ドイツ友

2013年5月29日

海外在住日本人に喜ばれる品々

日々増えていく 体重 das Körpergewicht と反比例して umgekehrt proportional (zu) 減っているのが
ドイツ語の 語彙 der Wortschatz。 基本的な会話も最近は忘れつつありまして…
(使わないから日本語も英語も確実にレベルダウンのトリプルパンチ)
さすがに 「これはヤバい! 困った と思って、最近はYouTubeでドイツのテレビ局で放送された
          日本に関する 番組 die Sendung を集中して繰り返し見るようにしました。
有難いことにけっこうな数の番組がUPされていますよ。
ドイツ語の勉強というより、日本文化の勉強になります。 まぁ何もしないよりはマシでしょう、たぶん。

その中でデュッセルドルフに住む日本人妻家族の食生活 Essgewohnheiten をとりあげた番組がありました。
うちと同じく和食中心のよう。 でも何かが違う? 使っている 食材 Zutaten が充実し過ぎじゃ!!!
 「日本の食材をドイツで見つけるのは困難ですか?
     Ist das schwierig, japanische Zutaten in Deutschland zu finden?

という質問に対して、奥さんは
 「ここデュッセルドルフでは、これらのスーパーマーケットでそんなに難しくないです。
  ここではほぼ全てを見つけられますよ。

     Hier in düsseldorf, bei diese Supermärkte, nicht so schwierig. Ja, man findet hier fast alles.
と。
その言葉通り、スーパーで日本風のほうれん草、生しめじや生エノキなどが買えるらしく、本物の鍋(?)パーティーをしてました。
お肉屋さんでは日本人用に[しゃぶしゃぶ用牛肉]、[焼き肉用牛肉]、[骨なし鶏もも肉]まで売られてる。 あぁー、夢のよう!
「デュッセルドルフはパラダイス?ほぼ日本じゃないの?びっくり
3パック約400円の冷凍のおかめ納豆、あるいは納豆の材料となる大豆を 交通費 Fahrtkosten 2000円かけて
IMG_3148     買いに行く私は思ってしまいましたさ。 (それでも以前住んでいた街よりははるかに状況は良くなった)
旦那にもこのビデオを見せて 「こことは違い過ぎる イヤミ と軽く抗議(← でも抗議したと思われてない)。
ちなみにハーフの息子さんはランドセルを背負って母手作りのお弁当を持って日本人学校へ~
約7000人も日本人が住んでいる、と番組内で言っていたけど、ちと多過ぎないか?

我が家は日本からの救援物資がないとやっていけませぬ。     
← こちらは先日届いた幼馴染Yちゃんからの救援物資(私のリクエスト+α)。
  荷物を開ける瞬間は異国生活で最高に嬉しい瞬間です。 超有難い!

”ほぼ何でも手に入る(?)”デュッセルドルフのような街でも海外で日本の物はお高い!
輸送費に 関税 der Zoll がかかっているのだから仕方がないけど。

そこで海外在住の日本人への お土産 das Souvenir / Geschenk プレゼント などに喜ばれそうな品々を勝手にご紹介。
(かなーり強い主観が入っておりますが。。。)

Star調味料
  基本的な 調味料 das Gewürz / die Würzsauce はアジアショップ等で購入可能だけど、高くて種類が少ない!
  キッコーマン醤油などドイツのスーパーでも買えるものも僅かにあるけど、そのほとんどが外国製。
  普段の料理だけでなく、ドイツ人や外国人向けに和食を作る機会も多いので、あればあるだけ助かるはず。
IMG_1716 IMG_1717 IMG_2234 IMG_3185 IMG_6568
↑ 美味しい日本のソース類   あると和食のバラエティーが増える田楽味噌 ↑            ↑ 外国人受けが良い日本のカレー
  この味に該当するソースはない!               和風ドレッシングは重宝する ↑   

Star出汁&乾物
  和食は 出汁 das Dashi が命!
  粉末でも液体でも 乾物 getrocknete Lebensmittel / das Dörren (贅沢!)でも喜ばれるはず。
  アジアショップで売られている他国の乾物類は質が悪いので、一級日本品は価値ありありです。
IMG_1710 IMG_2149 IMG_3181 IMG_3184

IMG_1726 IMG_1711 IMG_1725 IMG_2148 
↑ 良質な日本の干し椎茸と昆布は貴重     ↑ あると便利な鰹節、とろろ昆布、塩昆布 ↑

【和食 = Sushi】 と思われているので、巻き寿司を作る機会 → 海苔 der Meerlattich / das Seegras の出番は多い!
IMG_1723 IMG_2421 IMG_2151 IMG_1709 img_02611
 ↑ 良質な海苔は特別の日用 ↑            ↑ おにぎり用の海苔も必要 ↑         ↑ 便利なすしのこ    ↑ 美味しい油揚げは入手困難

Starご飯のおとも
  超美味な魚沼産コシヒカリではなく、イタリア米やカリフォルニア米を硬水(お米を炊くのに適さない!)で食すので、”ご飯のおとも” は何より。
IMG_1724 IMG_2145 IMG_2147 IMG_2146  onigi-takekawa 
↑ ふりかけは必須! 特に”ゆかり”はありがたい ↑    ↑ 梅やわさび味は和を感じられてとても良い ↑
 お弁当持参家族には小袋ふりかけがおすすめ

Star和菓子材料&
  ブラウンシュガーはあっても黒砂糖はない、ゼラチンはあっても寒天はない、米粉はあっても日本製ではないという場合がほとんど。
  他に小豆や大豆、きな粉なんかも日本製があるとかなり本格的な 和菓子 japanische Süßigkeiten が作れます。
IMG_1719 IMG_1720 IMG_1721    snack_a18   
         ↑ 和菓子作りにはやはり日本製の材料が一番! ↑

Starお菓子
  海外は甘いものと塩辛いものが多いので、ちょうど良いしょっぱさの日本の お煎餅 / 米菓 der Reis-Cracker は猛烈に恋しくなります。
  日本の お菓子 die Süßigkeit / Süßware は種類が豊富で季節や地域限定品もあって美味しくて楽しい!
IMG_2140 IMG_3180 IMG_3183 IMG_9588
  ↑ やめられない止まらない御煎餅                上質な甘さ代表の羊羹 ↑   ↑ 限定品代表キットカット
            海外で売られているライスクラッカーとは風味が違う ↑ 

Star麺類
  インスタントラーメンは普通のスーパーにも売られていており、アジアショップではうどんも蕎麦も買えます。
  が、これまた数が少ない(他のアジアの国の製品が多数を占める)。 賞味期限が許すなら、生麺(風)がお勧めです。
IMG_2247 IMG_1727 IMG_2142 IMG_1718     flour_a16
   ↑ 地域名産&生麺風は嬉しい 汁付きだと尚良い ↑   トッピング用にザーサイやメンマ ↑

Starインスタント飲料
  硬水の場合、日本の煎茶は本来の美味しい味が出せないので、他の飲み物の方が良いかも。
  お手軽に飲める和テイストのインスタント飲料がけっこう有難いですよ。
IMG_2143 IMG_3621 IMG_2417 IMG_2150 
↑ ドライ甘酒(上)はお勧め ↑ 抹茶系インスタントは便利 ↑ 和菓子にも使えるお抹茶 ↑ お茶なら麦茶が無難

Star生活便利グッズ&雑貨
  日本には安くて良質なグッズがいっぱい。 なくても良いけど、あると本当に便利です。
  日本のラップは超高品質! お子さんがいるご家庭ならキャラ弁グッズも喜ばれます。
IMG_1704 IMG_1705 IMG_9917 IMG_4394
 ↑ ラップのミニ、ミニミニサイズは日本ならでは   ↑ 捨て弁やキャラ弁グッズは日本でしか買えない(と思われる) ↑

広告

2013年5月26日

誰かがアカウントを?

Filed under: ●その他 und so weiter — ドイツ友 @ 15:39

昨晩 欧州チャンピオンズリーグ die UEFA Champions League のドイツ勢 決勝戦 das Finale が行われ、
FCバイエルン・ミュンヘン Bayern München
     ボルシア・ドルトムント BV Borussia 09 Dortmund を2-1で制し、12年ぶりに5回目の優勝!
会場となったロンドンはもちろん、両チームの地元ミュンヘン、ドルトムントだけでなく
ベルリンにも パブリックビューイング Public Viewing(← 該当するドイツ語はないみたい)が設置され
ドイツ国内で大いに盛り上がった、よう。 (日本大使館からテロ注意の緊急メールが届いた)

IMG_3152 IMG_3156 IMG_3164
                                      スタジオでの解説はお馴染みのオリバー・カーン ↑

うちのドイツ人は 「(金儲け主義の今の)サッカーは嫌い」「バイエルン(地方?)は好きじゃない」 ので端(はな)から見る気なし。
私は、高校時代の春・夏5回、準々決勝と準決勝の3日間は甲子園詰め(父と大阪のホテル2泊)、オリンピック開催期間は
   極力予定を入れない(勤務時は半休を有効活用)くらい根っからのスポーツ観戦好きなので、ちゃんとテレビはON!
バイエルンもドルトムントも応援チームじゃないけど、両 監督 der Trainer はけっこう好きなのよね~
 ※監督・・・サッカー指導者 Trainer、映画監督 die Regie / der Regisseur、プロテスタントの監督 der Bischof
特に今季限りで勇退する ユップ・ハインケス Josef “Jupp” Heynckes にめっちゃ愛着がLOVELOVELOVE
ドイツでも有名な ”雪の中温泉につかる ニホンザル der Japanmakak / Schneeaffe に見えて仕方がな~い。
旦那も同僚達にそのことを話したら、超うけた、って。 ↓ 赤い顔、目や瞼、中央に部位が寄った感じなんか似てますよね?
IMG_3158 IMG_3161 IMG_3170 
 ↑ 勇退後は「長野・地獄谷の家族のもとへ帰る(笑)」と旦那は言っている  新聞の日本旅行特集にはニホンザル ↑

じっくり試合を見たかったのに、メールをチェックしようとHotmailにサインインしたら          mon_a04
「だれかがあなたのアカウントを使っているようです」 って!!! 何ぃ~???
こりゃサッカー観戦どころじゃないですわ。
実は最近IDが悪用されているのでは、と思えることがあったので パスワード das Passwort を変更したばかり。   panda012
ググってみると2012年にはこのような状態になり困っている人がいっぱいいたよう。 (しかし2013年の質問は見つからず。。。)
仕方がないので本人確認の手続きをしましょう。
パスワード変更時に使ったセキュリティーコードが残っていたら簡単だったようだけど、既にそのメールは削除済み。
登録している別のHotmailは迷惑メールが増えたので アカウント der E-Mail-Account は削除してしまったよ。
そうなると登録情報を入力して復元してもらうしかないみたい。 しかーしこれ、「秘密の質問」は「?」で答えようがない!
最近送信した件名も正しくは覚えてない。送信先アドレスもアドレス帳を見ないとわからない。
国は日本のままだったか、ドイツに変更したかわからない。。。
可能な限り記入してみたけど、約5分後くらに届いた返事は     panda009
「復元依頼をいただいておりますが、誠に残念ながら、お送りいただいた情報からは、
               お客様が対象アカウントの所有者様であることを確認できませんでした。」
だって。
ちゃんと内容をチェックしてるのかい? 一字一句正しくないと駄目なのかい?
そして3回目で 「アカウントの復元要求回数が上限に達しました」 ってさー   panda013   
1日に2回しか要求できない??? 見事復元出来た人は僅かで、それも4日以上かかったよう。
msn1
このまま見れないのに、メールは受信し続けるそうなので
アカウント削除とアドレス帳移行のため、どうにか復元出来るように頑張ってみますがーーーーー

kuro-mailいつもメッセージを送ってくださる皆様、そんなわけで昨晩から今までのアドレスのメールが見れません。
皆様のアドレスもわからなくなってしまった状態です。
とりあえず右側中央部の 『メッセージはこちらへ』 のアドレスに送ってくださ~い。

またこのアカウント復元について詳しい方、ぜひご連絡くださ~い。

2013年5月24日

岩塩坑

Filed under: ●その他 und so weiter — ドイツ友 @ 11:51

ドイツは ユーラシアプレート die Eurasische Platte の安定した中央部に位置し
活火山 aktiver Vulkan もないため、自然発生の 地震 das Erdbeben はほとんどありません。
しかーし人工的な地震はけっこうある、らしい。

その原因は 鉱山 das Bergwerk炭鉱 das Kohlenbergwerk岩塩坑 das SalzbergwerkKali-Bergbau)など)を
採掘 der Abbau / die Gewinnun した後に出来た地下 空洞 der Schacht / Hohlraum の崩壊。
【bergbaubedingtes Beben】

石炭 die Steinkohle の産地として有名な ザールラント州 Saarland では、
度重なる地震で家屋への被害や 停電 der Stromausfall が相次ぎ、地震発生地域での採炭を中止(2008年)。
私が住む ザクセン=アンハルト州 Sachsen-Anhalt 南部でも 岩塩 das Steinsalz / Halit 発掘現場で
42人の 炭鉱労働者 Bergleute / der Bergmann が犠牲になったり(1940年)、
負傷者 der Verletzter はいなかったけど マグニチュード die Magnitude 5.6の揺れを観測(1996年)するなど
人工的な地震は過去にあり。← 先日MDR(中部ドイツ放送 Mitteldeutscher Rundfunk)でやってました。
 ※岩塩 : 鉱物として産する塩化ナトリウム(NaCl)

ザクセン=アンハルト州から テューリンゲン州 Thüringen の高速道路から土が盛られた小山のようなものをいっぱい見ます。
この多くが岩塩坑 ↓ この地域で採掘された岩塩は路面凍結時の まき塩 das Streusalz 用。
IMG_2544 IMG_2550 IMG_2553 IMG_3124
   ↑ 山状に盛られた土類はずっとこのままの状態(他への活用はない)らしい ↑
  ★岩塩生産量 [2003年]          tdy_y2 tdy_y3
     1、アメリカ合衆国(1630万t)  2、ドイツ(1500万t)  3、イタリア(300万t)  4、スペイン(200万t)
     5、イギリス(150万t)  6、ブラジル(130万t)  7、パキスタン(130万t)

岩塩層は、地層が比較的安定していることから、中・低レベル 放射性廃棄物 Radioaktiver Abfall / der Atommüll
          地層処分 / 最終貯蔵所 das Endlager の場として20世紀後半に使用。
しかし 地下水 das Grundwasser 浸出や岩塩ドームの崩壊が危惧されています。
 ※地下水が流入、地下構造物の強度の劣化が観測されている(2008年時点)

2013年5月21日

気球プロジェクト

Filed under: ●出来事 das Ereignis — ドイツ友 @ 12:13

image24image23昨日までドイツは連休でした。 五旬節 Pfingstfest
といっても月曜日が 聖霊降臨祭 das Pfingsten という祝日なだけだけど。
気候が良い季節なので遠出する人が多く、渋滞は必至!

我が家は旦那の”気球 der Ballon にカメラとGPSをつけて打ち揚げる”プロジェクトのため  
ノルトライン=ヴェストファーレン州 Nordrhein-Westfalenist まで行ってきました。
日本人がいっぱい住む地域なので泊りがけでゆっくり買い物とかしたかったのだけど
そのプロジェクト決行日は飛行場の都合(前日までお祭りだとかで)月曜の祝日。
前泊しても日曜日はお店が閉まってるし。ってことで片道4時間以上かかるのに日帰りでしたさ~ (本日火曜日は旦那は休めない!)

趣味のお仲間との待ちあわせは カーメン Kamen というルール地方の工業都市にある
                    飛行場 der Flugplatz [Flugplatz Kamen-Heeren]。
ここで旦那が用意した 気象観測用ゴム気球 der Wetterballon を打ち揚げるのです。
旦那が用意したのはゴミ気球と ヘリウムガス das Helium
 ※ゴム気球 : 気象観測などに用いられる球体の ゴム Gummi 製の気球
          主に 水素 Wasserstoff やヘリウムガスを注入したガス気球として高層気象観測機材を付けて飛ばしたり、
          測雲気球・測風気球の観測や各種の環境調査で飛ばされる
 ※ヘリウム(He) : 空気よりも軽く、水素の92.64%もの浮揚力があり、燃えないため
             水素よりも安全なガスとして広告用バルーンや天体観測用気球などに使用されている

気象観測用ゴム気球は日本、中国、インドの数企業でしか製造しておらず、当然ながら 日本製 japanisches Produkt が最適。
旦那に頼まれて日本のその2社に問い合わせしたのだけど、1社は 「個人様には販売しておりません」という回答で、
もう1社はHPに書かれた番号にFAXしたけど未送信。 この会社のイベント用に使用するジャンボバルーンは
                    個人的にも購入可能のようだけどそれでは今回のプロジェクトには使えない、と。
結局イギリスから買いました。それも日本では個人的に買えない会社の気球を。(← なぜ買える?)
ヘリウムガスも大量に個人的に購入は無理らしいのだけど、化学者の裏ルート(?)から入手。
けっこうなお値段のガスボンベ2本が思いっきり 助手席 der Beifahrersitz を占領っす。
IMG_3053 IMG_3054 IMG_3058
↑ ビニール袋で隠したガスボンベが助手席を占領! ↑ 小さな飛行場       ↑ 車内で着陸地点を計算中

IMG_3064 IMG_3071 IMG_3085  sorapiyo006
 ↑ 日本製の気象観測用ゴム気球にヘリウムガスを! 口を(念のために)押さえるのはけっこう大変 ↑
   傘をさしてないとけっこう濡れてしまう悪天候。 ズボンの裾と靴、靴下は皆さんずぶ濡れ。 それでも決行!

IMG_3093 IMG_3096 IMG_3101  sorapiyo003
 ↑ 数台のカメラ、ビデオカメラ、GPS     ↑ 12時に打ち揚げ!   ↑ 予測地点のGelsenkirchenでお茶休憩

「見つけたよ」 って連絡をくれた人には ”拾得謝礼 der Finderlohn” として50ユーロをお支払。
高価なカメラなどを盗まれないようにするためだそうで。
発見者 der Finder (右の立っている男性、50ユーロget!)は飛行機関連のお仕事をしており、
  自身もプラモデルの飛行機にカメラをつけて写真を撮るのが趣味だとかで興味津津でした。
IMG_3103 IMG_3114 IMG_3107
↑ かなり交通量のある道路の脇     ↑ 旦那作の”拾得謝礼”お知らせ    ↑ カメラ等全て無事だった(と思われる)
 近くに湖もあったので、運が良かった   嘘情報満載なのだぁ~

IMG_3112 IMG_3116 IMG_3126  sorapiyo001
↑ 同じ地点に着地した気球はこれだけ ↑ この人形も空を旅した  ↑ 我が家近くの帰路は良い天気

昨日の移動距離は1000km超 びっくり↓  雨天で外の景色も楽しめなかったのが残念です。。。
map
我が家(青)を出発し、Kamen(赤右)の飛行場へ。
打ち揚げ当初の予測地点Gelsenkirchen(白)へ向かい、GPS情報からの予測でDuisburgへ向かっている途中に、
Moers(赤左)に着地したとSMSが届き(直後に発見者から電話もあった模様)、無事カメラを回収して解散!
(何故こんなに遠出なのか、というと他のプロジェクトメンバーは飛行場の比較的近くに住んでいるから、です)

撮影した画像・映像は プロジェクトリーダー der Projektleiter が一括整理、
ということでまだ一部しか見てないけどこんな感じ ↓ けっこう良い写真が撮れったっぽいです。
kup kup (2) kup (3)

次回はお天気が良いことを願います!(← またやるらしい、マジか?!びっくり かなりお金のかかる物好きな大人の道楽だわ)

Older Posts »

WordPress.com Blog.