ドイツ友

2011年12月14日

ドイツの温泉_4

Filed under: ●健康 die Gesundheit — ドイツ友 @ 10:32

我が家の年中行事、今年も12月に Bad Saarowザーローテルメ Saarow Therme に行ってきました
 ※Bad Saarowについて詳しくは昨年分をご参照 → ドイツの温泉_3
 
昨年はマイナス5度で超寒かった屋外。 今年はなんとプラス5度でした! 
外の温水でない浴槽(?水風呂?)で泳いでいる人も複数いましたよ~ (昨年はさすがに誰も入ってなかったよ)
40度以上の熱いお湯に浸かりたい日本人には到底無理です...
     
   ↑ 駐車場からは少しだけ歩く                     ネットに下着などの小物を入れられるハンガーが便利 ↑
    
 ↑ 温水ではないところで泳いでいる人もいた   暗くなってからの方がライトがついて素敵 ↑   ↑ アクアビクス、サウナ、マッサージなど
   (左奥)                                                       オプションはセンサーキーを通してから受ける

テルメ die Therme というのは現在 ”温浴施設” という意味で用いられていることが多いですが、
本来は ”古代ローマの公衆浴場(テルマエ)” のことを言います。
 ※温泉 das Thermalbad / Heilbad / Onsen / warme Quelle / heiße Quelle
”古代ローマの公衆浴場” は [カルダリウム(高温浴室)]、[テピダリウム(微温浴室)]、[フリギダリウム(冷浴室)]の
               3種類の部屋を中心として建設され、場合によっては 蒸気風呂 das Dampfbad があったそうです。
バーデン・バーデン Baden-Badenフリードリヒ浴場 Friedrichsbad はその全ての浴室と蒸気風呂がありました。
本来のテルマエに近い?!

← これはイングランド西部の バース Bath にある ”古代ローマの公衆浴場” 跡。 かなーり前に訪れました。
   ”入浴出来るかも” って期待があったけど、残念ながら1978年に温泉は閉鎖されてました。

ザーロー温泉はローマ風呂ではなく近代的な スパ das Spa (温浴施設) って感じ。
大人の落ち着いた 雰囲気 die Atmosphäre / Stimmung なので子供は少ないです。
それぞれの浴槽(?)には仕掛けがあり、グルグル無抵抗で回されちゃったり
                               あちこちから一定間隔でお湯が出てきてずぶ濡れになったり。
この 水圧 der Wasserdruck が半端なく強くて、マッサージや”滝打たれ” というレベルではないのだー
小さい日本人は軽く飛ばされる~ 大きなドイツ人にしがみついてないとね。
ジャグジー風呂での der Schaum もかなり激しい! 私の座高だと口の下までお湯に浸かってしまうので、
     大きな泡泡の時は顔に塩辛いお湯がかかりまくりで目が真っ赤っかに。
                 日本の温泉とは全然違うけど、やっぱり極楽ぅ~ LOVE
   
 ↑ ジャグジーの泡も激しいので、座っていると思いっきり顔にかかってしまう ↑  ドライヤーの位置も高過ぎる! ↑

入浴大好きな私達夫婦は約4時間も浸かりっきりだったので、帰りの車内は身体がポカポカで快眠でした。爆笑

広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。