ドイツ友

2012年1月11日

アジア食材_3

日本帰国時に和食を堪能し、大量に日本食材をドイツに持ち帰ってきましたが
生もの das Frisches 系は購入が必要になってきましたー で、アジアンショップで買い物です 。

出来ることなら 日本製品 japanisches Produkt だけを購入したいけど、日本から来た製品は超高いから、アジア製品も買わないと~
 ↓ ドイツ発祥のクノールですが、これはタイ製の ブイヨン die Bouillon / Brühe。 トム・ヤムクン味もあります。
                     ↓ 台湾製のお餅。 独特な匂いがいただけませんでした... 困った 残念!
    
              ↑ いつも購入する春巻きの皮       ↑ 冷凍ふかし芋でスィートポテト ↑        
                シンガポール製品              ベトナム製品     
 
       
                       ↑ 韓国製のうどんは日本のものに近いので使える ↑   ↑ キムチはもちろん韓国製 

旦那が 買い物かご der Einkaufskorb に入れた、
     中国製の乾燥 クコ実(枸杞子) die Bocksdornbeereナツメ die Chinesische Jujube
単につまむだけだと美味しくないので、焼酎でクコ酒&ラムでナツメ酒にしました。
     両方とも生薬に使われるので、ただアルコールを飲むよりは良いかも?!
   

↓ ここからは日本製品。
 日本では有名でない(大手じゃないから覚えてない?それても単に海外向けの会社? )日本メーカーの商品も多くあります。
 もちろんお値段は他国の製品に比べて 割高 verhältnismäßig hoher Preis です。 ユーロ安、どうにかならんか?!
      

私の 至福 die Seligkeit の時” は納豆ご飯を食べてる時。 マジ幸せ~ LOVE 日本では何も感動ない日常の1シーンですけどね。
たいてい、1人で昼食を食べる時に、あつあつご飯にかけていただいてます!
(旦那も納豆食べられるけど、「めっちゃ食べたいぃー」ってわけではないから、私独り占めっす)
こっちで(おかめ)納豆を買うと、冷凍されていて賞味期限もいったいいつなのかわからないもので1パック1ユーロくらいです。
                                          この4個入りパックは4ユーロ弱なり~ ↓ 円高の影響で更に高くなる?
  
↑ 旦那が必ず買いたがるのカルピス商品、いちおうJAPANと記載 ↑   ↑ 日本製っぽくないけど、日本製の餃子の皮
 このラクトソーダは日本で売られていないみたい               他の国の製品より当然割高

広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。