ドイツ友

2013年4月28日

餅団子?

IMG_2829ドイツは現在 die Kirschblüte満開 volle Blüte
淡紅色の桜の花を見つけると嬉しくなりますな~
家の中も桜づくし。 生花 frische Blume は昨日空地(藪みたいなところ)から枝ごといただいてきたもの。
日本じゃ「器物損壊罪」だけど、ここはドイツですからOKでしょう 爆笑

IMG_2802木曜夜、日本の入浴剤を入れて温泉気分を満喫していたら、突然旦那がバスルームに来て
「今Dangoを作るビデオを見たんだけど、けっこう簡単に作れるんだね。
土曜日にDango作ろうよー」
って言ってきました。
日本で買ってきた上新粉も白玉粉も使い切った(次回の救援物資で依頼しようと思っていた)ので
「団子用の粉はもうないよ」 と答えると 「明日早く帰ってくるからライプチヒに買いに行こう!」 と。
どうやらめっちゃ作りたいらしい。
← そしてアジアショップで購入したのがタイ製の 米粉 das Reismehl
   ※左・上新粉(Rice flour、粘米粉) & 右・白玉粉(Glutinous rice flour、糯米粉)

旦那としては ”私が作る or 一緒に作る” つもりだったようだけど、せっかくなので彼一人で作ってもらいましょう!
ビデオ通りに上新粉と同量のお湯を加えると...柔らかすぎるぞ。 粉を追加したけど、団子というよりお餅のよう。
とりあえず竹串に刺して、たれ(みたらし)をかけて [ 餅団子 → Mongo ] (旦那が命名)が完成。
来週はちゃんどDangoを作る!とリベンジを誓っております。
IMG_2835 m_okasi05 IMG_2831IMG_2836
水、醤油、砂糖、片栗粉でたれ           上新粉にお湯(60℃)を注ぐ      ちぎって25分程蒸す
IMG_2837IMG_2838IMG_2840
 細長くひとつにまとめる         適当な大きさに切る            竹串に挿し、たれをかけ
                        (柔らかくて丸めることが出来ず)    みたらしMongoが完成!

IMG_2432日本では好んで食べることがなかった胡麻豆腐。
なぜか急に食べたくなったので、100均のミニすり鉢を使って作ってみました。
← 吉野葛を使用   すごーく健康に良さそうな味だわ。 また作ろうっと!


★葛粉で胡麻豆腐
 ●水 das Wasser 200cc   ●ごま der Sesam 25g
 ●葛粉 die Kuzustärke / das Pfeilwurzelmehl / das Knabenkrautmehl  25g

   ①ごまを擂る(→すりごまを使うと簡単)   ②鍋に水、くず粉、擂ったごまを入れて中火にかける
   ③とろみがついてきたら弱火にして木へらで混ぜ続ける ※火にかけてる時間は計10分程度
   ④水で濡らした容器に入れて、冷水で容器の底を冷やす
IMG_2436IMG_2441IMG_2442 IMG_2447
↑ すり胡麻、錬り胡麻が手に入らないので             葛粉使用なので冷蔵庫に      わさび醤油でいただく
  自分で作るしかない!                        入れず冷水で冷やす

beni IMG_2797 IMG_2799 IMG_1177 si_usagi208
↑ 実家の梅酢で       ↑ 白餡作りには少し塩味の               ↑ 餡子おはぎも日本では好まなかったけど
  紅しょうがを作ってる     白インゲン Weiße Bohne の水煮が便利 ↑    ドイツではたまに作る(日本では納豆おはぎにしてた)

広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。