ドイツ友

2013年1月10日

列車の静寂区域

Filed under: ●ドイツ文化 die deutsche Kultur — ドイツ友 @ 10:13

先月久々に ICE(InterCityExpress、超特急列車)に乗りました。 ドイツ語の発音は ”イーツェーエー” です。
以前はちょくちょく利用していたのだけど、結婚後は車移動ばかり。 (旦那は出張で時々ICEに乗ることもあるが、基本”反DB”でして...)

乗車券 die Fahrkarte / der Fahrschein はインターネットで購入。
3週間以上前に予約したので、半額近い値段で買えましたよ。 ※事前予約以外の割引について → ドイツ鉄道の割引

  1等車両 ErsteKlasse or 2等車両 ZweiteKlasse
  ●指定席 reservierter Sitz / Platz or 自由席 nicht reservierter Sitz / Platz

  座席を指定する場合は以下の項目を選択 ↓
   お任せ beliebig開放座席 der Großraumテーブル付き開放座席 der Großraum mit Tisch
   コンパートメント das Abteil窓側 das Fenster通路側 der Gang
   携帯使用可能区域 der Handybereich静寂区域 der Ruhebereich

日本の新幹線のように、[指定席 車両 der Wagen ]や [自由席車両] という区別はなく
車両内で指定席と自由席が混在しています。 個々の表示をチェックしましょう!
大抵の場合、予約されている区間が Berlin – Hamburg のように表示されています。
その場合は何も表示されていない座席は自由席で、予約されている席も表示区間以外は自由に座れます。
コンパートメントでは ggf. freigeben(必要があれば共有する?)】 という表示が自由席。
Begl. Rollstuhl(車椅子 Begl.= Begleiter 付き添いの方)】Schwerbehinderte(重度障害者)】
                    表示されている席も満席で対象者がいない場合は座ることが出来ます。

ドイツには改札がないけれど、ICE内では必ず車内 検札 die Fahrkartenkontrolle があります。
車掌 der Schaffner が来たら、印刷したオンラインチケットと支払に使ったクレジットカードを提示します。
(クレジットカードはカードリーダーに通してから戻してくれる)

IMG_0565 IMG_0559 sitz
                               ↑ これらの表示で指定席、自由席、優先席かを判断 ↑

IMG_0113 IMG_0115 IMG_0114 norimono_01_r10_c9
   ↑ コンパートメント 空いていれば貸切状態になり快適 ↑       ↑ トイレは日本の新幹線並みの清潔さ

往路 der Hinweg は直行で目的地ハンブルクまで行けるし、途中のベルリンで多くの人が降りるだろうと見越して自由席。
解放座席はほぼ埋まっていたけど、空いているコンパートメント席にうちの駅から座れました。

復路 der Rückweg は2つのICEを乗り継ぐし、移動の疲れもあるだろうから席を予約。
夕方ということもありホームには大勢の人。 指定席にして良かった!
予約した席にはおじさんが座っていましたが 「スミマセンがー」 とチケットを見せてどいてもらいました。
予定時刻に出発したけれど、ベルリンに着く15分くらい手前で突然停車。
何度か 「マシントラブルのため停車しています。復旧の見通しはたっておりません。」 とアナウンスが。
皆さん遅延には慣れっ子のようで、静かに座って待ってたけど、
30分以上経過し 代替輸送 der Ersatzverkehr になる可能性があります。」 と流れてからザワザワしだしました。
近くの駅まで線路上を歩き、バスで中央駅まで行くことになるのか?

旦那に次のICE(予約していたICEはとっくのとおに発車してる!)の時刻を調べてもらうために電話をしていると
周りの皆さんが席を立って、デッキ die Plattform に向かって歩きながら会話してるでないの~
ドイツの列車にでは皆さん 携帯電話 das Handy をがんがん使っているので、この車内でも問題ないと席に座りながら話しちゃったけれど
よく見たらその指定席は [静寂区域 Ruhebereich] でした。(← そのように予約してた!)
気づいてからは私もデッキで会話するように席を立ちました。 皆さんスミマセン!

結局約1時間遅れてそのICEはベルリン中央駅に到着。
旦那からの情報によると次にうちの街に停まるICEは ”1番線 Gleis 1 から出発” のはずなのに、地階の1番線に行っても行先表示が別の地。
上階に戻り、電光掲示板で確認すると確かに1番線。 そしてそのICEも15分遅れ。
ヨーロッパの中では一番まともなドイツ鉄道なのに、遅延 die Verspätung はほんと多いのだ~

また1番線に戻りしばらくすると目的の行先表示が正しいものに変更。 どうやら次のICEは最終目的地が2つあり、
東北&山形新幹線のように手前の駅で切り離しされるよう。 乗り間違えないようにせねば、と人でごった返すホームを移動。
せっかくベルリンからも指定席にしたのに、座れなかったら大損だな 悲しい と思っていたけど、なんとか空いている席を確保できました。
チケットを見せた時に何か言われるかな、と少々心配だったけど、
車掌さんは 「Danke schön!」 と笑顔。(← その列車の乗客には親切なDBの車掌)
単に片道2時間程度の小旅行だったけど、ICEのあらゆる面を見れたかも。
IMG_0558 IMG_0563 IMG_0580 IMG_0560
↑ ホームで指定車両がどの位置に停まるかチェックできる  ↑ Ruhebereichでは静かにしよう!↑     ↑ 満席でも静かな車内

↓ こちらは RB(RegionalBahn、普通列車) の車内。
 ボロボロの時もあるけど、こんなに立派なこともある。 RBはここまで整ってなくていいから、電車賃を安くしてほしいぞ!
IMG_0980 IMG_0978 IMG_0979
 ↑ 綺麗で超快適な時もある普通列車

広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。