ドイツ友

2013年1月1日

和のお正月

i20120521-2452013年も宜しくお付き合いください!!

ドイツの年末年始は面白いテレビ番組もないし、大晦日 der Silvester はベルリンなど大都市に行けば
素敵な 年越し die Verabschiedung des alten Jahres も出来るけど、
一般的な街では 打ち上げ花火 das Raketenfeuerwerk が1時過ぎまでうるさいだけ。
日本の方がはるかに味わいあって良いですわー 
 ※ベルリンでの年越しについて → 年越し花火2010-2011 、年越し花火について → 年越し花火2011-2012
IMG_1217
そんなこんなで我が家は思いっきり和風の年末年始です。(とはいえ明日からドイツは平日)
日本時間 japanische Zeit (ドイツは16時)で 「おめでとう!」 を言い合い、
それから私は紅白歌合戦をネットで見て。 そして元日はお節に日本酒。

← 今年用意した お節料理 traditionelle japanische Neujahrsgerichte はこんな感じ。
  お重に入れたのは。。。 der Lachs の昆布巻き
  七面鳥 die Pute ロール(人参、赤パプリカ、白菜)、田作り(食べる小魚を水飴と醤油で味付)、
  海老 die Garnele の甘煮(お頭付きが買えなかったので、単なる皮つき海老)、
  伊達巻(卵と日本で買ってきたチーカマをフードプロフェッサーにかけ焼いて巻いた)、
  紅白かまぼこ(Yちゃんが持って来てくれた鈴廣かまぼこを冷凍解凍)、プラム2種。
それとお雑煮(我が家は大根、ごぼう、鶏肉、青みとして小松菜が欲しいところだけどないのでホウレン草、Yちゃんが持ってきてくれた切り餅)と
筑前煮(干しいたけ、鶏肉、人参、スナックエンドウ、硬くて小さいジャガイモ、友達が送ってくれた高野豆腐、日本から買って持ってきたコンニャク)。
どれも日本の本格的なお節とは違う材料だったり、”もどき”感がありますが 恥ずかしい

 
        ●伊達巻 : 巻物に似た形から文化・学問・教養を持つことを願う縁起物
        ●紅白かまぼこ : 形状が初日の出の形に似ていることから用いられ、赤色は魔除け、白色は清浄を意味している
        ●昆布巻き : 「喜ぶ」の語呂合わせ、また伊達巻と同じく巻物に似た形から文化・学問を象徴する意味を持つ
        ●田作り : 五穀豊穣を願ったもの
        ●海老(焼き物) : ひげが長く腰が曲がっている姿から長寿を祈願した縁起物

IMG_1218 IMG_1219 IMG_1220
  ↑ ミスドのお重箱はかなり重宝!       ↑ レンコン、里芋があれば...    ↑ 小松菜、そして日本のゴボウが欲しい...
IMG_1216 IMG_1212 IMG_1215   i20120518-230
↑ 左:金柑っぽい、右:梅っぽいので  ↑ 新年用に買った果物たち   ↑ チョコレート菓子がいっぱい!
  お重に入れてみた(両方ともプラムのコンポート)              チョコきちの私はホクホクの年越し

広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。