のツナサラダ ↑

     
 ↑ 燻製ニシン Bückling、ペッパー風味はまぁまぁ ↑   ↑ ドイツ産の キャビア kaviar     ↑ サーモンのパイ包み
                                                               オーブンで焼くだけ

    
 ↑ 小エビ Garnele 油漬け ↑ イワシ Sardine 油漬け ↑ 大西洋ニシン Atlantikhering 油漬け

          ひらめき ニシン油漬けはこのままだと正直美味しくない...ので
             蜂蜜(砂糖)、醤油、酒、生姜、鰹節、ネギ等と一緒に煮ると日本人好みの一品に早変わり ↑
             アツアツご飯にかけていただきましょう 爆笑

広告

2011年6月25日

冷え冷えの犬

Filed under: ●生き物 das Lebewesen — ドイツ友 @ 05:29

我が家で良く買うアイス LANGNESE で
     Kalter Hund(直訳 : 冷え冷えの / 冷たい / 冷えた犬 ) というお菓子味が出ました。
Eiskalter Hund(直訳 : 氷のように冷え冷えの犬)、もちろん即購入!
Kalter Hund (Kalte Schnauze) は 焼かずに冷やして作る クッキーケーキ Kekskuchen です。 
作り方はいろいろあるようですが、どれも超高カロリーっぽい。
作ってみたい方はこれらの レシピ das Rezept ↓ (ドイツ語) をご覧くださ~い。
 Omas Kalter Hund für 6 Personen (おばあちゃんのKalter Hund 6人分)、(一般的だと思われる)Kalter Hund 

    
         ↑ この お馬 Pferd 2ペアはずっとこのスタイル。一種の愛情表現? ↑           ↑ ラクダのように毛を背負った 羊 Schaf

      
      ↑ 旦那の友達が撮った キツネ Fuchs の親子 ↑       ↑ この 鹿 Hirsch は食用のよう  ↑ 親子 ヤギZiege 「メェ~」

     
 ↑ このシーンを撮ろうとしたわけではないが...  ↑ 知人宅の番犬にならないワンコ達 ↑         ↑ 秋田犬と マラミュートMalamute
                                  人懐っこ過ぎ1匹 & 無警戒2匹            mix子犬が売られていた
 
     
↑ 友達の家のデカ 雄猫 Kater  ↑ ホテルの敷地内にあった                     ↑ 親子 牛 Kuh       ↑ かなり高価な木製の
                        猫ホテル                                                  ライオン Löwe の置物

2011年6月23日

緊急帰国

Filed under: ●出来事 das Ereignis — ドイツ友 @ 07:54

今めっちゃ 蒸し暑い schwül 日本です。 この 暑さ die Hitze、苦手なんだよなぁ~ 困った (寒い方がずっとイイ!)
大震災 großes Erdbeben が起こる前から                    
          「今年は秋に東北でも旅行しようかね~」(もちろん旦那も一緒)と言っていたのですが
(震災後は余計に”復興支援のための東北旅行”について真剣に調べていた)、
日本の家族の状況から夏に私一人で 帰国 die Rückkehr / Heimkunft することにし、
次回の歯列矯正調整翌日から8月末まで1.5カ月滞在で オーストリア航空 Austrian Airlines
   航空券 der Flugschein / das Flugticket を予約しました。 ウィーン経由は嬉しいなぁ~

しかし先日、「もう少し早く来れないか?」という連絡があり、予約していた航空券はキャンセル。
格安航空券 günstiges Flugticket のため、変更は効かず返金も微々たるものでした...
(ほとんどキャンセル料 die Stornierungsgebühr として持っていかれた!ううっ...)
でも仕方がないですね、 そう簡単にいく距離ではないってことですよ、ドイツ-日本は。

即効帰国できる安い片道チケットを探し、今まで避けていた
   アエロフロート・ロシア航空 Aeroflot – Russische Luftfahrtlinien で戻ってくることに。
”遅延が多く、乗り継ぎが出来ずホテルで一泊監禁された” とかあまり良い噂は聞いたことないから~

お初の ベルリン・シェーネフェルト国際空港 Flughafen Berlin-Schönefeld
「えっ、これマジで国際空港?」でした。 旧東ドイツの玄関口だけあります(苦笑)
しかし来年からは ベルリン・ブランデンブルク国際空港
                    Flughafen Berlin Brandenburg International
として斬新に生まれ変わります!
    
   ↑ これがDDRの玄関口      ↑ 閑散とした空港内    ↑ 旅券チェック Passkontrolle   ↑ ベルリン-モスクワ間の椅子は
                                          スタンプを押してくれなかった     倒せないが意外とゆったり

モスクワの シェレメーチエヴォ国際空港 Международный аэропорт Шереметьево での乗り継ぎ待ち時間は1時間25分。
 ※国際便から国際便への乗り継ぎは最低50分とホームページで書かれている
ベルリンからモスクワまでの便は予想通りの 遅延 die Verspätung
モスクワに着いた時点で東京便まで1時間!ちょっと焦りましたが、空港内は人が少なかったので
無駄な買い物などせずにちょっと待っただけで乗り継げました。
機内食 die Verpflegung im Flugzeug もそれなりに食べれたし(半分残したけど)、値段の割にまぁまぁなのでは...?
成田空港は 節電 das Stromsparen の影響からか、猛烈蒸し暑かったです。
    
  ↑ 乗り換えカウンターで         ↑ 搭乗券を提示        ↑ 搭乗券にスタンプが押される   ↑ 手荷物チェック
   搭乗口番号を書いてもらう       (旅券チェックなのにパスポートは興味なし)              (靴を脱がないといけない)

    
 ↑ ターミナルDは2009年新設   ↑ ベルリン-モスクワ間での昼食           ↑ ベルリン-東京間での夕食と朝食 ↑

          日本に居るとやること多すぎて更新は怠るでしょうが、ドイツネタはしっかり持ってきています ウインク

2011年6月16日

エネルギー政策_2

Filed under: ●その他 und so weiter — ドイツ友 @ 08:04

先月末、ドイツ政府 die deutsche Bundesregierung
2022年までに国内にある17基すべての 原子力発電所 das Atomkraftwerk / AKW の稼動を停止すると発表しました。
これに対して複数のエネルギー会社や経済界・産業界から強い非難の声。
「エネルギー供給の再構築は、我々に巨額なコストを強いるとともに莫大なリスクをもたらす」と。

そして 連立政権 die Koalition は今月5日、全廃する予定だった国内の原子力発電所の運転を平均で12年間延長する方針が決定しました。
同時に、風力 die Windstärke太陽光 das Sonnenlicht などの
再生可能エネルギー erneuerbare Energien が発電総量に占める割合を高める方針も打ち出しました。
 ※現在、電力供給量の22%を原子力発電に頼っているが、
   再生可能エネルギーの割合を2030年までに50%、2050年までに80%にする目標を掲げた

1980年以前に建設された原発は従来計画より8年間、1980年以降建造の原発は14年間延長
                              → 2040年頃まで原発の稼働が続くことになります。
当然のことながら、この延長決定について 野党 die Oppositionspartei や環境団体などが強く反発しています。
 ※Schwarz-gelbe Koalition (直訳: 黒・黄連立政権)
   ドイツキリスト教民主同盟 Christlich Demokratische Union Deutschlands (CDU) /
   バイエルン・キリスト教社会同盟 Christlich-Soziale Union in Bayern e. V. (CSU)
                             + 自由民主党 Freie Demokratische Partei (FDP)

そして延長の恩恵を被る(?)電力業界には来年から6年間、年間23億ユーロ(約2500億円)の
核燃料税 die Brennelemente Steuer などの負担を課せられます。
 ※核燃料税は財政再建や再生可能エネルギーへの投資として使われる予定

また、高レベル放射性廃棄物の恒久的な貯蔵施設をどこに確保するか、
二酸化炭素 das Kohlendioxid の排出量をいかに削減するかなど、ドイツも日本と同様に難題が山積みです。

     
         ↑ 太陽光の設置が目立ってきた ↑               ↑ 「原発反対」の看板は原発のないこの地域でも見かける ↑

    
               ↑ ガソリンスタンドでは安値の 天然ガスdas Erdgas も補給出来るようになっている ↑
                 しかし天然ガス車はまだ高価なため、購入者は少ない

Older Posts »

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.