ドイツ友

2013年5月21日

気球プロジェクト

Filed under: ●出来事 das Ereignis — ドイツ友 @ 12:13

image24image23昨日までドイツは連休でした。 五旬節 Pfingstfest
といっても月曜日が 聖霊降臨祭 das Pfingsten という祝日なだけだけど。
気候が良い季節なので遠出する人が多く、渋滞は必至!

我が家は旦那の”気球 der Ballon にカメラとGPSをつけて打ち揚げる”プロジェクトのため  
ノルトライン=ヴェストファーレン州 Nordrhein-Westfalenist まで行ってきました。
日本人がいっぱい住む地域なので泊りがけでゆっくり買い物とかしたかったのだけど
そのプロジェクト決行日は飛行場の都合(前日までお祭りだとかで)月曜の祝日。
前泊しても日曜日はお店が閉まってるし。ってことで片道4時間以上かかるのに日帰りでしたさ~ (本日火曜日は旦那は休めない!)

趣味のお仲間との待ちあわせは カーメン Kamen というルール地方の工業都市にある
                    飛行場 der Flugplatz [Flugplatz Kamen-Heeren]。
ここで旦那が用意した 気象観測用ゴム気球 der Wetterballon を打ち揚げるのです。
旦那が用意したのはゴミ気球と ヘリウムガス das Helium
 ※ゴム気球 : 気象観測などに用いられる球体の ゴム Gummi 製の気球
          主に 水素 Wasserstoff やヘリウムガスを注入したガス気球として高層気象観測機材を付けて飛ばしたり、
          測雲気球・測風気球の観測や各種の環境調査で飛ばされる
 ※ヘリウム(He) : 空気よりも軽く、水素の92.64%もの浮揚力があり、燃えないため
             水素よりも安全なガスとして広告用バルーンや天体観測用気球などに使用されている

気象観測用ゴム気球は日本、中国、インドの数企業でしか製造しておらず、当然ながら 日本製 japanisches Produkt が最適。
旦那に頼まれて日本のその2社に問い合わせしたのだけど、1社は 「個人様には販売しておりません」という回答で、
もう1社はHPに書かれた番号にFAXしたけど未送信。 この会社のイベント用に使用するジャンボバルーンは
                    個人的にも購入可能のようだけどそれでは今回のプロジェクトには使えない、と。
結局イギリスから買いました。それも日本では個人的に買えない会社の気球を。(← なぜ買える?)
ヘリウムガスも大量に個人的に購入は無理らしいのだけど、化学者の裏ルート(?)から入手。
けっこうなお値段のガスボンベ2本が思いっきり 助手席 der Beifahrersitz を占領っす。
IMG_3053 IMG_3054 IMG_3058
↑ ビニール袋で隠したガスボンベが助手席を占領! ↑ 小さな飛行場       ↑ 車内で着陸地点を計算中

IMG_3064 IMG_3071 IMG_3085  sorapiyo006
 ↑ 日本製の気象観測用ゴム気球にヘリウムガスを! 口を(念のために)押さえるのはけっこう大変 ↑
   傘をさしてないとけっこう濡れてしまう悪天候。 ズボンの裾と靴、靴下は皆さんずぶ濡れ。 それでも決行!

IMG_3093 IMG_3096 IMG_3101  sorapiyo003
 ↑ 数台のカメラ、ビデオカメラ、GPS     ↑ 12時に打ち揚げ!   ↑ 予測地点のGelsenkirchenでお茶休憩

「見つけたよ」 って連絡をくれた人には ”拾得謝礼 der Finderlohn” として50ユーロをお支払。
高価なカメラなどを盗まれないようにするためだそうで。
発見者 der Finder (右の立っている男性、50ユーロget!)は飛行機関連のお仕事をしており、
  自身もプラモデルの飛行機にカメラをつけて写真を撮るのが趣味だとかで興味津津でした。
IMG_3103 IMG_3114 IMG_3107
↑ かなり交通量のある道路の脇     ↑ 旦那作の”拾得謝礼”お知らせ    ↑ カメラ等全て無事だった(と思われる)
 近くに湖もあったので、運が良かった   嘘情報満載なのだぁ~

IMG_3112 IMG_3116 IMG_3126  sorapiyo001
↑ 同じ地点に着地した気球はこれだけ ↑ この人形も空を旅した  ↑ 我が家近くの帰路は良い天気

昨日の移動距離は1000km超 びっくり↓  雨天で外の景色も楽しめなかったのが残念です。。。
map
我が家(青)を出発し、Kamen(赤右)の飛行場へ。
打ち揚げ当初の予測地点Gelsenkirchen(白)へ向かい、GPS情報からの予測でDuisburgへ向かっている途中に、
Moers(赤左)に着地したとSMSが届き(直後に発見者から電話もあった模様)、無事カメラを回収して解散!
(何故こんなに遠出なのか、というと他のプロジェクトメンバーは飛行場の比較的近くに住んでいるから、です)

撮影した画像・映像は プロジェクトリーダー der Projektleiter が一括整理、
ということでまだ一部しか見てないけどこんな感じ ↓ けっこう良い写真が撮れったっぽいです。
kup kup (2) kup (3)

次回はお天気が良いことを願います!(← またやるらしい、マジか?!びっくり かなりお金のかかる物好きな大人の道楽だわ)

広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。