ドイツ友

2012年1月6日

無期限滞在許可

Filed under: ●私は日本人 Ich bin Japanerin — ドイツ友 @ 09:50

無制限の unbefristet / unbegrenzt 滞在許可Aufenthaltserlaubnis
                        = 永住許可 Niederlassungserlaubnis をgetしました

2年前の申請時、期限が切れる2週間くらい前に 外国人局 die Ausländerbehörde へ行くと
「遅い!1ヶ月前に来ないと駄目よ!」 と怒られたので、今回は期限切れの1ヶ月以上前に申請には何が必要か聞きに行き、
証明写真 das Passfoto を撮って、再度2人で来るように言われました。
後日、申込用紙 der Antrag と 写真 と 旦那の 収入証明書 der Einkommensnachweis を持って外国人局へ。
 
         ↑ 申請用紙は配偶者が記入する欄もある ↑            ↑ 証明写真の例はけっこう笑える ↑

今まで パスポート der Reisepass に貼られていたシールの滞在許可書が、
          今年の9月からクレジットカード形式の 電子滞在許可証 / eAT に変わりました。 ※電子滞在許可証 [日本語]
それに伴って今までになかった 指紋 der Fingerabdruck (人差し指3回ずつ)登録があり、身長と目の色を聞かれました。

念のため、ドイツ語検定試験 Zertificat Deutsch / ZD の合格書を持っていったけど、コピーが既に送られてきているから必要ないって。
逆に Integrationskursドイツ語コース Deutschkurs 600時限
          + オリエンテーションコース Orientierungkurs 30時限) の受講証明書はある?」
と聞かれました。
私の受講したドイツ語コースは開始時期が何度も延期され、終了時期も何度も前倒しになり、実質350時限あったかどうか?
それにオリエンテーションコースなんてなかったさー まだ終了してないのか???
そんなわけで受講証明書なんてものは持ってませ~ん。(別に提出の必要はないってことだったけど)
 ※Integrationskurs受講必須の街もあれば、受講しなくても良い街もあり (うちの街は”受講する権利がある”と言われた)

今度は3年の滞在許可かな?って思っていたので、無期限ってのはちょっと驚き びっくり
滞在許可を5年(ドイツ人と婚姻関係がある場合は3年)持っており、
定期的な収入があって生活が保障されていれば 、基本的に永住許可を受けることができるそうですが。
 ※役所の担当者などの判断でこの年数などは違うのはドイツでは常識

そして eAT は郵送で送られてくるので、再度外国人局に来る必要ないって。 これはラッキー 音楽
と思っていたのに、何事もそんなスムーズに簡単に行かないのが、異国生活の常識(?)。
一カ月経っても何の連絡もない! そしてついに滞在許可 有効の gültig 最終日が来ちゃったでないのー
仕方がないので再び外国人局に行って、仮証明書 die Fiktionsbescheinigung を発行してもらうことになりました。
「普通なら今頃届いているはずなんだけど。
     連邦移民難民庁 das Bundesamt für Migration und Flüchtlinge の処理が遅れてるのよ。」

自分たちに落ち度はなかったとおっしゃりたかったのか?
この1ヶ月分の仮証明書の支払いが20ユーロだってさー ガマン
そんだけ時間がかかるなら前もって 「期限が切れる2カ月前に申請に来い」 って通知してくれればいいのにさーー ガマン
処理が遅くなればなるほど、収益UPじゃんかさーーー ガマン うぅー腹立たしい! でも文句は言えません。

そして仮証明書発行から10日以上過ぎて、封書が一通届きました。
書かれているのは 個人識別番号 / PIN(personal identification number) die Geheimnummer
                 PINロック解除コード / PUK(Personal Unlock Key) die Entsperrnummer
カードを受け取ったら、ここに書かれている5ケタのPIN番号から、各自6ケタの番号に変更するらしい。
で、 eAT 受け取りにまた外国人局へ行かないといけないって。 郵送されるんじゃなかったの???
  
    ↑ この仮証明書のために、余計に20ユーロの出費 ↑                     ↑ PINとPUKの知らせだけで、
                                                                カードは同封されていない ↑

パスポートと仮証明書を持って外国人局へ行き135ユーロ支払って、eAT がようやく手元に。
(余計な仮証明書があったから支払ったのは実質 135+20 = 155ユーロ  高っ!)
 あのー身長が間違ってるんですけどーーー (158cmなのに148cmになってるじゃん!)
        外国人局で修正は出来ないから、その間違ったカードを受け取って、と言われましたっ
   eAT には現住所が記載されているので、引っ越した時などは
        変更依頼をしないといけないらしいので(その都度6ユーロ(?)かかるみたい)、ついでの時に身長も変更してもらわないと。
そんで無期限の滞在許可証でもカード本体の使用は10年間に制限されているため、10年毎にカードを更新する必要があるらしい。
その都度写真を撮り直して、135ユーロ支払うのか?? 更新しなさい、って通知は届くのか??
昨年末ベルリンで無期限滞在許可を取得した方は、まだベルリンで eAT が導入されていないので(首都ベルリンなのに遅れてる?)
今まで通りパスポートにシールで貼られる許可証で、無料だったとか。 なんでこんなに地域差があるの?!
しかも今までは身分証明はパスポートだけでしたが、これからは 【パスポート + eAT + Zusatzblattという補足用紙 】 を携帯するように、って。
なんか全然嬉しくないんだけど。 ちなみに仮証明書は没収されました。何のために支払った20ユーロって感じ イヤミ

       この写真ではわかりにくいけど、カード表面(上)中央部にドーンと&裏面(下)の中央やや左に小さく
                               ↓ ホログラフィー Holografie で顔が浮かび上がっている

   
     ↑ 今までの滞在許可書          ↑ 新しい電子滞在許可証 eAT
                                  ↑ これからはこの3点セットを携帯せよ!とのお達し ↑
                                   ドイツでのダブル姓はZusatzblattに記載されている

無期限滞在許可を得たのに、これからも外国人局には行かないとイケナイんですね...
外国人局のWさんは義援金のちらしを市役所に置いてほしいと依頼した時などはとても親身になってくれてイイ人なんだけど
早口でまくしたてられると怒っているようでマジ怖くって...  ドイツ人の暖かさ ご参照
ルーマニア人の友達は ドイツ 国籍 die Staatsangehörigkeit / Nationalität 取得申請時に
     このWさんに 「諌止 (思いとどまるように忠告 das Abraten ) され、喧嘩になった イヤミ って怒ってました。
私なんて、何も悪いことしてないのに、ついつい謝ってしまいそうになりますわ。

ちなみにお隣の国・フランスでは移民管理は警察の管轄なので、滞在許可に関する手続きは警察に(何度も?)足を運ぶことになるらしいです。

広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。