ドイツ友

2011年8月20日

ふるさと / 故郷

ドイツで日本の物や(アジアンショップで見かける怪しい日本語表記すら) 日本語 Japanisch が書かれた物、
”Japan”という文字を見つけただけですごーく嬉しく 安心感 das Gefühl der Sicherheit を得られますが
日本でドイツの物や ドイツ語 Deutsch 表記を見てもそれは同じ。 なぜかホッとしますね~
ドイツはもう第二の 故郷 die Heimat になったってことかな。 ドイツ語に餓えているというより、既にドイツ語が話せなくなってますが...

     
 ↑ 病院で使用しているドイツ製の枕             ↑ スーパーで見つけたドイツ製品(もちろんドイツで買った方が断然安い!) ↑

          ふるさとは遠きにありて (室生犀星)
               ふるさとは遠きにありて思ふもの
               そして悲しくうたふもの
               よしや
               うらぶれて異土の乞食となるとても
               帰るところにあるまじや
               ひとり都のゆふぐれに
               ふるさとおもひ涙ぐむ
               そのこころもて
               遠きみやこにかへらばや
               遠きみやこにかへらばや

 ※室生犀星 : 1889年(明治22年) – 1962年(昭和37年)、石川県金沢市生まれの詩人・小説家

               何度かCUBEについて書いてますが(日本魂etc.)、これはベルリンで見つけた2台目のCUBE ↓
   
 ↑ 今やHiroshimaと同じくらい有名になってしまったFukushimaという種類の 鯉 Karpfen のよう

広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。