ドイツ友

2012年6月4日

ドイツの網戸

まだ die Stechmücke が気になる季節ではないけれど、   
ポプラ die Pappel の綿毛が風に乗ってガンガン飛んでくるので 網戸 das Fliegengitter をつけることに。
この季節、桜吹雪のように ニセアカシア Gewöhnliche Robinie / Falsche Akazie の花びらも飛びまくっています。
 
 ↑ ポプラの綿毛はアレルギー鼻炎の原因にもなっている ↑         ↑ リビングからニセアカシアの木々が見える ↑
                                   

日本の窓には網戸用の サッシ der Metall-Fensterrahmen もありますが、ドイツの窓にはそのようなサッシはありません。
そもそも引き戸じゃないですから。
網戸で一番メジャーなのは、窓枠に合うサイズに切ったネットを専用の両面テープで直接貼り付けるだけの簡易なもの。
今の住まいの窓は木枠なので、前の住民達が残した両面テープ跡が汚く残っておりますわ。
 
       ↑ 窓枠にネットを張った状態 ↑            ↑ 専用の両面テープ         ↑ 蠅たたきは日本と同じ ↑

リビング das Wohnzimmer 用に開閉できるタイプのものを探しにホームセンターに。
ドア式(Tür-System)、カーテン式(Lamellen-Vorhang)もあったけど、狭いベランダを有効に使うため、
   お値段は一番高いけど引っ張って網戸を出す&引き込んで仕舞えるロール式(Rollo Tür)のものを購入。
ササッと設置、なんてことは出来ず窓の大きさに合わせて金属部品も各自で切断(← ドイツっぽい!)したり、
窓枠に穴を開けてしっかり取り付けるなど、なかなか複雑。
← この網戸を仕舞う時は自動的に引き込まれるけど、引っ張り出すのにはけっこうな力が必要です。
       
↑ リビング用に購入   ↑ 切断した金属パーツ類

 
 ↑ このようなタイプの網戸が売られている(各自、各窓や各ドアの大きさに合わせて加工が必要)  ↑ 網は白、黒、茶

南国のリゾートホテルのようなベット上に吊るす 蚊帳 das Moskitonetz も売られてました!

広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。