ドイツ友

2012年8月31日

日本のケーキ?

Filed under: ●レシピ das Rezept — ドイツ友 @ 09:34

先日旦那の同僚から”日本のケーキ(japanischer Kuchen)が食べたい”というリクエストがありました。
「明後日持っていきたいから明日12人分作れる?」という急な依頼だったので、材料 Zutaten は家にある&この街で買えるもの限定。
うーむ、”japanischer Kuchen”って何だ?
思いっきり 和菓子 japanische Süßigkeiten だとドイツ人の口に合うかわからないし、今からじゃ材料が揃わん!

そこで作ったのが 『抹茶&餡子の3色パウンドケーキ』 とスプライトを使って 黒糖蒸しパンを作りました。
餡子 süße Bohnenpaste は先日作って冷凍していたのがあったけど、黒砂糖 brauner Zucker は残りわずか。
大きめのスーパーで探したけど売ってなかったので、仕方がないので不足分は 甘蔗糖 der Rohrzucker で代用。
そして風味を増すために 胡桃 die Walnuss を入れました。
ドイツで黒糖は一般的ではないんですよねー アジアンショップで買える場合もあるけど。 ※砂糖について → 甘味料
 
↑ 今回作った『黒糖胡桃蒸しパン』  ↑ 旦那の誕生日に作った      ↑ 日本で食べた最中とどら焼き、ザ・和菓子? ↑
                         抹茶アイス、芋ようかん、抹茶ういろう

★抹茶&餡子の3色パウンド
 ●バター die Butter 100g   ●砂糖 der Zucker 砂糖 100g
 ●卵 das Ei 2個   ●薄力粉 das Weizenmehl Typ 405 120g
 ●アーモンドプードル die gemahlene Mandeln 30g   ●粉末抹茶 das matchapulver 大匙1
 ●餡子 süße Bohnenpaste / Adzukibohnenpaste 100g

   ① 室温に戻したバターと砂糖をよく混ぜてクリーム状にする
   ② ①に溶いた卵を少しずつ加えてよく混ぜる
   ③ ②に(漉した)薄力粉とアーモンドプードルを加えて混ぜる
   ④ ざっくり3等分にし、抹茶と餡子と混ぜ3色の生地を作る

 
   ⑤ クッキングシートを敷いたパウンド型に餡子の生地を均等に流し入れる     ⑥ ⑤の上にそのままの生地を均等に流し入れる
   ⑦ ⑥の上に抹茶の生地を流しいれる     ⑧ 180℃のオーブンで焼く40分焼く

パウンドはドイツ人向きにちょっと甘めに。 予想に反して蒸しパンの方が好評だったようです。
(抹茶も餡子も知らない人ばかりだからか単なるパウンドと思われたか?)

広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。