ドイツ友

2012年7月9日

ワールドミュージックフェスティバル2012_1

Filed under: ●祝祭 das Fest — ドイツ友 @ 09:09

一昨年同様、今年も ルドルシュタット Rudolstadt で開催されていた Folk-Roots-Weltmusik-Festival に行ってきました。
毎年7月初めの週末に開かれる”ドイツ最大のワールドフォークミュージックフェスティバル”です。

チケットは 一日券 die Tageskarte定期券(3日間券=木曜夜~日曜夜)die Dauerkarte
           特別なコンサートだけの券などがあり地元民と他から来た人は値段が違います。 
チケットはリボンの アームバンド das Armband と交換して、金具でしっかりを手首に固定してもらいます。

今年重点が置かれていたのは 中国 Chinaコンサーティーナ die Konzertinaストリートダンス Strassentänze
 ※コンサーティーナ : 欧米の民俗音楽などで使われる、正六角形または正八角形のアコーディオン族に属する小型のフリーリード楽器
アジア人(中国人)がいっぱい来てるかな?と思ったけど、ほんの数名(関係者?)しか見かけませんでしたね~

マルクト広場の 舞台 die Bühne のオープニングは地元のダンスサークルによる踊り。 旦那の友達の姪っ子達も出場しました。
中国をイメージした衣装と音楽のようだけど、 「その格好は忍者だぞ」 だったり、途中 「イチ・ニー・サン・シー」 って掛け声が。
オイオイ、それは日本&日本語だよ 困った 私達夫婦以外は 何の疑問もなかったことでしょう。
 IMG_7166 IMG_7227
 ↑ 紙のチケットはアームバンドと交換 ↑   ↑ これもストリートダンス?                     ↑ コンサーティーナ

地元のダンスサークル ↓

            ↑ 友達の姪っ子達も出演 ↑                    ↑ 子供は可愛く、大人はアクロバティックに ↑
中国から ↓

 ↑ かなり賑やかな歌           ↑ 典型的な中国音楽    笙の原型を思わせる楽器 ↑  ↑ 山岳部っぽい雰囲気の踊り 
  ちょっと沖縄音楽に似てた

お城(城塞) die Burg も会場のひとつ。
Burgの舞台で、金曜日の23時から チベット&インドの 修道士 / 僧侶 der Mönch による仏教音楽(?)の演奏があるということなので
30分くらい前から待機していたのだけど(もちろん食しながら)23時30分になっても始まらず。
かなーり後ろ髪引かれながらそれ以上は待たずに別の公園に移動しちゃいました。
マイクテストで聴こえてきた歌はお経に似ていて、心が洗われるような感じだったので聴きたかったけど~
 
↑ マルクト広場から見る城塞(中央) ↑ この舞台で仏教音楽が演奏された    ↑ 城塞から見る街   お尻丸出しの女の子発見 ↑
                                                                パンツくらい穿かせてよー

広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。