ドイツ友

2012年5月15日

キッチン

Filed under: ●ドイツ文化 die deutsche Kultur — ドイツ友 @ 12:04


以前住んでいた住宅は レンジ der Herd (上が調理器、下が オーブン der Backofen)が付いていたけど、
今の住宅は備え付けのものは何もなし。
レンジを購入するまでの間(約3週間)の調理は 電子レンジ die Mikrowelle のみでしたっ
      
 ↑ 日本の100均で買った   ↑ レンジで作った肉じゃがもどき
   レンジ用グッズが活躍     鍋で煮た物には及ばない…

メーカー der Herstellerブランド die Marke や型を選べなければ安価なものも出回ってるけど、
ドイツのメーカーでコンロがフラットのものがイイ! そうなるとけっこう高いんだよな... 
システムキッチン一式で注文しちゃった方がお得な気もしてきたけど、既に流し台や棚はあるし 困った
ネットや家電ショップで特価品はないかいなー、としばらく検索の日々でした。

電磁調理器 / IH調理器 das Induktionskochfeld とオーブンが一体の普通のレンジを買おうと思っていたのですが、
うちのドイツ人が  「Einbauherd (調理器とオーブンがそれぞれ作業台や収納棚に組み込む) にしよう!
           天板を買って、この棚とHerdの上に乗せれば調理スペースが広く使えるさっ」
と言い出しました。
オーブン用の収納棚も自分で作るし、天板に調理器をはめ込む穴も自分で開けると。 そこでAEGEinbauherdを購入することに。

オーブンはどのように収納するのかを キッチンスタジオ das Küchestudio に見に行くとそれ用の収納棚だけも買えると。
値段を聞くと300ユーロ弱(天板は別)。 高い!!
その足で近くの家具屋に寄ったら、約70ユーロだってー。 これは買いですわ。
そしてホームセンターで天板を購入。 希望の長さに切断してもらいました。
で、 「天板に穴を開けるのに必要 爆笑 と言って ジグソー die Stichsäge とやらまで購入。
うむ、これを口実にまたおもちゃを増やしたぞっ (最初に買いたがったより高価なBoschは品切れでWORXの物を購入)
      
 ↑ キッチンスタジオは    ↑ 家具屋のキッチンコーナーは安価がメイン? ↑
   素敵な物ばかり(高価!)

    
 ↑ 購入したAEGのEinbauherd      ↑ 取説は毎度のことだが多言語 ↑        ↑ オーブン取付に関する
                            【A】は電力消費量が一番良い          注意書のみ日本語あり


 ↑ 購入した棚に    ↑ 天板に穴を開けた   ↑ オーブンと電磁調理器を設置   ↑ 料理は快適に~ペロリ
  天板を乗せてみた

   
     ↑ 穴あけドリル                   ↑ 購入したジグソーの出番 ↑

広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。