ドイツ友

2013年8月26日

おばあちゃんの味

Filed under: ●レシピ das Rezept — ドイツ友 @ 17:27

illust361_thumbテレビからの情報やそれらの国に住む知人からの話からすると
南ヨーロッパの男性(の多く?ほとんど?)は マザコン der Ödipuskomplex / Mutterkomplex らしいです。
「マンマが一番!マンマのいうことが常に正しい!」 ってね。
ドイツはどうか、というと…私の周りにいわゆるマザコンという ドイツ男 der Deutscher はいませ~ん。
皆さん適度な距離を取っているように思われます。 何より奥さんを最優先してくれるのはありがたい!

IMG_4581 一方ママさんの方がいくつになっても 息子 der Sohn が心配。これはどこの国でも同じか?
我が家も引っ越し前はマミーがしょっちゅう来ては(いつも急に来た!)
あれにもこれにも自分の意見を言って帰っていきました。 その度旦那は思いっきりあきれ顔 悲しい
今もマミーから時々 「いつこっち来るの?」 という 電話 das Telefon / der Anruf があるのだけど
     声色 der Ton「あっ、またマミーから電話だ」 ってすぐわかります。
もうちょっと嬉しそうに話してあげればいいのに、って思うくらいそっけない態度で早く切りたがってるのが明らか。
(うちの旦那がそっけない態度を取るのはマミーに対してだけ)

要件は同じなのにまったく態度が違うのが おばあちゃん die Oma からの電話。
そう、うちの旦那は超 おばあちゃんっ子 das Omakind です。
”おふくろの味”は特にないらしいのだけど(マミーが可哀想!)、”おばあちゃんの味”はいっぱい。
                 ta2 プラムケーキ der Pflaumenkuchen もその一つというので、先日収穫したプラムを使って
 ↑ マミーからもらった 『DDR Backbuch(東ドイツ 焼き菓子レシピ本)』のレシピ通りに懐かしの”おばあちゃんの味”を再現してみました~

            blue_a

★プラムケーキ Pflaumenkuchen  (直径24cm型、12切れ、約236kcal/切れ)

 ●Pflaumen(プラム / プルーン) 700g   ●Butter(バター) 125g   ●Zucker(砂糖) 75g  
 ●Vanilinzucker(バニラ風味の砂糖) 1袋 ※”砂糖・5g + バニラエッセンス・数滴” で代用可
 ●Eier(卵) 2個   ●Mehl(小麦粉) 175g   ●Backpulver(ベーキングパウダー) 小匙1  
 ●gemahlene Walnüsse(挽いた胡桃) 100g ※胡桃を細かく切って使用 / アーモンドプードルで代用
 ○Fett für die Form(型に塗るバター等)   ○Hagelzucker(ニブシュガー / パールシュガー) 30g

IMG_4583  IMG_2896 IMG_4591 IMG_4593
↑ 珍しくレシピ通りに作ってみた  ↑ バニラ風味の砂糖    ↑ おばあちゃんは胡桃を挽く道具を持っているらしい↑

①プラムをきれいに 洗う waschen → 水気を切る abtropfen lassen → 半分に切る halbieren → 種を取り除く entsteinen
  ※酸っぱいのが苦手な方はプラムの量を少し減らしましょう(皮と身の間はけっこう酸っぱい)

②バター、砂糖、バニラ風味の砂糖をボールの中で 泡状にかき混ぜる schaumig rühren
       → 少しずつ nach und nachを加えてよく混ぜる unterrühren
  ※”泡状に”ということなのでハンドミキサーを使用

③小麦粉、ベーキングパウダー、挽いた胡桃を 混ぜ合わせる vermischen → 角が立つまで混ぜる unter die Schaummasse(泡の塊)rühren
  ※角が立たなくてもよく混ざっていればOKでしょう

生地 der Teig を バターを薄く塗った型に 流し入れる(← 配置する)verteilen 
       → 生地の上に 切断面を上にした状態で mit der Schnittfläche nach oben プラムを のせる setzen
  ※直径26cmの型を使用したので生地は薄めになりました

⑤180℃のオーブンで約50分 焼く backen  ※40分+余熱 で焼けました

⑥焼けた gar ケーキを 取り出す herausnehmen → ニブシュガーを 振りかける bestreuen → 型の中で 冷ましておく auskühlen lassen
  ※ニブシュガーが家になかったので、粉砂糖を振りかけました

IMG_4599IMG_4587IMG_4588
                            ↑ バターは室温で柔らかく
IMG_4597IMG_4600IMG_4601

IMG_4602IMG_4603  IMG_4609

広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。