ドイツ友

2011年10月31日

日本の秋の味覚2011_2

日本は引き続き 欧州救済 Euro-Rettung のため
欧州金融安定ファシリティ Europäische Finanzstabilisierungsfazilität (EFSF)
                                         債権 die Anleihe を追加購入することを決定しましたね。
 ※欧州金融安定ファシリティ European Financial Stability Facility :
     危機に陥ったユーロ圏の国に対する財政支援を提供することでヨーロッパの金融安定を図ることを目的とする特別目的事業体。

どうなる欧州危機? ドイツも日本も苦しいのにお金を出さなくちゃいけなくて、なんかカワイソウ… 困った
(日本滞在時も毎日のようにニュースで欧州危機について報道されてました)
------------------------------------------------

アケビ die Fingerblättrige Akebie も秋の産物の一つ。                     
ほろ苦い 果皮 die Fruchtschale / das Hypoderm の内部にひき肉を詰めて味噌炒めにしたり、油で揚げたりして食します。
子供の時は好きじゃなかったけど、今は美味しく感じるな~ 大人になったってことか?!
種の周りの半透明のゼリー状の部分は薄甘くて、デザート感覚で食べれます。
 ◆アケビ(木通、通草) : アケビ科の蔓性落葉低木の一種、あるいはアケビ属に属する植物の総称

イチジク die Echte Feige も秋の産物の一つ。
食べる部分は果肉ではなく 花托(かたく) der Fruchtboden だそうです。 今年は夏から実家でとれたイチジクを食べまくってました。
 ◆イチジク(無花果、映日果) : クワ科イチジク属の落葉高木。また、その果実のこと。原産地はアラビア南部。不老長寿の果物とも呼ばれる。

     
              ↑ お上品な味のアケビ料理                        日本では美味しいリンゴも出始めてきた ↑

そして何と言っても die Kaki。 うちの家族は無類の 果物 das Obst / die Frucht 好きだけど、その中でも柿は特別。
私もドイツ帰国早々にスーパーで Kaki を買ってしまいましたよ。 日本でも散々食べてきたのにねー
うちの旦那が  「日本の庭の柿の樹はドイツでいうとリンゴの樹だね(多くの庭に植わっている)」 と言ってました。
神奈川の実家にあるのは富有柿と次郎柿の樹が一本ずつ。
今回日本で食べてきたのは禅寺丸柿、筆柿、西村早生柿、庄内柿(平種柿)。
 ※ドイツでは Kaki とその親戚の Honigapfel・Persimon・Sharonfrucht が売られている
 ◆カキノキ : カキノキ科の 落葉樹 laubwerfender Baum。熟した果実は食用とされ、幹は家具材として用いられる。

秋の味覚の代表格はやはり 秋刀魚 Pazifischer Makrelenhecht ? ”秋に獲れる刀のような形をした魚”ですもんね。
計4回(旦那は計2回) 七輪 tragbarer irdener Holzkohle-Kochherd で焼いた秋刀魚を大根おろしと一緒に頂きました!
 ◆サンマ : ダツ目-ダツ上科-サンマ科-サンマ属に分類される、海棲 硬骨魚 Knochenfisch の1種。 北太平洋に広く生息する。
 

それと 銀杏 die Ginkgonussキノコ der Pilzdie Marone / Maroni の季節でもありますね~
  

広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.