ドイツ友

2011年10月4日

ありがとうの会

先月末、お世話になった方々を招いて
ホテルで母のお別れ会 (父は『ありがとうの会』と言っている) を開きました。 バラ
そのために私は旦那よりも先に日本に来ました。
このホテルの シェフ der Chefkoch は知人だったので、
           彼のオリジナル料理をもてなして頂きました。
 ※ドイツ語で 「シェフ」 というと “料理長” ではなく “上司、長、親玉” という意味になる

← 20数名がひとつのテーブルでお食事

「5番目のお料理のお肉に乗った緑のものは何だ?」 と話題に。
「ブロッコリー? パセリ??」「玉ねぎの味もするよ」 などと意見が出ましたが、西洋アサツキ(エゾネギ)だそうです。
いつも携帯している辞書で調べたら、それは チャイブ der Schnittlauch らしい。名前は聞いたことありました。
おそらくドイツでは売られているのでしょう。見たことないけど。

美味しいお料理で皆さん満足していただいたようで、良かったです 爆笑

 

広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。