ドイツ友

2012年2月2日

第2の港湾都市

Filed under: ●歴史 die Geschichte — ドイツ友 @ 14:52

ポーランド Polen の第2の港湾都市 シュテッティン Stettin (ポーランド語 : シュチェチン Szczecin) に行ってきました。
この街の歴史はかなーり複雑なのです。

 
                    ↑ かなり古そうな建物が並んでいる  戦争の跡なのか煤けた感じで黒っぽい ↑

1243年に自治権を獲得したが1720年までスウェーデンの支配下に置かれ、
その後 プロイセン王国 das Königreich Preußen に組みこまれ、1870年からはドイツの領(ドイツ帝国時代のポンメルン州の州都)に。
森鴎外の 『舞姫』 にもドイツの都市(”ステッティン”と表記)としてこの街が登場します。
第二次世界大戦でドイツ軍とソ連軍の戦闘で市街は破壊され、戦後再びポーランド領になりました。

1939年に第二次世界大戦が始まると ポンメルン地方 Pommern のポーランド系住民は
                         ナチス・ドイツによって全ての財産を奪われ東方へと強制追放されました。
1945年の ポツダム協定 Potsdamer Abkommen の結果、ポンメルン地方の大半にあたる
オーデル川 die Oder 以東の地域はポーランド領に併合され、今度はこの地域に住んでいたドイツ系住民が
          オーデル・ナイセ線 die Oder-Neiße-Grenze (現在のドイツ・ポーランドの国境線)以西に強制追放されました。
 ポンメルン地方 (英語 : ポメラニア Pomerania、ポーランド語 : ポモージェ Pomorze) :シュテッティンを含むポーランド北西部から
          ドイツ北東部にかけて広がるバルト海【北】、オーデル川【西】と ヴィスワ川 die Weichsel(ポーランド語 : Wisła)【東】にはさまれた地域

 ※故郷を追われた者 der / die Heimatvertriebene : 第二次世界大戦後オーデル川・ナイセ川以東の旧ドイツ帝国領から追われたドイツ人
         1,240万人(あるいは1,650万人とも言われる)の民族ドイツ人が移住を強制された。
         ドイツ連邦統計局の1958年の発表では、210万人以上の民族ドイツ人が強制移住によって死亡したとされる。また
         Gerhard Reichlingの調査では202万人の民族ドイツ人がソ連によって強制移住され奴隷労働に従事した結果死亡したとしている。

ちなみに可愛いわんこの ポメラニアン der Kleinspitz はこのポンメルン(ポメラニア)地方が原産地、 
そして世界の 琥珀 der Bernstein の90%が
ポンメルン地方の バルト海沿岸 die Ostseeküste で産出されているそうです。
← 従兄の息子に贈った琥珀

 
                 ↑ ドイツでは赤枠に白の警戒標識はポーランドでは赤枠に黄色 ↑  ↑ ポーランドでは日中もライト点灯

シュテッティンには1番近くに住む(といっても我が家から45km以上離れている)日本人の方のSushi-Barがあるので、そこのお寿司を食べに行きました!
海外で初の回転寿司だぁ~ 美味しかったです。 御馳走様でした ペロリ
   
 ↑ 旦那が気に入ったのは       ↑ 黒いお皿が一番高い         ↑ 照り焼き丼          ↑ テイクアウトも出来る
   鶏揚げ(?)ぐんかん巻き       穴子&タコ 等

Sushi-Barが入っている ショッピングセンター das Einkaufszentrum のお店の多くはドイツと一緒でしたね~
ドイツの大手スーパー Real も入っていたので、ちょっと覗いてみました。 お値段はポーランドの方が安いみたい。
 ↓ パッケージが可愛かったので、ドイツで見たことのないインスタント麺を購入(1袋25セントくらい)してみました。
    
                      ↑ お寿司の後はアイスっす! ポーランドアイスではなく      ↑ この日本食レストランは
                                 イタリアンジェラーとのお店だったみたい ↑     中国人が経営してるらしい

2010年8月15日

終戦の日

Filed under: ●歴史 die Geschichte — ドイツ友 @ 08:19
本日8月15日は 第二次世界大戦 der Zweiter Weltkrieg (大東亜戦争 / 太平洋戦争)が終わった日、
終戦の日 der Jahrestag m des Kriegsendes 終戦記念日
”戦歿者を追悼し平和を祈念する日”ですね。
悲惨な大戦の重みは年々無くなりつつあるけど、甲子園で正午に行われる 黙祷 stilles Gebet 
                                   ”あぁ~今日は終戦の日か…”と毎年認識していました。 
 ひらめき日本以外の国では
   ●イタリア : 4月25日 【イタリア解放記念日】 
          イタリアが敗戦を宣言した日、イタリアがムッソリーニ政権から開放された日
   ●ドイツ : 5月8日 【第二次大戦終戦の日 Ende des Zweiten Weltkrieges】
         ドイツが無条件降伏文書に調印し、第二次世界大戦(ヨーロッパ戦線)が終結した日
   ●フランスなど : 5月8日 【ヨーロッパ戦勝記念日 Victory in Europe Day (V-E Day / VE Day)
             
 第二次世界大戦において連合国がナチスドイツを降伏させ、ヨーロッパにおける勝利を記念する日
   ●ロシア : 5月9日 【大祖国戦争終結記念日】 独ソ戦の終結日
          ドイツとソ連との間で降伏文書の調印式が行われた日
   ●大韓民国 : 8月15日 【光復節】 日本による朝鮮半島統治からの「解放」を祝う日
   ●北朝鮮 : 8月15日 【祖国解放記念日】
   ●アメリカ合衆国、イギリス、フランス、カナダ : 9月2日 【対日勝戦記念日 Victory-over-Japan Day(V-J Day)】
                               当時のアメリカ合衆国大統領トルーマンがポツダム宣言に調印した日
                               日本政府全権の重光葵と大本営(日本軍)全権の梅津美治郎がポツダム宣言に
                               調印した日を、アメリカ合衆国大統領トルーマンが「V-J Day」として宣言した
   ●ロシア : 9月2日 【第二次世界大戦終結記念日】
   ●中華民国(現台湾)、中華人民共和国 : 9月3日 【軍人節】 / 【抗日戦争勝利の日】
 
今年5月9日、ロシア Russland では第二次大戦の対ドイツ勝利から65周年を記念する一大イベントが行われ、
ドイツのメルケル 首相 die Kanzlerin も出席してました。 
 ※ドイツ首相 der deutsche Bundeskanzler(男性) / die deutsche Bundeskanzlerin(女性)
                  中国の対日勝利65周年を祝う式典に日本の総理大臣が参加するようなこと?... 考えられん!
a_k-15 池上彰さんが解説していましたが (Mr. ニュース、毎回勉強になります!)
                                  ロシアはいきなり「9月2日が終戦記念日だ」と決めたそうですよ。
日本が ポツダム宣言 die Potsdamer Erklärung を受諾した(8月14日)後、つまり日本のいう”戦後”ではなく
”戦争中”に”ソ連軍が北方領土に上陸し占領した”→”北方領土 Nördliche Gebiete はロシアの物だ”と言いたいから、って。
                   う~む、またしても日本はこんな理不尽な主張に負けてしまうのだろうか...
 
IMG_3031 そして毎年 外交問題 die diplomatische Frage として取り上げられる靖国参拝。
 私は個人的に 戦犯 das Kriegsverbrechen であっても
 ある意味 ”時代の犠牲者” だと思っているので
 「国に殉じた先人に、国民の代表者が感謝し、平和を誓うのは当然のこと(Wikipediaより)
 という意見に賛成。 だから
  「公的とか私的とか私はこだわりません。総理大臣である小泉純一郎が
                         心を込めて参拝した」と8月15日に靖国参拝をした小泉さんに感動したし、支持していました。
                              管総理は在任中は靖国参拝しないそうですね。それはそれで良いと思います。
しかーし、”国のために尊い命を捧げた人たちに対し哀悼の意を表すことは人として当たり前”のことなのでは?
                         国家の最高指導者がそれをするかしないかで大問題になる日本って...困った
 
靖国神社 der Yasukuni-Schrein の前身である東京招魂社は、大村益次郎の発案のもと明治天皇の命により、
戊辰戦争の 戦死者 der Gefallener を祀るために明治2年(1869年)に創建されました。
明治10年(1877年)西南戦争後は日本国を守護するために亡くなった戦没者を慰霊追悼・顕彰するための施設となっています。
  ※大村益次郎(1824-1869) : 長州征討と戊辰戦争で長州藩兵を指揮し、勝利の立役者となった医師、西洋学者、兵学者

icon_anisakura01 東京都の  桜の開花宣言 die Bekanntgabe, dass die Kirschen in Blüte stehen
 ここの境内にある3本のソメイヨシノが咲いた時に行われているのは有名ですね。
 
               今年5月に訪れた時、珍しく東側を向いている大鳥居の上に”平和の象徴”の白鳩がとまってました ↓
 IMG_3003 IMG_3032 IMG_3023 IMG_3045
 ↑ 遊就館特別展の看板「神風」が目をひく!                       ↑ 大村益次郎の銅像
   
illust491_thumb遊就館(ゆうしゅうかん)には復元された特攻機など特攻隊に関する展示もあるようです。
そこには日本国の為・家族の為に自らの命を犠牲にした特攻隊員達の 遺書 das Testament
共に御遺族が捧げた花嫁人形が並んでいるそうです。 これは辛くて見れないな...重すぎる...
学生時代、鹿児島県出身の友達の実家に遊びに行った時、
                           『知覧特効平和会館に連れていってもらいました。
お茶の美味しい長閑な知覧には、太平洋戦争中に 陸軍 die Armee / der Heer
                   特攻基地が置かれ、 ここから多くの特攻隊員が出撃し、戦死しました。
この平和会館には写真、遺書などの遺品約4,500点、特攻隊員の遺影1,036柱などが展示されており、
                二度と悲劇が繰り返されぬよう、戦争の悲惨さ、平和・命の尊さ を教えてくれます。
見た後、どーっと疲れたのを覚えています。 涙なしでは見れませ~ん。 酷い時代だ...
 
               終戦の日、世界平和 der Frieden in der Welt  を考えましょう!
 

2010年8月9日

核なき世界へ

Filed under: ●歴史 die Geschichte — ドイツ友 @ 09:08
IMG_3401 日本のことはよくわからなくても、HiroshimaNagasaki について知っている人は多いです。
  特にドイツでは”同じ 敗戦国 die geschlagene Nation ということで関心が高いよう。
  そしてよく聞かれる質問は
      「原子爆弾 die Atombombe による 犠牲者 das Opfer は何人だ?」
      「第二次世界大戦 der Zweite Weltkrieg による 死者 der Toter はどれくらいだ?」。
      「う~ん、何人だろう… かなり多いだろうけど…」と答えられない私。
   毎回私よりも詳しい旦那に答えてもらっている状態... 情けないっ恥ずかしい
  
ある一定レベル以上の 知的な intelligent  ドイツ人は
          あらゆる数字(年号含む)が頭に入っていてスラスラとそれらを説明するんですよね。 これには毎回驚かされます!
 人口 die Bevölkerung / Einwohnerzahl 面積 die Fläche などは 朝飯前 einfache Sache なのだっ
  ※人口(2008年) 日本 : 127,288,419人(10位) 、ドイツ : 81,750,000人(16位)
     面積 日本 : 377,914km² (60位) 、ドイツ : 357,021km²(61位)
    
親しい人に広島・長崎出身者はいないし、知人からご家族・御親戚が被爆された、というような話を聞いたことがないので
この原爆被害について大まかにしか知りませんでした。 異国で生活するようになり 客観的に objektiv 日本という国を
               見るようになってから、これらの悲劇も含め、日本のことを知っておくべきだと思うようになりました。
唯一の被爆国代表としてちゃんと答えられるように調べてみました ↓
 
--------------------------------------------
 広島と長崎への原爆投下 Atombombenabwürfe auf Hiroshima und Nagasaki
 
 昭和20年(1945年)8月6日午前8時15分、広島市に、ウラン型原子爆弾リトルボーイが 投下 der Abwurf された。
 市内の中央部に位置する相生橋が目標点とされ、投下された原爆は上空580メートルで炸裂した。
 当時の広島市内には約34万2千人がいたが、爆心地 das Explosionszentrum から1.2kmの範囲では
         当日中に50%の人が死亡し、同年 12月末までに bis Jahresende 更に14万人が死亡したと推定される。
 爆心地から2kmの範囲で建物のほとんど全てが倒壊し、
                  3.5km離れた場所でも素肌に直接熱線を浴びた人は 火傷 die Brandwunde を負った。
 爆心地から 半径500メートル以内での in einem Radius von 0,5 Kilometern um das Explosionszentrum
 IMG_3288  被爆者は 即死 sofortiger Tod および即日死の死亡率が約90パーセントを越え、
      500メートルから1キロメートル以内では、即死および即日死の死亡率が約60から70パーセントに及んだ。
 さらに 生き残った人 der / die Überlebende も6日目までに約半数が死亡、
                                      次の6日間でさらに25パーセントが死亡していった。
  ひらめき2010年8月6日、この1年間に亡くなったり、新たに死亡が確認された5501人の名前が書き加えられた
                               26万9446人の原爆死没者名簿が慰霊碑に納められた
 
 1945年8月9日午前11時2分、プルトニウム型原子爆弾ファットマンが長崎市北部のテニスコートの上空に投下された。
 当時の長崎市の人口は約24万人、同年12月末の集計によると被害は、死者7万3884人、
       負傷者 der Verwundeter / Verletzter 7万4909人、建物の約36%が全焼または全半壊した。
  ひらめき2010年8月9日、この1年間に亡くなったり、新たに死亡が確認された3114人の名前が書き加えられた
                              15万2276人の原爆死没者名簿3冊が奉安箱に納められた
--------------------------------------------
 
なぜこの二つの都市に原爆が投下されたかというと...
 大空襲の無い主要都市である(爆弾がどのように機能するか被害を確認するため)
 連合国の捕虜収容所がない、軍事的(広島・兵站基地、小倉・小倉造兵廠)な価値が高い、
 住宅密集地をもつ
 などの条件から 広島・小倉・新潟 が最終候補地になり、
1度目は気象条件が揃っていた 広島 、2度目の小倉は気象条件が整わず 長崎 に変更されたそうです。
       多くの民間人が犠牲になるのがわかっていてなぜ... 他に方法はなかったのだろうか~
 
yosei_p  日本と違ってドイツで8月に第二次世界大戦関連のテレビ番組はほとんどありませんが、
 ルース駐日米大使が出席した今年の平和記念 式典 das Gedenken の様子もニュースで取り上げられ、
 広島の原爆に関する番組が 〈3Sat〉 〈phoenix〉 で放送されました(両方とも同じ再放送番組ですが~)
 この番組内で 二重被爆者 doppelte Hibakusha (Atombombenopfer) の1人である
 山口彊(つとむ)さんがインタビューに答えていました。  山口さん、今年1月に亡くなられたんですね...
 
 ●放射線被曝
   爆心地付近は鉄やガラスも熔けるほどの高熱に晒され、強力な熱線により屋外にいた人は全身の皮膚が炭化し、
   内臓組織に至るまで高熱で水分が蒸発した。
 ●放射性降下物(フォールアウト)による被曝
   広島市の北西部に降った「黒い雨」などによる被曝被害も発生した。
 ●二重被爆者
   広島市、長崎市のどちらにも居合わせ相次いで被爆した人がいることが、2005年に国立広島原爆死没者追悼平和祈念館の調査で判明。
 ●二次被害者(入市被爆)
   投下後に救援や捜索活動のために市内に入った人も含めて急性障害が多発した。
 ●救護被爆者
   爆心地から離れた病院などで救護中に残留放射線を浴びて被爆した人もいる。
 ●外国人被爆者
   原爆投下当時、広島市と長崎市にいた韓国人、朝鮮人、中国人や捕虜として収容されていた兵士(英軍、蘭軍兵)の被爆者が存在する。
illust1145_thumb ●胎内被爆者、被爆二世(被爆者の子)、被爆三世(被爆者の孫)
   被曝による知的障害、身体障害、奇形児の発生が高くなり、遺伝的な健康障害が現れやすいと言われている。
 
実はこの原子爆弾、ドイツと深い因縁があります。
1938年、ウラニウム 原子核分裂 die Kernspaltung がドイツの
                                     オットー・ハーン Otto Hahn フリッツ・シュトラウスマン Fritz Straßmann によって発見されました。
 ※当時のドイツは科学の最先進国で原子核研究に携わる優秀な 科学者 der Wissenschaftler が大勢いた
1939年に第二次世界大戦が始まると、ドイツで原爆研究が開始されているという情報がもたらされ、
こうした危機感を背景にアメリカでも原爆研究が始まり、1942年9月には本格的な国家軍事プロジェクト
                                                        「マンハッタン計画  Manhattan-Projekt 」へと発展していきました。
 ※ナチス・ドイツ Nazi-Deutschland が先に核兵器を保有することを恐れた亡命ユダヤ人物理学者 レオ・シラード Leó Szilárd らが
   1939年ルーズベルト大統領に信書を送ったことがアメリカ政府の核開発への動きをうながす最初のものとなった
1945年7月16日にプルトニウムを原料とする最初の原爆が完成し、ニューメキシコ州の砂漠で
                 人類初の 核実験 der Kernwaffentest / Atomwaffentest / Nuklearwaffentest が行われました。
アメリカは原爆開発をめぐってドイツと競争していており、
                                                    もし原爆がもっと早く開発されていたらドイツに対して使用されていた可能性が高いようです。
しかし5月にドイツは 降伏 die Kapitulation しており、その投下目標が日本へとシフトしてしまいました。
                                  
                             
今年5月に行ったので、広島について前にちょっと書きました ↓
長崎には仕事で2日間滞在したことがありますが、空港→事業所→料亭→ホテル→事業所→空港だけだったので
                                          九州旅行をする際はゆっくりと長崎も訪れたいと思います。
  IMG_3359 IMG_3374  IMG_3327 IMG_3328
   ↑ 伸ちゃんの三輪車     ↑ 爆風で壁にささったガラス片          ↑ 原爆投下前後の広島市 ↑
 
IMG_3331 ← この被爆直後の写真【なみだのファインダー】を撮った松重さんのコメント
                                      (広島平和記念資料館展示)
    1枚目のシャッターを切るまでに30分はためらいました。
    1枚シャッターを切ると、不思議に心が落ち着き、近づいて撮ろうと思うようになりました。
    10歩ほど近づき2枚目を撮ろうと、ファインダーをのぞいてみるとあまりにもむごく、
    涙でファインダーが曇りました。
   
 65年経った現在でも新たに 原爆症 die Atombombenkrankheit が発祥するケースもあり、
 これらの原子爆弾による被害は未だに続いているのです。
 いったい何時になれば核なき世界になるのだろう~
 
  ※核兵器保有国 : アメリカ合衆国アメリカ合衆国の旗、ロシアロシアの旗、イギリスイギリスの旗、フランスフランスの旗、中国中華人民共和国の旗、インドインドの旗、パキスタンパキスタンの旗、北朝鮮朝鮮民主主義人民共和国の旗
    核保有が確実視されている国 : イスラエルイスラエルの旗   
    核保有・核開発の疑惑国 : イランイランの旗、シリアシリアの旗、ミャンマーミャンマーの旗など
    過去の核兵器保有国 : 南アフリカ共和国南アフリカ連邦の旗、ベラルーシベラルーシの旗、カザフスタンカザフスタンの旗、ウクライナウクライナの旗

2009年11月30日

郷愁

Filed under: ●歴史 die Geschichte — ドイツ友 @ 20:56
ベルリンの壁崩壊 die Maueröffnung からドイツ再統一 deutsche Wiedervereinigung までの11ヶ月間、
                           ドイツでは、特に旧東ドイツではどのようなことが起こったのでしょうか? そして現在は?
私の近しい旧東ドイツ人は混乱に巻き込まれなかったようですが、周りには生活が一変、激動の日々を過ごした人も少なくないそうです。
 
------------------------------------------image4468
 1989年11月9日、ベルリンの壁崩壊
  ↓
 西ドイツの ヘルムート・コール Helmut Kohl 首相は実勢よりも東側に優位なレートでの通貨統合の実施を公約として東ドイツ国内を遊説。
 これが成功して1990年3月18日、東ドイツで行われた最初で最後の 人民議会選挙 die Volkskammerwahl で、
 ドイツキリスト教民主同盟 CDU(Christlich-Demokratische Union Deutschlands)が40.81%議席を取り
 ドイツ社会民主党 SPD(Sozialdemokratische Partei in der DDR) に勝利し、再統一への道が開かれた。
  ↓
 1990年7月1日に 東ドイツマルク die DDR-Mark から ドイツマルク die deutsche Mark への通貨交換が行なわれ、
 東ドイツマルクはその役割を終えた。【通貨統合 die Währungsunion
   ※ 公には東ドイツマルクとドイツマルクは等価とされていたが、、実際にはドイツマルクの方が東ドイツマルクよりも通貨価値が高く、
     闇市では1ドイツマルクに対して10東ドイツマルクという例もあったとか
   ※ユーロ der Euro(ドイツ語の発音は”オイロ”)は 男性名詞 das Maskulinum  
  ↓
 1990年10月3日、東西両ドイツの統一が実現。
 ドイツ民主共和国 Deutsche Demokratische Republik 東ドイツ・DDR ) は国家としては消滅し、
 ドイツ連邦共和国(西ドイツ)に編入される形で
 西ドイツの正式名称 ドイツ連邦共和国 Bundesrepublik Deutschland が統一ドイツの国名となった。
image4468------------------------------------------
 
壁崩壊後、 自由 die Freiheit や西の豊かな物資を手に入れられるようになった反面、
旧東ドイツでは 資本主義 der Kapitalismus に適応できなかった 国営企業 der Volkseigener Betrieb / der VEB
                                                 続々と倒産 →  失業者 der Arbeitsloser が急増!
 ※ 旧東ドイツ地域の 失業率 die Arbeitslosenquote は旧西ドイツ地域の2倍の約12%、
   平均所得 das Durchschnittseinkommen は3割も少なく、東西の格差は依然埋まっていないのが現実
当然ながら仕事を求めて西へ引っ越した人も多く、人口 die Bevölkerung 税収 das Steueraufkommen が激減。
  悲しい 私の住むところは典型的なDDRの街で、旧東ドイツの主要工業都市として栄えていたそうです。(1960年~90年)
     壁崩壊後は企業の倒産が相次ぎ、当時24校あった 学校 die Schule は現在6校、
     27あった 幼稚園 der Kindegärten 託児所 die Kinderkippe は約6か所 などなど施設が減りまくり~
開業医 praktischer Arzt の友達(旧東ドイツ人)から聞いた話ですが、                                                   o
 ”旧西地域に比べて旧東地域は医者の 給与 der Lohn も約15%少ないため、若い医者は西で働きたがる。
  そのため東では 医者不足 der Ärztemangel が深刻で、特に 目医者 der Augenarzt
  整形外科医 der Orthopäde では患者が数カ月も待たされてしまう” とのこと。
そして旧西ドイツでは旧東ドイツ支援のための税金・連帯税 der Solidaritätsbeitrag などの負担が続き、
                                      市民の不満が高まり、今でも旧東ドイツに住む人を蔑視する人もいます。
 
また 「オスタルジー Ostalgie der Osten / Ost… 郷愁 die Nostalgie する(なつかしむ)」という造語も存在します。
再統一後は キリスト教民主同盟 CDU を支持する旧東ドイツ市民が多かったのですが、
最近の選挙では旧東ドイツの流れをくむ 左派党 Die Linke が議席を増やしていますね。
                            ”こんなはずではなかったのに...昔(旧東独時代)は良かったなぁ~ ” ということのようです。
  02_b_dオスタルギーの代表格
 IMG_2928  IMG_2927   Ampelfrau1  Ampelfrau2   IMG_2988
 アンペルマン Ampelmann 旧東ドイツの信号機で使われていた小さな男の子がモチーフのマーク。市民の要望により現在も使用中。
 アンペルフラウ Ampelfrau : 2004年に登場したアンペルマンの女の子バージョン。三つ編みの女の子がモチーフ。
 トラバント Trabant : 東ドイツのVEB Sachsenring Automobilwerke Zwickau社が生産していた小型乗用車。 ”トラビ Trabi” ↓
  IMG_2989  IMG_2987   DSCF4538  trabi
シュタージ die Stasi Ministerium für Staatssicherheit 国家保安庁・ 旧東ドイツの秘密警察)で働いていた人は、
         壁崩壊とともに即効西側に逃げたとか。徹底的に旧東ドイツ国民を監視し、最も嫌われ恐れられた機関だから無理もないですが。
 
Older Posts »

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.