ドイツ友

2011年8月30日

ドイツで歯列矯正_8

Filed under: ●歯列矯正 die Kieferorthopädie — ドイツ友 @ 21:49

急遽日本へ帰国しなければならなくなったため、7月初旬の 歯医者の予約 der Termin beim Zahnarzt はキャンセル。
調整は6月初旬から大事な調整が3か月弱間があいてしまいました~
「3ヶ月くらいは問題ない」 と言われてたけど、上顎 der Oberkiefer のワイヤーの端で
               die Zunge が傷つき、咀嚼も難しくなってきた... 限界です...

日本で歯磨きをした後に鏡で口の中をチェックした時、 口蓋 der Gaumen 部のパタラルバーが無くなっていて焦りましたっ
「どこで外れた?まさか飲み込んだ??? 困った って。前回の調整で外されたことに気付かずにいました。
週一で撮っていた写真のおかげで、恐ろしいことになってないのがわかって良かったです。
でも2ヶ月以上居た日本ではたった2回しか写真が撮れませんでした...写真

そして本日は久しぶりの調整日。 1時間以上かかるだろうな、と覚悟してたけど
予想以上に状態が良かったようで(歯はちゃんと良い方向に動いていたらしい。でも汚れが気になる!)
ゴムのパワーチェーンやワイヤーの一部を外し、ちょこっとワイヤーをねじったくらいで終わってしまいました。
片道2時間かけて行ったのに、たった10分!

早く終わってしまったので、帰路は途中の街で買い物して来ました~
    

矯正中に食べるのが難しいものの一つが トウモロコシ(の穂軸) der Maiskolben。 前歯で噛むのが痛いから。
日本でもがぶりつくことが出来ず、手でちまちま取って食べてました。
                              我が家の上を覗いたら、トウモロコシ(の穂軸)がぶら下がってました ↑
「「たくさんのトウモロコ! (Viele Mais)」 と日本語のままドイツ語(直訳)で言ったら、それは間違いと言われてしまいました。
まず トウモロコシ der Mais は複数形がないと。
そしてその Mais とは穀物のトウモロコシのことを言い、がぶりつくトウモロコシは トウモロコシの穂軸 Maiskolben って言わないと伝わらないって。
あ~、ドイツ語って面倒だ ガマン

      - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
     Star 最初の訪問から約1年3カ月、矯正開始から9カ月で支払った額 : 4,133.90EUR(約42万円)
        ※日本同様、基本的に保険は効かないので全て自腹です

広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。