ドイツ友

2013年8月30日

無料の高速道路

Filed under: ●ドイツ文化 die deutsche Kultur — ドイツ友 @ 20:54

ドイツの 高速道路 die Autobahn (アウトバーン)
「アドルフ・ヒトラーはが戦争のために作った」 と聞いたことがある方はけっこう多いと思うのですが
アウトバーンの建設はヒトラーが権力を掌握する以前(1928年)から始まっていました。
しかもヒトラーは 「”休日には低所得者層が自動車に乗ってピクニックに出られる”暮らしが必要」 であると
国際自動車オートバイショーで モータリゼーション die Massenmotorisierung
   自動車道路網の構築を約束したんだとー ※モータリゼーション ・・・ 自家用乗用車の普及
戦車のイメージだったけど、ピクニックのためだったの?!

しばしば ”有料 die Gebührenpflicht にすべき”という意見が出ている アウトバーン ですが
現在も 通行料金 die Maut無料 frei
無料を前提として設計されているため、料金徴収所 die Mautstelle を設置することが困難だからっって、
毎回有料化は見送られてきました。 他には 一般道路に 渋滞 der Stau / die Stockung が生じる、
負担増のため自動車を手放さざるを得ない人が出てくる(経済に悪影響)、などの有料化反対意見もあります。
道路の建設・補修などは自動車燃料と 自動車税 die Kraftfahrzeugsteuer / Kfz-Steuer で賄っているんだって。

外国からの利用が多い12トン以上の大型 トラック der LKW(Lastkraftwagen) だけは1995年1月から有料化されました。
ドイツは東西ヨーロッパを結んでおり、貨物輸送量は半端ないっすから~
当初は利用券を購入し、その シール die Vignette をフロントグラスに貼り付けていたけど
2005年からETC受信装置を設置し、GPSによって通った料金を計算して納める”距離 課金方式 das Abrechnungssystem”に。
 ※車上装置を持たない国外業者は、通るルートの通行券をサービスエリアに備えられたチケットマシンで購入する

今夏 「外国から来る車は有料にすべきだ」 って一部の政治家が言い出しました。
ドイツ人は 休暇 der Urlaub で他国に行って、その国で通行料金を払っている。 しかもその総額はかなりのもの(← ドイツ人は休暇旅行が大好き!)。
一方他の国からドイツに来た人達はただで我が国の高速道路を使ってる。 「それは不公平だ」 っていうのです。なんだかな~
うちのドイツ人は 「まったく 馬鹿げたこと der Unsinn を…」 と呆れてましたよ。

IMG_4504 IMG_4219 IMG_4716 IMG_4855
↑ 荷物を大量に積んだスペインの車       ↑ ポーランドから              ↑ スイスから               ↑ デンマークから
IMG_4857 IMG_5050 IMG_4856
    ↑ ロシアから                 ↑ スウェーデンから           ↑ ”Hetz mich nicht!せかさないで!”
IMG_4350 IMG_8337 IMG_8324   illust604_thumb
      ↑ 警察馬車              ↑ スイス軍車       ↑ 自転車を積んだキャンピングカーは多い

広告

2013年8月26日

おばあちゃんの味

Filed under: ●レシピ das Rezept — ドイツ友 @ 17:27

illust361_thumbテレビからの情報やそれらの国に住む知人からの話からすると
南ヨーロッパの男性(の多く?ほとんど?)は マザコン der Ödipuskomplex / Mutterkomplex らしいです。
「マンマが一番!マンマのいうことが常に正しい!」 ってね。
ドイツはどうか、というと…私の周りにいわゆるマザコンという ドイツ男 der Deutscher はいませ~ん。
皆さん適度な距離を取っているように思われます。 何より奥さんを最優先してくれるのはありがたい!

IMG_4581 一方ママさんの方がいくつになっても 息子 der Sohn が心配。これはどこの国でも同じか?
我が家も引っ越し前はマミーがしょっちゅう来ては(いつも急に来た!)
あれにもこれにも自分の意見を言って帰っていきました。 その度旦那は思いっきりあきれ顔 悲しい
今もマミーから時々 「いつこっち来るの?」 という 電話 das Telefon / der Anruf があるのだけど
     声色 der Ton「あっ、またマミーから電話だ」 ってすぐわかります。
もうちょっと嬉しそうに話してあげればいいのに、って思うくらいそっけない態度で早く切りたがってるのが明らか。
(うちの旦那がそっけない態度を取るのはマミーに対してだけ)

要件は同じなのにまったく態度が違うのが おばあちゃん die Oma からの電話。
そう、うちの旦那は超 おばあちゃんっ子 das Omakind です。
”おふくろの味”は特にないらしいのだけど(マミーが可哀想!)、”おばあちゃんの味”はいっぱい。
                 ta2 プラムケーキ der Pflaumenkuchen もその一つというので、先日収穫したプラムを使って
 ↑ マミーからもらった 『DDR Backbuch(東ドイツ 焼き菓子レシピ本)』のレシピ通りに懐かしの”おばあちゃんの味”を再現してみました~

            blue_a

★プラムケーキ Pflaumenkuchen  (直径24cm型、12切れ、約236kcal/切れ)

 ●Pflaumen(プラム / プルーン) 700g   ●Butter(バター) 125g   ●Zucker(砂糖) 75g  
 ●Vanilinzucker(バニラ風味の砂糖) 1袋 ※”砂糖・5g + バニラエッセンス・数滴” で代用可
 ●Eier(卵) 2個   ●Mehl(小麦粉) 175g   ●Backpulver(ベーキングパウダー) 小匙1  
 ●gemahlene Walnüsse(挽いた胡桃) 100g ※胡桃を細かく切って使用 / アーモンドプードルで代用
 ○Fett für die Form(型に塗るバター等)   ○Hagelzucker(ニブシュガー / パールシュガー) 30g

IMG_4583  IMG_2896 IMG_4591 IMG_4593
↑ 珍しくレシピ通りに作ってみた  ↑ バニラ風味の砂糖    ↑ おばあちゃんは胡桃を挽く道具を持っているらしい↑

①プラムをきれいに 洗う waschen → 水気を切る abtropfen lassen → 半分に切る halbieren → 種を取り除く entsteinen
  ※酸っぱいのが苦手な方はプラムの量を少し減らしましょう(皮と身の間はけっこう酸っぱい)

②バター、砂糖、バニラ風味の砂糖をボールの中で 泡状にかき混ぜる schaumig rühren
       → 少しずつ nach und nachを加えてよく混ぜる unterrühren
  ※”泡状に”ということなのでハンドミキサーを使用

③小麦粉、ベーキングパウダー、挽いた胡桃を 混ぜ合わせる vermischen → 角が立つまで混ぜる unter die Schaummasse(泡の塊)rühren
  ※角が立たなくてもよく混ざっていればOKでしょう

生地 der Teig を バターを薄く塗った型に 流し入れる(← 配置する)verteilen 
       → 生地の上に 切断面を上にした状態で mit der Schnittfläche nach oben プラムを のせる setzen
  ※直径26cmの型を使用したので生地は薄めになりました

⑤180℃のオーブンで約50分 焼く backen  ※40分+余熱 で焼けました

⑥焼けた gar ケーキを 取り出す herausnehmen → ニブシュガーを 振りかける bestreuen → 型の中で 冷ましておく auskühlen lassen
  ※ニブシュガーが家になかったので、粉砂糖を振りかけました

IMG_4599IMG_4587IMG_4588
                            ↑ バターは室温で柔らかく
IMG_4597IMG_4600IMG_4601

IMG_4602IMG_4603  IMG_4609

2013年8月25日

林檎摘み取り器_1

Filed under: ●自然の恵み der Segen der Natur — ドイツ友 @ 14:45

つい先日まで我が家の das Auto の調子が悪く、交換部品が届くまで 運転 das Fahren 出来ない状態でした。
その間、旦那は自転車で 通勤 das Pendeln ins Geschäft / die Fahrt zum Dienst
(引っ越し当初は自転車通勤する、と言っていたはずなのだけど、今秋までは 「時間がない」 と言って、結局車ぁ~ イヤミ
年々出っ張ってくるお腹が少しは引っこむか?と期待していたのだけど、
帰宅途中で ブラックベリー die Brombeere などを見つけては味見して 「お腹いっぱい」。 かえって逆効果?!

IMG_4517まぁ余計な つまみ食い das Naschen はあるにせよ、自転車や徒歩だと新たな発見があるので良いですよね。
「立派な プラム / スモモ die Pflaume を見つけた 爆笑 というので、買い物ついでに見に行くと既に手の届く範囲は収穫済み。
でも高いところには大きくて美味しそうなプラムがたわわとなっております。
梯子 die Leiter を持って来るか... そうだっ、あれを買おう!」 と言って
← 翌日会社帰りに Apfelpflücker(林檎摘み取り器)というものを買ってきました。
ギザギザになっている部分で切断し、林檎が袋の中に入る仕組み。 長さは3mまで伸びますよ。
IMG_4519 IMG_4518 IMG_4550 IMG_4551
 ↑約20ユーロ このギザギザ部分がポイント ↑                        ↑ 高枝切りばさみも売られている

かなり交通量のある道路から丸見えなので、夜にプラム収穫!
ご近所だけど、大量収穫を狙って(?)車で行きましたよ。 こっそりのつもりだったけど、けっこう目立っていたような...?
懐中電灯 die Taschenlampe をかざしながら、バケツ der Eimer いっぱい×2 の美味しいプラムをgetです。
IMG_4524 IMG_4527 IMG_4528
↑ これが目的のプラムの樹                    ↑ 20ユーロ分の元は取った?!

一部は生食、残りのプラムは 旦那は ワイン der Wein に、
   私は コンポート das Kompottリキュール der Likör を作りましたよ。
次はその名の通り、林檎 der Apfel を収穫だ! まずは林檎の樹を見つけねばっ
IMG_4546 sprit IMG_45590-56IMG_4302
↑ リキュール用に買ったアルコールは69.9%   ↑ けっこう大きい!           ↑ 先日買ったプルーンは1/3の大きさ
  当然だけど”ストレートで飲むにはふさわしくない”

2013年8月20日

アル中ビール

Filed under: ●食べ物 / 料理 das Essen/die Speise — ドイツ友 @ 10:33

今夏、スイカ die Wassermelone と同様に消費が激しかったのが ビール das Bier
私はビールが苦手なのでうちでは基本旦那しか飲まないし、平均のドイツ人よりも遙かにビールを飲む回数は少ないですが。

スーパーのレジで並んでいる人のカートを見ると、大量にビールを買っている人をあちこちに見かけます。
マジで ミネラルウォーター das Mineralwasser よりも安い!
”Alkoholiker-Bier(アル中ビール)” なる激安ビールまであります。 日本円にすると500ml缶で50円以下!
「どんなもんか試してみるか?!」 とまとめ買いし、一気に飲んでましたよ。 こうしてスイカっ腹&ビールっ腹になるのだぁ~
中には値段の割にイケるものもあれば、「もう買わない」 というものもあり。
IMG_4263 IMG_4386   alcohol_a08   IMG_2365 IMG_4385
  ↑ これらが激安”アル中ビール” ↑                     ↑ 甘い微アルコール(1.5%)地ビール
                                       東ドイツビールのひとつ・Wernesgrüner ↑

IMG_3040← これは1995年にドイツで開発された ノンアルコール alkoholfrei
涼飲料水 das Erfrischungsgetränk 『ビオナーデ Bionade』
ヨーロッパではけっこう人気のある飲み物らしいです。
バイエルン州の ビール醸造所 die Bierbrauerei でビールのように
麦芽 das Malz発酵 die die Fermentation して製造されています。
発酵後、炭酸 + 天然香料 + カルシウム das Kalziu / Calcium
     + マグネシウム das Magnesium が添加。
ライチ(Litschi)、オレンジ・ジンジャー(Ingwer-Orange)、コーラ(Cola)、ニワトコ / エルダーベリー(Holunder) 、
   ハーブ (Kräuter)、限定品として BIO果樹(Streuobst)の6種類が現在発売中。
ビール好きな人にはいいかも~ (私はもう買わないっす)
IMG_3042 IMG_3926 IMG_4042   alcohol_a07 
                          ↑ 樽ソーダとノンアルコールビール ↑
                ↑ ビオナーデ類似商品?     ※ご参照 → 甘いノンアルコールビール

Older Posts »

WordPress.com Blog.