ドイツ友

2013年12月12日

冬の果物_2

Filed under: ●食べ物 / 料理 das Essen/die Speise — ドイツ友 @ 18:01

IMG_7374先日スーパーで 【バケツ der Eimer 一杯の オレンジ die Orange 3.99ユーロ(6.8kg)】を発見!
「これは安い!」 と私達も購入することに。 バケツ満タン、これは嬉しいわ~
で、家に帰って計ってみると6.2kg! あと数個入れられたジャン がっかり と少々損した気分?
ここんとこ毎日食べまくっているので オレンジの皮 die Orangenschale が大量に出てます。
香りが良いのでお風呂に入れたり、オレンジピールを作ったりして皮も活用してますよ。
オレンジピールは毎週焼いているシュトレンにナッツ類の代わりに入れたりしてま~す。
コーヒー ドイツ・クリスマスの味 シュトレン風簡単ケーキ
IMG_7373 IMG_7419 IMG_7417
                      ↑ 6.2kgもかなりの量だけど~    ↑ 今回は白い部分も残してピールに   ↑ オレンジシュトレンも美味しい!
IMG_7198 IMG_7223 IMG_7148
   ↑ 小箱 みかん Mandarine うちのドイツ人は暇なのか絵を描いた ↑        ↑ 小箱 りんごApfel
IMG_7376 IMG_7378      kotatsumuri_thumbnail
   ↑ ポメロ Pomelo にも絵(わかめちゃん)を描いていた ↑

広告

2013年12月10日

ホットワイン_2

Filed under: ●食べ物 / 料理 das Essen/die Speise — ドイツ友 @ 13:49

xmas3_02_b_04クリスマスシーズン、フォイヤーツァンゲンボウレ Feuerzangenbowle の季節となりました!
 ※フォイヤーツァンゲンボウレについて → ホットワイン_1

実は今年の日本帰国時にもやりました。
一回目はYちゃん宅の 幼馴染み der Freund / die Freundin aus Kinderzeiten 同窓会で、
二回目は親戚 der Verwandter との温泉宿お泊りで。 両方とも大勢でめっちゃ盛り上がりましたよ 爆笑
どうやら日本人受けする味みたいですな。 これからの季節にお薦めなイベントですよ!
DSC02938 DSC02940 DSC02943
↑ 赤ワインにスライスしたレモンとオレンジを入れて温める → 棒砂糖にラム酒を浸みこませる → 鍋の上の台に砂糖を乗せて火をつける →
                     ↑↓ 温泉宿では電気コンロを、Yちゃん宅ではガスコンロを使用 ↓

DSC02953 IMG_1871 IMG_5395
  ↑ 部屋の明かりを消して炎を鑑賞!     ↑ お砂糖がある程度溶けたら味見をして、ちょうど良いところでワインをお砂糖にかけて火を消す
  ↑ 部屋(温泉宿)の火災報知機が鳴らないかちょっと心配だったけど、問題なし!

IMG_7414
日本で一番入手困難なのは 棒砂糖(円錐状のお砂糖) der Hutzucker / Zuckerhut でしょうね。
角砂糖を重ねて出来ない事もないか?
← お砂糖を乗せる台(砂糖ばさみ die Zuckerzange ) は網上の物で代用が可能だけど
  Amazon(ドイツ)などで6ユーロくらいで買えるので、「またやりたい!」 という人用のお土産品にするのが良いかも。
  (棒砂糖1個とZuckerzangeは従兄宅に置いてきましたよ)

お砂糖にかけるのは アルコール度数 der Alkoholgehalt 54%の ラム酒 der Rum がメージャーらしいです。
これは(ドイツよりも高いだろうけど)日本でも入手出来ますね。
別のアルコールでも大丈夫だけど、味も香りも良いラム酒がお薦め。 残ったラム風味のお砂糖をつまむのもお楽しみのひとつっす!
我が家ではオーストリアの Stroh Rum 80%』 を使用。
アルコール度数 40・60・80%がありますが、我が家ではワインを温める燃料にもするもので80%なのだ。
今回日本にも持って行ったのだけど、裏面を見たら”飛行機に赤の射線”の表示が!
これって 空輸 der Lufttransport 禁止ってことだよな?
知らずに思いっきり飛行機(スーツケース内)で運んでしまいましたさっ
IMG_4669 IMG_4547 IMG_7442
              ↑ ドイツでは簡単に手に入るZuckerhut      ↑ ついつい試飲したくなる80%!

昨年我が家でYちゃんとやった時は赤ワインと白ワインをミックスしたけれど、赤ワイン(辛口 die Trockenheit)が良いです。
ワインに入れるスパイスは 丁子 die Gewürznelkeシナモン・スティック die Zimtstange
八角 der Sternanis だけどこれはお好みで。 (一回目はスパイス無し、二回目はスパイス入りだったけど、どちらもイケた!)
レモン die Zitroneオレンジ die Orangedie Schale を入れるようだけど
                              実も一緒に薄くスライスした方がフルーティーで美味しい!
IMG_7416 IMG_7184 0-12IMG_7455
IMG_7152 IMG_7157 IMG_7368
 ↑ ドイツに戻ってから夫婦2人でもやった               フォイヤーツァンゲンボウレのお香を発見 ↑
                     残り砂糖で旦那が作ったラム酒飴(?)↑

2013年12月4日

ドイツ風あんまん

Filed under: ●食べ物 / 料理 das Essen/die Speise — ドイツ友 @ 21:43

IMG_2991ドイツにもお饅頭というか中華まんのような食べ物があります。 それは Hefekloß といって
イースト生地 der Hefeteigdas Mehl酵母 die Hefedas Wasser)で出来ています。

食べ方はいろいろで クネーデル der Knödel / クロース der Kloß と同じように付け合せにしたり、
肉まんのように中に挽き肉を入れたり。
 ※クネーデル Knödel / クロース Kloß : 肉や魚の身をすりつぶして団子状にし茹でたり煮込んだりしたものや
                           茹でて潰したジャガイモで揚げたパンを包み丸めたもの

最もポリュラー(in 南ドイツ?)なのは ケシ der Mohn粉砂糖 der Puderzucker をふりかけて
バニラソースで食べる甘いバージョンと フルーツソース die Obstsoß で食べる甘酸っぱいバージョン。
何度かこれらの甘いものを食べたのだけど、毎回何かイマイチ。「皮は美味しんだよな… 」 って。
← 中に何も入ってないと思って買ったのに、チェリーソースが入っていた(イマイチ)

先日別の町のスーパーに行ったら皮だけの物があったので、自家製あんこを挟んであんまんにしてみました。
                                     これ正解! 今年の冬ははまりそう~ ペロリ
koesse IMG_7354
                       ↑ やっと見つけた皮だけのHefekloß           ↑ 白あんまんもイケる!
IMG_7361 IMG_7363 IMG_7364
   ↑ 目指せ中村屋のあんまん! 黒砂糖使用の自家製こしあん+黒すりごま + ごま油 +水飴 を使用 ↑

2013年12月1日

クリスマスのお菓子

ドイツでのお買い物が楽しい季節になりましたよ!
というのは街中が クリスマス das Weihnachtsfest 関連商品で溢れ、見てるだけでもウキウキ気分になれるから。
そう本日・第一アドベント der erste Advent(待降節 / 降臨節第一主日)からクリスマスシーズンが本格的に始まったのだ~
 ※アドベント : 11月30日の「聖アンデレの日」に最も近い日曜日からクリスマスイブまでの約4週間

この時季からクリスマスのお菓子(特に クッキー der / das Keks)を手作りする人が多いので
          お菓子 材料 die Zutat / Zutaten コーナーも増設!
スパイス das Gewürz 各種を試したかったので、今年は我が家でも焼いてみることにしました。
IMG_1194 IMG_1196 IMG_4159
     ↑ 義母も大量にクッキーなど 焼き菓子 Kuchen を焼いて、綺麗な缶に入れている ↑
IMG_5078 IMG_5077 IMG_5080
IMG_7310 IMG_7309  illust418_thumb  IMG_7311
↑ 店員さんがあちこちにいて良い写真が撮れずわかりにくいが...   欲しい! アドベントカレンダー Adventskalender ↑ 
  お菓子材料の増設コーナーなど

アドベント der Advent / die Adventszeit で食べるものといえば...
                    ドイツの伝統的なクリスマスケーキ・ シュトレン der Stollen
主日(日曜日)ごとに モミ die Tanne の小枝で作ったリース・ アドベントクランツ der Adventskranz
1本 蝋燭 die Kerze を追加し火を灯し(クリスマス直前の日曜日には4本の蠟燭が立っている状態になる)
シュトレンを薄く切って食べて祝うのが伝統だそうです。 我が家ではアドベントとか主日とか関係なく食べちゃってますけどね。
IMG_5223 IMG_5220 IMG_5221 IMG_5222 
 ↑ ドレスデンシュトレン Original Dresdner Stollen    ↑ スーパーでもいろんな種類のクリストシュトレンが売られている ↑

↓ これがシュトレン用のスパイス。
    コリアンダー der Korianderシナモン der Zimt生姜 der Ingwerオレンジの皮 die Orangenschale
              レモンの皮 die Zitronenschaleチョウジ die Nelke + バニラアロマが入ってます。
    日本でこれらを全て揃えるのは面倒だから、入手できるものだけで良いでしょう。
    正式なシュトレンはイースト菌を使って醗酵させるのだけど、ベーキングパウダーを使ってパウンド風に混ぜるだけに
    アレンジしてみましたので、ぜひ作ってみてくださ~い → コーヒー ドイツ・クリスマスの味 シュトレン風簡単ケーキ
IMG_7189 IMG_7207 IMG_7214 

シュペクラチウス der Spekulatius はドイツの クリスマスクッキー das Weihnachtsgebäck
ニコラオスの日に食べられるオランダやベルギーのシュペクラチウスはブラウンシュガーとベーキングパウダーを使うそうですが、
IMG_7190ドイツでは 炭酸アンモニウム das Ammoniumcarbonat が用いられるとか。
← この 「鹿角塩 das Hirschhornsalz」というものも炭酸アンモニウム。
IMG_4777 IMG_8188
                        ↑ ドイツでは少し硬めでアーモンドが乗っていることが多い ↑

↓ 今回は炭酸アンモニウムは使わず、シュペクラチウス用のスパイスだけ使って、少し硬めのドイツ風に焼いてみることに。
    コリアンダーシナモンチョウジオールスパイス(シナモン・クローブ・ナツメグ) das Piment
          フェンネル der Fenchel八角 der Sternanis が入ってます。
    これまた日本でそろえるのは難しいので、シナモンを気持ち多めに入れるだけで良いでしょう。
    スパイスが病みつきになりそうな出来ですよ → コーヒー ドイツのクリスマスクッキー・スペキュラース
IMG_7187 IMG_7280 IMG_7289

もうひとつ欠かせないのが レープクーヘン der Lebkuchen(Pfefferkuchen / Gewürzkuchen / Honigkuchen)
日本でも知られているジンジャーブレッドマンと起源は同じだけど、ドイツのものはちょっと違いますね。
クッキーと言うよりはケーキに近く、スパイシーでチョコがコーティングされていたり。
これはちと面倒そうなので、自分では作らずに購入することにします。
IMG_3629 IMG_3645   gingerc1 gingerc2
 ↑ 元祖ニュルンベルク風が有名

Older Posts »

WordPress.com Blog.