ドイツ友

2012年8月9日

ドイツの改札

Filed under: ●ドイツ文化 die deutsche Kultur — ドイツ友 @ 19:46

ドイツの鉄道には 改札口 die Fahrkartenkontrollsperre がありませんが、
乗車券 die Fahrkarte / der Fahrschein はちゃんと持っていないといけません。
そして切符を買ったからといって安心するのはまだ早い!
← このようなホームに置かれた機械で日時を刻印しないとその乗車券は有効になりませぬ。

車掌 der Schaffner / die Schaffnerin
検札 die Fahrkartenkontrolle に来た時に 不正乗車 das Schwarzfahren がばれると
かなりの額の 罰金 die Geldstrafe を支払うことになっちゃいます。
「急いでいたから切符を買えなかった」 とか
        「慌てて刻印を忘れた」 などの言い訳は通用しないらしいです、ドイツでは。

ICE(InterCityExpress、超特急列車)IC(InterCity、特急)など長距離列車ではほぼ100%検札されます。
今利用している RE(RegionalExpress、快速列車)RB(RegionalBahn、普通列車) は75%くらいの確率かな。

← 電車とホームの間はけっこう開いている

               ↑ 座席の上に網棚はないが          ↑ 子供席がある        ↑ REやRBの1等に
                  時々座席間に荷物置場があったりする                    乗っているひとは稀

REにもRBにもトイレがあり、短い距離なのにけっこう利用者がいますよ~
ちなみに検札時の車掌さんはとても親切で感じが良いです。 (自分担当の車両以外の乗客には不親切なことがあるがー)

広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。