ドイツ友

2012年7月29日

湖上花火

Filed under: ●祝祭 das Fest — ドイツ友 @ 12:12

以前住んでいた住宅では、玄関前に 郵便受け der Briefkasten がありました。
 ※「郵便受け」も「郵便ポスト」もドイツ語は同じ Briefkasten
不要な 広告 die Werbung もよく投函されており、
          長期不在時はご近所さんにまめに抜き取ってもらってました。

今の住宅の郵便受けは玄関ドアの中。
郵便局の人は共通の鍵をもっているので、中まで入って各郵便受けに郵便物を入れていきます。
無駄な広告はいらないけど、無料の 地方紙 die Lokalzeitung
スーパーの広告がポストに入らないのはちょっとつまらんなぁ~、と思っていたのですが
うちの住宅では一番下の階の階段に直に地方紙や広告が置かれて
← こんな感じに”自由にお持ちください”状態になっています。

地方紙で最も当てにしてるのは イベント die Veranstaltung / das Fest 情報。
昨晩の ”Goitzsche in Flammen” という 花火大会 das Großfeuerwerk (?)も紙上で見つけました。

グローセルゴイッチェ湖 Großer Goitzschesee の湖上で打ち上げられます。
この湖は 人造湖 künstlicher See / der Stausee で、
かつては 露天採鉱 der Tagebau褐炭 die Braunkohle採掘 der Abbau されてました。
 ※褐炭 : 石炭の中でも石炭化度が低く、水分や不純物の多い、最も低品位  ※露天掘鉱山は、採掘終了後は人造湖になる

日本で花火大会と言えば夏の風物詩だけど、ドイツでは秋や冬が多いです。
私の地元の花火大会は1万発、2時間以上続く(19時過ぎ~21時近く)まさに”大会”ですが、ドイツでは”大会”とは言えない短時間。
そして日本人がちょっと驚くのはその時間。22時過ぎ、多くは23時にあがります。
この ”Goitzsche in Flammen””Synchronfeuerwerk(シンクロ花火) も23時始まりでした。遅いっ!

駐車料金3ユーロを支払って、いざ 湖畔 das Seeufer へ。 既に多くの人が”花火”を心待ちにしてました。
23時になったところで一発花火があがり、いよいよ”花火っ!”と期待したら、音楽が流れるだけ。
その曲が終わったら子供向けの物語の語りが始まり、今度は緑の レーザー光線 der Laserstrahl と共に別の音楽が流れ...
それの繰り返しで23時30分を過ぎましたっ! 
だんだん子供たちも退屈し始めた頃に今度は3発の花火が上がり、またレーザー光線と音楽。
旦那は 「もし一人で来てたらとっくに家に戻ってたよ(苦笑)」 って。 たしかにそんな感じ。
23時40分くらいで 湖上に auf dem See 浮かんでいる船からの赤い線香でようやく”花火”開始。 
空と 水面 die Wasseroberfläche に同時に輝く花火はかなり素敵でした。(← だから”シンクロ花火”というのね) 
来年は23時30分過ぎに湖畔に着くようにしようっと 爆笑
 Wasserspiegel は主に 地下水 Grundwasser の水面について使用 → 川の水位が上がった時などの水面など

 ↑ 湖畔の建物はライトアップされて綺麗        ↑ 花火自体はすごく良かった ↑

広告

1件のコメント »

  1. […] もっと人がいっぱいかと思っていたけど、全然じゃん。 湖上花火の時は有料(5ユーロ)だった駐車スペースも空いていて無料。 […]

    ピンバック by 湖水浴_2 | ドイツ友 — 2013年8月6日 @ 08:54


RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。