ドイツ友

2013年2月3日

手術入院

Filed under: ●健康 die Gesundheit, ●出来事 das Ereignis — ドイツ友 @ 21:41

つい先日うちのドイツ人が入院してました。
男性1/4人が罹る 病気 die Krankheit になり、治療は 外科手術 die Operation しかないためでした。
朝6時半には病院に来ているように言われたというので、 「午前中手術だろうねー」 と私も早朝に一緒に家を出ました。
入院手続き Krankenhaus-Aufnahmeformalitäten を済ませ、指定の 病棟 die Krankenstation へ。
看護師さんに 病室 das Krankenzimmer に案内され、 「常用している薬はありますか?」などの簡単な質疑応答。
日本とほぼ同じような流れですね。

IMG_1431手術の予定は13時頃。 時間が早まる可能性もあるので、病室で待機しているようにって。
血圧 der Blutdruck を測ったり、担当医師2人が来て手術前の診察(7時半頃)があったりはしたけど
この待ち時間はかな~り長いぞー 12時過ぎに2種類の薬を飲むように言われ、徐々にネムネム状態に。
12時半に 手術室 der Operationssaal に出発する時は、ベットの上で気持ち良さそうに眠ってました。
病室待機の私はその姿を無言で見送り、散歩を兼ねて食糧調達でスーパーに行き、
後は病室と病棟端の団欒スペースで 『永遠の0』 を読んで時間潰し。
現状は全然悲観的ではないのだけど、涙が溢れてくる... さすがの感動作!

← まだ読んでない人はぜひ!お勧めの一作 Star

手術は1時間半程度らしいのだけど、その後は リカバリー室 der Aufwachraum
2時間 と聞いていたので、16時過ぎに 「そろそろかな?」 とエレベーター前で待ってると戻ってきました。
もう意識はちゃんとしてるっぽい。 トイレで立つ度に痛みが出て、ちょっとクラクラするみたいだけど一安心!
3~5日間入院と言われていたようですが、回復が早いからか手術の翌日退院できました!
「ヒマヒマヒマ」「ゴハンオイシクナイ」から早く自宅に戻りたいって訴えたのかも(笑)

IMG_1423 IMG_1400 IMG_1401
↑ 規模は小さめだけど              ↑ 3つベットが置ける部屋にベット2つとテーブル・椅子セット
  なかなか素敵なデザインの病院                       各病室には広めのトイレがついている ↑

IMG_1417 IMG_1433 IMG_1418   illust326_thumb
↑ 手術直前までPCいじり ↑ ナースステーション   ↑ ナースコールボタン(上の赤い部分)と
                                  テレビや電気のリモコンが一緒になっていた

幸いこの病気は手術によって 完治 die vollkommene Erholung
                    / vollkommene Wiederherstellung
するであろうものでしたが(そう願います!)
今回改めて考えたのは もしもの時 のこと。
「私が死んだ時は…」という話は時々していますが、旦那は 「わかった悲しい と悲しそうな顔をするだけで
自分の希望は何も言いません。 どうして欲しいのだろうか??? まぁたとえ一分でも私が先に逝くつもりでいるので良いか?!

広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。