ドイツ友

2012年12月27日

ドイツの温泉_5

Filed under: ●ドイツ文化 die deutsche Kultur — ドイツ友 @ 09:18

今年も Bad Saarow Therme へ行ってきました!
 ※Bad Saarowについて詳しくは一昨年分をご参照 → ドイツの温泉_3

今回はYちゃんも一緒に。 日本よりも水圧の強い迫力アトラクション(?)を楽しんでくれましたっ 爆笑
基本的に 水温 die Wassertemperatur は低いのだけど、一部ドイツ人には少々熱め
     (日本人にはもうちょっと熱くて良い)な箇所が屋内外にあり、日本の温泉気分も味わえましたよん。

IMG_0821 IMG_0810 IMG_0822

IMG_0834 IMG_0837 IMG_0839
                                     ↑ 外は雪 駐車場もけっこうな積雪 ↑

広告

2012年12月25日

実用品が一番

Filed under: ●祝祭 das Fest — ドイツ友 @ 10:15

hiragi2 メリー·クリスマス Fröhliche Weihnachten! / Frohe Weihnachten! x-bell1

先々週までのマイナス気温&雪降りの日々から一転して、ドイツは温かい クリスマス das Weihnachten / Weihnachtsfest です。
昨晩のニュースで何度も見たけど、ミュンヘンは20℃もあったそうで... もう夏か?!

今年の クリスマスプレゼント Weihnachtsgeschenk は早々に
          「ドイツの 圧力鍋 der Schnellkochtopf が欲しいプレゼント とお願いしていました。
昨年のようなことがありますからねー ※2011年のクリスマスプレゼントについて → クリプレの行方
私からはハンブルクのクリスマスマーケットで買った羊さんのマフラー der Schal手袋 der Handschuh
12月6日のニコラウスの日に書斎の机の上に置いておきましたよ。 ↑ 安上がり!
翌朝それと交換するかのように既に届いていた シリット社 Silit の圧力鍋をget! 実用品が一番じゃ爆笑
お誕生日プレゼント das Geburtstagsgeschenk もホットプレート(もどき、卓上で鉄板焼きが出来るらしい)をお願いしようと計画中!
IMG_1011 IMG_1010 IMG_0556 
  ↑ ただ今使いまくってる圧力鍋!        ↑ 旦那へのプレゼント 顔が丸い可愛い羊さん(左)を選んだ ↑
                                    「モコモコやん!」 by マチコ(旦那のお気に入り)

↓ クリスマスマーケットで過去見つけて気になっていた木の der Korb
  今年はライプチヒで見つけたので買っちゃいました(29ユーロ)。 使わない時は板状になるので、収納に場所を取らないのが良いですよ。
  (本当は贈り物として後日追加購入しようと思ったのだけど、土台となる部分が少々不具合有だったのでやめました)
IMG_0988IMG_0989  IMG_9867
                ↑ 果物を入れるのにちょうど良い ↑              この時期はクリスマス柄がいっぱい ↑
                                                       来年の日本行き分として購入!

ドイツのクリスマスの飾りと言えば、ド派手な物ではなく、出窓に飾る木の置物が定番。
暗くなるとあちこちで優しい暖かな灯りが心を和ませてくれます LOVE
IMG_0689 IMG_0010 IMG_1070 IMG_1086
  ↑ 本物の高価な手作り品は更に素敵      ↑ 我が家は雪だるまの灯り  昨年のOmaからのプレゼントの完成版 ↑
                                                ↑ 芳香剤のおまけのトナカイ

↓ eBayの送り主(知らない人)からの荷物の箱にメッセージが! けっこう嬉しいものです。
 日本の友達が送ってくれた クリスマスカード die Weihnachtskarte も飾ってます。
IMG_1073 IMG_1085 IMG_1081
                                ↑ ところどころに和風が!  ↑ 私の大好きな太田朋さんのカード

IMG_9776 IMG_0991 IMG_0992 img_1326
 ↑ 地ビールもチョコもクリスマスバージョン ↑   ↑ バウムクーヘン       ↑ 今年も食べまくった シュトレン Stollen 
                                 Baumkuchen もクリスマス(冬)に食べるらしい

2012年12月23日

クリスマスツリー

Filed under: ●祝祭 das Fest — ドイツ友 @ 10:35

クリスマスツリー der Weihnachtsbaum / Tannenbaum の発祥地はフライブルク、ワイマール、
          ストラスブール(現フランス、旧ドイツ領)など諸説あるようですが、ドイツ生まれで間違いないようですね。

ツリーを飾る期間は ”アドベント / 待降節 / 降臨節 der Advent / die Adventszeit 開始から
                    公現祭 / 顕現日 das Fest der Erscheinung des Herrn まで” のよう。
 ※アドベント : 11月30日の「聖アンデレの日」に最も近い日曜日からクリスマスイブまでの約4週間
   公現祭 :1月6日、イエス・キリストの顕現を記念する祝日

モミの木 die Tannen が一般的だけど、他には ドイツトウヒ die Fichte など 針葉樹 der Nadelbaum
クリスマスツリーとして使われています。 ドイツ国内だけでなく、デンマーク Dänemark から大量に輸入されているよう。
私とYちゃんがハンブルクに行っている間に「クリスマスツリーを買っちゃおう!」 と旦那は張り切ってましたが、
「それはダーメ Nein!Nein!イヤミ とNG出しましたよ。 ミニミニサイズなら良いけどさ~
我が家では ポインセチア der Weihnachtsstern で充分さっ

IMG_0444 IMG_0550 IMG_0576  IMG_0443
↑ ハンブルク旧市庁舎                      ↑ ベルリン中央駅       ↑ アドベントクランツ
                                                        アドベントの日曜日毎に蠟燭に火を灯す

IMG_0510 IMG_0932 IMG_0759   turi
 ↑ クリスマスマーケットにもツリーは欠かせない ↑     ↑ 町のお花屋さんでもツリーは買える

  IMG_0601 IMG_0621 IMG_8811 IMG_0657
              ↑ 天然のクリスマスツリーは更に風情がある in テューリンゲン州の森 ↑

 ↓ 装飾グッズもいろいろ~
IMG_0642 IMG_0644 IMG_0675 IMG_0676 IMG_8776

2012年12月21日

ドイツで歯列矯正_14

Filed under: ●歯列矯正 die Kieferorthopädie — ドイツ友 @ 14:04

十五回目の調整は11月初旬。
下顎 der Unterkiefer はもう 完璧 perfekt (と長いこと言われ続けている) なので、パワーチェーンを外しただけ。
しかーし 上顎 der Oberkiefer はまだ少し 隙間 die Lücke があるため
新たにパワーチェーンや細い ワイヤー der Draht をつけるなど、少々複雑な調整。
そして 「Juni には全てが in Ordnung!」 と先生から信じられない言葉がっ
”たしか今Juni(6月)って言ったよね? 聞き間違い?? 6月には全てが正常???考え中
クリスマス前までに終了と思っていたのにーーー
6月まではかからないだろうけど、まだ数カ月は必要だってさー これはかなりショックです。
歯科助手 die Zahnarzthelferin さんいわく 「Dr.Sは超完璧主義だから」 って。
まぁ超完璧にしていただけるのは有難いことですが、
        あと数か月 ブラケット / 歯列矯正器 die Zahnspange が続くかと思うと気が重過ぎる...
(私以上になぜか旦那の方が落胆しておりました 悲しい
IMG_0775
十六回目の調整は12月中旬。この日が終了日のはずではなかったか?!
また歯型を取るということなので、ワイヤーやチェーンを外して
          チョコバナナ味(?)のペースト状象材がたっぷり付いたプラスチック材を口の中に。
これ大人としては一番小さい物を入れてくれてるようなのだけど、私の口(顎)には大きい!
← 毎回入れる時と外す時は顎がかなり辛いです。
(ドイツ人は顔は小さいけど、口は大きいってことかい?)

下顎は新しいワイヤーを入れたのみだけど、上顎は前回以上にかなり複雑に調整。
安全な / 確実な sicher ように青いワイヤーも一部使われました。
IMG_0792                             (青いワイヤーは取れても問題ないらしい)
そして 口蓋 der Gaumen 部にパタラルバー が復活。 ”ほんの後もう少し”という時期にパタラルバー?
口蓋は ”発音(調音)上、重要な器官” とWikipediaにある通り、これがあるとしゃべりにくい。
超舌っ足らず状態にまたしてもなっております... そして食べ物がひっかかる。
夏ではなく春までに終わることを願いつつ、もう少し我慢の子ですわ。
← こんな物が口蓋に!


IMG_0762 IMG_0766 IMG_0768
      ↑ 1826~27に建てられた13棟のロシア人入植地 ↑        雪降りで観光客がまばらなサンスーシー宮殿入口 ↑
         Russische Kolonie / Alexandrowka

IMG_0795 IMG_0803 IMG_0801   ha_buta11
 ↑ 歯医者の後はクリスマスマーケット in ポツダム  
   調整直後なら焼きソーセージ&パンは普通に食べられる(翌日・翌々日は少々キツイ) ↑

ちなみに隙間がなかなか埋まらない左上部はもともと歯並びが良かったのに
八重歯があるなどガタガタの右側に合わせるための抜歯で歯一本分が抜けたような状態からスタート。
更に上部は調整に技術を要し、時間のかかるという舌側矯正を選択。
そして昨夏は急な日本帰国・長期滞在などで予定通りに調整できなかったことが矯正期間の延長につながったと思われます。

      - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

     Star 最初の訪問から約2年6カ月、矯正開始から約2年1カ月で支払った額 : 5,901.80EUR
        ※日本同様、基本的に保険は効かないので全て自腹です

Older Posts »

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.